神戸ポートピアホテルのツリー&イルミネーション 幸せを運ぶ妖精はどこにいる?! 赤×白を基調とした北欧風のクリスマスデコレーション

株式会社神戸ポートピアホテル(神戸市中央区、総支配人 伊藤 剛)は、2021年11月13日(土)~12月25日(土)の期間、メインロビーの高さ4.8mと3.6mのコンビネーションツリーをはじめ、館内各所にクリスマスの装飾を施しました。

今年のテーマは、鮮やかな赤色と雪のような白色を基調とした「北欧のクリスマス」。北欧では、「太陽が生まれ変わる日」として冬至の時期になると、厄払いや開運を祈りお祝いする伝統があります。昨年に引続き今年1年も、不自由な生活や息苦しく感じる日々が続きました。来年こそは世界中が明るくなりますようにと願いを込め、北欧のクリスマスをイメージ。ツリーに飾られたノルディックな柄のオーナメントや、幸運を運んでくれると親しまれている、トンガリ帽子を被った妖精ニッセの人形たちが、華やかで暖かみのあるクリスマスを演出いたします。また、外周道路から正面玄関までの植込みには約17,000個のLEDライトが煌めくイルミネーションが灯され、ホテルにご来館の皆さまをファンタジーな世界へ導きます。

詳細は下記の通りです。
≪装飾期間≫
2021年11月13日(土)~12月25日(土) 
※屋外のイルミネーションは、毎日4:30p.m.~1:00a.m.まで点灯

北欧の妖精 ニッセ人形
北欧の妖精 ニッセ人形

≪場所≫
本館 1Fエントランス、メインロビー、 エスカレーター 、駐車場棟連絡通路、本館1F・2F玄関、南館 1F 連絡通路、エレベーターホール

エントランス前 イルミネーション
エントランス前 イルミネーション