【6/15開催】採用の失敗談から「強い組織づくり」の秘訣が学べる共催セミナーを開催

人事のミスマッチ・リスクを解決する「リファレンスチェック/反社チェック」事例セミナー

 ソーシャルワイヤー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:庄子 素史、証券コード:3929)は、運営する反社会的勢力排除に向けた反社チェックツール「RISK EYES(リスクアイズ)」において、2022年6月15日(水)に、リファレンスチェックサービス「ASHIATO」を提供するエン・ジャパン株式会社と合同で無料オンラインセミナーを開催いたします。

 組織拡大が思うように進まない急成長中企業や、組織が求める人材と採用者の乖離に悩んでいる人事・採用担当者に向けて、当社が組織づくりに失敗した経験談をもとに「採用のミスマッチ・リスク」について解説いたします。

採用の失敗談から学ぶ「強い組織づくり」の秘訣とは ~リファレンスチェックで採用を変える!人事のプロが徹底解説~
採用の失敗談から学ぶ「強い組織づくり」の秘訣とは ~リファレンスチェックで採用を変える!人事のプロが徹底解説~

◆人事企画・採用体制の構築について理解が深まる機会

 コロナ禍からの経済回復を見込み、転職市場がにぎわいを見せています。売り手市場の中で、優秀な人材を採用することは急成長中の企業において最重要項目の1つです。しかし、履歴書と面接だけで採用候補者の「人柄」「スキル」「カルチャーフィット」を判断するのは難しいのが現状です。

 そんな中、欧米の採用では主流な「リファレンスチェック」が日本でも注目されています。リファレンスチェックとは、前職の上司や同僚などからの他己評価により、採用候補者の見極め精度を向上させる手法のことで、履歴書と面接だけでは判断できない部分まで採用の判断材料とすることができます。

 また、採用候補者が「反社会的勢力でないか」判断するために、事前に「反社チェック」を行う必要もあります。社員に反社会的勢力や反社会的活動に関与する人物がいた場合、企業への損害やイメージダウンは計り知れません。採用のミスマッチだけでなく、リスクにも目を向ける必要があります。
 
 2021年11月より、RISK EYESではリファレンスチェックサービス『ASHIATO』のユーザー向けに、WEBニュース記事などの公知情報を用いて採用候補者が反社会的勢力や反社会的活動に関与した疑いがないかをチェックする記事検索機能の提供を開始いたしました。本セミナーは人事・採用に課題を抱える企業へ向けて、一気通貫で採用候補者のリファレンスチェックと反社チェックを行っていただける環境を提供している両社より、「採用のミスマッチを回避するリファレンスチェック」と「採用における反社チェックの必要性」についてわかりやすく解説いたします。

◆セミナー概要

1.開催日時: 2022年6月15日(水) 14:00~15:00
2.主催者 : エン・ジャパン株式会社 ソーシャルワイヤー株式会社
3.申込先 : https://www.riskeyes.jp/__/short_urls/1Xs
       ※お申込み者には後日専用URLをメールいたします。
4.参加費 : 無料

◆講演内容

 14:00 - 14:15 採用のミスマッチとリスクについて
 14:15 - 14:35 【対談】急成長中の採用時に起こる失敗事例から学ぶ
 14:35 - 14:45 【対談】リファレンスチェックに反社チェック機能を連携した理由とは
 14:45 - 14:50 質疑応答
 14:50 - 14:55 活躍の足跡を可視化するリファレンスチェック
 14:55 - 15:00 採用時、最低限のリスク回避のために行う反社チェック

◆登壇者紹介

エン・ジャパン株式会社 新規事業開発室HRBP 兼リファレンスチェックサービス「ASHIATO」 サービス責任者 福村 知久 氏
エン・ジャパン株式会社 新規事業開発室HRBP 兼リファレンスチェックサービス「ASHIATO」 サービス責任者 福村 知久 氏

大学卒業後、新卒でエン・ジャパン株式会社へ入社。
大手企業中心に採用支援のセールスを経て、同社の人事部へ異動。約7年間新卒・中途の採用担当として毎年200名規模の採用に従事し、営業職から技術職まで幅広く対応。
その後、日本を代表する大手総合家電メーカーへ出向し中途採用の戦略立案業務を行い、人事と兼任でASHIATOのサービス責任者に就任。

ソーシャルワイヤー株式会社 執行役員 法人営業部長 北阪 彰生 氏
ソーシャルワイヤー株式会社 執行役員 法人営業部長 北阪 彰生 氏

2001年9月株式会社光通信入社後、株式会社ファーストチャージ、株式会社EPARKの取締役を歴任。法人営業、代理店販路構築、営業企画など事業部長として、営業全般を管掌。
2012年11月GMOグループの100%子会社GMOコマース株式会社の営業管掌の取締役として立ち上げに参画。
2020年4月より、ソーシャルワイヤー株式会社に入社し、現在は執行役員 法人営業部長として活躍。

ソーシャルワイヤー株式会社 クリッピング事業部 RISK EYES運営事務局 副部長 宮澤 裕子 氏
ソーシャルワイヤー株式会社 クリッピング事業部 RISK EYES運営事務局 副部長 宮澤 裕子 氏

2016年にソーシャルワイヤー株式会社に入社。 同社の屋台骨であるプレスリリース配信サービス『@Press』のサービス企画を経た後、反社チェックサービス『RISK EYES』の立案から携わる。 2017年10月サービス提供開始以降、責任者として毎期150%以上の成長を達成。 現在は、姉妹サービス『@クリッピング』とともに、『RISK EYES』のマーケティング施策の企画立案およびサービス開発を担当。

◆こんな方におすすめ

・ 早期離職者が大量発生し、組織拡大が思うように進まない方
・ 常に人材確保と教育に頭を悩ませている方
・ 組織を急拡大した際、各々のスキルがバラバラで教育に時間がかかった方
・ 組織にほしい人材と採用者に大きく乖離があった方
・ 入社後に採用者の経歴詐称が発覚してしまった方

■ 会社概要

商号  : ソーシャルワイヤー株式会社(証券コード:3929)
代表者 : 代表取締役社長 庄子 素史
所在地 : 東京都港区芝浦3-9-1 芝浦ルネサイトタワー6階
設立  : 2006年9月
事業  : デジタル PR 事業(インフルエンサーPR/リリース配信/クリッピング)
     シェアオフィス事業(シェアオフィス運営/クラウド翻訳)
URL  : https://www.socialwire.net/

【本件に関するお問い合わせ】
ソーシャルワイヤー株式会社
RISK EYES運営事務局
担当 :佐々木
電話 :03-6868-8874
メール:support@riskeyes.jp