「ビートルズ作曲術」 10月25日発売!

作曲の基礎から応用まで ビートルズが仕掛けた作曲の技を謎解きのように楽しもう!

株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス(本社:東京都豊島区 代表取締役:堤 聡)は、新刊「ビートルズ作曲術」を、2023年10月25日に発売いたします。

ビートルズ作曲術
ビートルズ作曲術

『ポール・マッカートニー作曲術』、『ジョン・レノン作曲術』に続くシリーズ集大成。ジョンとポールはもちろん、リンゴ・スターとジョージ・ハリスンの曲作りについてこれほど丁寧に分析した本はほかにないだろう。4人がどのように成長して、世界を熱狂させる楽曲を作っていったのか、どんなテクニックを使ったのかを、自身も作曲家である著者が音楽理論をもとに解説。楽曲を聴きながら読むと、まるで謎解きのように、彼らが仕掛けたさまざまな技を楽しめる。

【こんな人に読んでほしい!】
●ビートルズの何がすごかったのかを知りたい
●曲作りは感覚とセンスだと思ってる
●ヒット曲のカッコよさの理由を知りたい。作りたい!
●ポールとジョンだけでなくリンゴとジョージについても知りたい!
●人の心に残る曲を書いてみたい!
●ビートルズのカバーバンドでオリジナルにチャレンジしたい!

【本書の特徴】
■作曲家かつ熱烈なビートルズマニアでもある著者が音楽理論をもとに解説
■曲の中に仕掛けられたテクニックを細かく分析し、仕組みを理解することで、曲作りに応用可能
■ジョン・レノンとポール・マッカートニーはもちろん、リンゴ・スターとジョージ・ハリスンの曲作りについても丁寧に分析

[内容]
序章 4人の友情の歌―We Want to Hold Our Hands―
第1章 ソングライティング・ヒストリー―The Fab On The Hill―
第2章 ジョージ・ハリスン―Here Comes The Song―
第3章 リンゴ・スター―A Hard Drum's Night―
第4章 レノン・マッカートニー―We Can Work It Together―
第5章 メロディー&サウンドのヒント―Hear Their Every Song―
第6章 言葉・発想・メッセージ―Lyrics In The Song With Diamonds―
第7章 名曲から学ぼう―I've Just Seen A Song―

■著者について
野口 義修(のぐち・よしのぶ)
作曲・編曲家・音楽プロデューサー、日本音楽著作権協会会員。ポピュラー系作詞作曲指導のオーソリティ、音楽プロデューサーや講師、ディレクターとして幾多の作家やアーティストを育成。これまでに、ヤマハ音楽院、昭和音楽大学などで講師を歴任。世に送り出したアーティスト、ヒット曲には、あみん「待つわ」、アラジン「完全無欠のロックンローラー」、雅夢「愛はかげろう」、伊藤敏博「さよなら模様」などがある。NHK『みんなのうた』や『おかあさんといっしょ』などにも楽曲を提供。著書に『ポール・マッカートニー作曲術』『ビートルズ作曲術』『15秒作曲入門』『15秒作詞入門』『15秒編曲入門』『作曲本~メロディーが歌になる~』『覚えるコードは10個だけ! アコギ1本でエモいJ-POPが作れる本』がある。そのほか、通信教育システムや音楽講座の企画開発や教材制作、プロデュースも経験豊富。

YouTube: 作詞作曲ビートルズ よしの部チャンネル https://www.youtube.com/user/beatle1953

商品詳細

ビートルズ作曲術

定価:1,980円(10%税込)
仕様:A5判縦/256ページ
発売日:2023年10月25日
ISBN:978-4-636-97838-4
商品コード:GTB01097838
https://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTB01097838


【関連商品 好評発売中!】

ジョン・レノン作曲術

定価:1,980円(10%税込)
仕様:A5判縦/264ページ
ISBN:978-4-636-97666-3
商品コード:GTB01097666
https://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTB01097666


ポール・マッカートニー作曲術

定価:1,980円(10%税込)
仕様:A5判縦/272ページ
ISBN:978-4-636-95840-9
商品コード:GTB01095840
https://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTB01095840


お求めは、全国ヤマハ特約楽器店・書店または各オンラインショップまで。


【本商品に関するお問い合わせ】 
(株)ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス ミュージックメディア部
問い合わせフォーム:https://inquiry.yamaha.com/contact/?act=2008&lcl=ja_JP