有老協 登録ホームインタビュー!より豊かな暮らしを実現するために

有料老人ホームへの入居を検討されている皆様にあんしんできる住まい選びをしていただくため、全国有料老人ホーム協会(有老協)では【あんしん宣言】の普及に取り組んでいます。今回は、【あんしん宣言】を自主宣言している「愛の里サンヴィラ」の三浦施設長を取材しました。

愛の里サンヴィラ 施設長 三浦様
愛の里サンヴィラ 施設長 三浦様

背景

今回ご紹介するのは2021年4月に【あんしん宣言】された、介護付有料老人ホーム「愛の里サンヴィラ(大分県別府市)」です。
愛の里サンヴィラは、別府の中心部に位置し、山や海にかこまれ緑豊かな落ち着いた環境にあります。1980年8月に介護付有料老人ホームとして開設されました。今年で42年目を迎え、老舗のホームの伝統を守りながら、ご入居者のニーズに応えられるよう新たな事にも挑戦し続け、終のすみかとして住んでいただけるホームを目指して、日々職員の皆さんが努力されています。
愛の里サンヴィラの施設長である三浦さんにホームでの取り組みについてお話を伺いました。

-安心して暮らしていただくために-

事務局:【あんしん宣言】の項目(ホームの運営理念、情報公開、入居者の権利擁護、職員の業務スキル向上、適正な入居契約の締結)の中で重点を置いた項目はありますか。

三浦:経営理念です。当ホームは理事長が、『共生』という経営理念を策定しました。『共生』に基づき、終のすみかとして選ばれ続ける存在となることを使命として、施設の理念を4つ策定しました。さらにご入居者にも分かりやすくするため、職員全員の言葉を組み合わせて、「豊かに、共に安心できる暮らしを」というスローガンを作成しました。

事務局:経営理念を周知する具体的な取り組みがあればご紹介ください。

三浦:ご入居者には運営懇談会でスライドを使用しながら説明し、職員にも根付くように面談や面接で理念の確認をしています。入居検討者にはホームページで周知しています。
ご入居者からは、運営懇談会や意見交換会で、共生という理念があるから〇〇をしてほしい、〇〇しなければいけないのではないかと色々なご意見を頂きます。こうしたご入居者からのご要望に応えられるよう、ホーム職員と共に、知恵を出し合いながら実現できるよう取り組んでいます。

事務局:ご入居者がより豊かに安心して暮らせるよう、お一人おひとりの要望を大切にし、職員の方が実現できるよう取り組んでいることがよく分かりました。

-快適な生活環境を提供するために-

事務局:あんしん宣言の最後の項目にある運営上特に力を入れている事項として「九州では屈指の居室広さを誇り、入居者様のニーズに合わせての入居が可能。四季折々旬の食材での食事を提供。介護・看護・各種福祉等の資格を持つスタッフと栄養士が常駐し、健康管理・生活相談・看取りまでを充実させています。」とありますが、取り組みの内容についてお聞かせください。

三浦:居室の広さは、最低でも40㎡以上あり、ゆったりとしたお部屋で暮らして頂くことが出来ます。入居前にお部屋を見て頂き、ご入居者のニーズに合わせて、個人負担にはなりますが居室のリフォームが出来るようになっています。またご自宅から使い慣れた家具を持ち込んだり、仏壇を置くことも出来ますので、住み慣れたご自宅と変わりなくホームで安心して暮らして頂けるようになっています。ホームに大浴場(温泉)がある為、ご入居者によっては、居室の浴室をリフォームし物置としてご利用いただいている方もいます。お元気な状態で入居した方も高齢になり、現在自立と介護を要する方が半々となりました。最初に入居頂いた居室で、介護が必要になればサポートを受け、看取りまでお過ごしいただくことが出来ます。

事務局:ご入居者が、自分が暮らしやすいように居室をリフォームし、快適な居住空間を作ることが出来るのは長く暮らして頂くために大切なことですね。食事についてはいかがですか。

三浦:食事の提供については、昨年、諸事情により外部の委託業者に変更したところ、ご入居者から味が落ちたとのご意見を頂き、大変お叱りを受けました。また、外部委託だと食材1つについても施設から要望を伝えても契約上変更は出来ない、通らないことが多く大変苦労しました。ご入居者からは、豪華な食事は外食やケータリングで食べることが出来るから、施設では家庭料理を提供してほしい、味噌汁が美味しければ、漬け物だけでもいい、というご意見を頂きました。コロナで楽しみが食事しかないため何とかしてほしいという要望もありました。施設直営の厨房に戻すため、愛の里を支援して下さる方やご入居者からのご提案を頂き、新鮮な食材の仕入れ先に出会い、良い人材を集めることが出来ました。調理を担当する職員には、入職する前に得意料理を作っていただき味見をさせてもらいました。新たに集まった厨房職員は、愛の里の厨房を立て直すという新たな挑戦に情熱をもって取り組んでいて、「丁寧に作り上げる美味しい家庭料理」をコンセプトに今年10月から施設直営の厨房に戻しました。心配されたご入居者からは、図書館で本を借りてきてメニューのアドバイスをいただいたり、旅館をされていたご入居者からは「おでんはこうやって作るのよ」と食べさせてくれたりしました。施設直営の厨房に戻すと、ご入居者からは食事の度に美味しくなったと感想を頂くようになり、喜ばれるようになりました。ご入居者に満足いただけているので施設直営の厨房に戻して良かったと思います。

事務局:毎日の「食」は、生活の活力でもあるので、ご入居者が納得し喜ばれる食事が提供できるようになり良かったですね。ご入居者の要望に応えるためには、職員の努力だけでなく、色々な方の協力のもと実現できたのですね。
この続きは下記リンクよりご覧ください。

あんしん宣言

あんしん宣言とは、法令等に基づき6つの項目について、ホームが自ら点検を行うことで、入居者に安心・安全をお届けするものです。
詳細は「https://user.yurokyo.or.jp/home/view/129」をクリックしてください。
※※「愛の里サンヴィラ」の【あんしん宣言】は「https://user.yurokyo.or.jp/search/view/15」よりご覧いただけます。

会社概要

■目的:有料老人ホームの入居者の保護と有料老人ホーム事業の発展に努める内閣府認定の公益社団法人
■設立:昭和57年2月/平成3年 改正老人福祉法に規定/平成25年 公益社団法人へ移行
■理事長:中澤俊勝
■所在地:東京都中央区日本橋3-5-14 アイ・アンド・イー日本橋ビル7階
■協会事業:入居者生活保証制度の運営
有料老人ホームの入居、苦情に関する相談事業
契約内容の適正化と入居者の保護
職員の資質向上のための研修事業
調査研究事業
啓発普及事業 等
■URL:https://user.yurokyo.or.jp/

お問い合わせ先

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-5-14
アイ・アンド・イー日本橋ビル7F
公益社団法人全国有料老人ホーム協会
電話:03-3548-1077(月~金曜日10時~17時 祝日・年末年始を除く)
※面談によるご相談の場合は、事前にご予約ください。