本屋大賞2位『赤と青とエスキース』スピンオフ企画 クリエイター公募で「小説の中の漫画」をコミカライズ

『赤と青とエスキース』書影
『赤と青とエスキース』書影

株式会社PHP 研究所(京都市南区・代表取締役社長 瀬津要)は、『赤と青とエスキース』(青山美智子著・税込1650円)の10万部突破を記念して、スピンオフ企画「『ブラック・マンホール』コミカライズ・プロジェクト」を立ち上げました。『赤と青とエスキース』は、プルーフで先読みをした書店員から熱い感想が多数寄せられた注目作で、発売前に重版が決定した連作短編集です。2022本屋大賞では2位に選ばれ、快進撃が続いています。今回のプロジェクトは、小説の中に登場する架空の漫画『ブラック・マンホール』(以下、「ブラマン」)を作品化するものです。この作画者の公募を、2022年5月17日より開始いたしました。

『赤と青とエスキース』とは

著者の青山美智子さんは、『お探し物は図書室まで』(ポプラ社)でも2021年本屋大賞2位に輝いており、いま最も注目される作家のひとりです。『赤と青とエスキース』は、メルボルンの若手画家が描いた1枚の「絵画(エスキース)」をめぐる、5つの様々な「愛」を描いた連作短編集。本書の“仕掛け”は、SNSを中心に「二度読み必至」「鳥肌が立った」と読者の間で話題を呼んでいます。7月には青山美智子さん、本書の装画を担当した水彩画家のU-kuさんをはじめ、編集者、デザイナーと、『赤と青とエスキース』のチームで制作する、“青”を基調としたイラスト×ショートストーリー集『マイ・プレゼント』を発刊予定。年末には“赤”バージョンを発刊予定で、本書から派生したプロジェクトは様々な広がりを見せています。

「この物語を読んでみたい」からプロジェクトへ

今回のコミカライズ・プロジェクトは、『赤と青とエスキース』の担当編集者の、「ブラマン」を読んでみたい、という思いから始まりました。「ブラマン」は同書の中で基本情報しか明かされていない作中漫画にもかかわらず、設定が突飛で面白く、独特の存在感を放っていました。そこで、青山美智子さんに『ブラック・マンホール』のノベライズを提案したところ、コミカライズを逆提案されたのです。そして、新たなクリエイターを応援する企画にしたいという青山さんの強い思いもあり、この度プロ・アマを問わない漫画家公募企画として開催する運びとなりました。

著者・青山美智子さん
著者・青山美智子さん
創作が、漫画が、物語が、好きで好きでたまらない。 そんなあなたと、ぜひ一緒に作品を創りたいです。 誰よりもワクワクしながらお待ちしています!(青山美智子)

応募と審査について

『赤と青とエスキース』の第3章「トマトジュースとバタフライピー」を原作としてイメージし、10ページ以内にまとめたオリジナルのコミカライズ作品を描いていただき、1名を選出します。PHP研究所のコーポレートサイト上の募集ページから、どなたでも応募が可能です。すべての応募作品について厳正な審査を行ない、受賞者の方には賞品として、「ブラック・マンホール」のコミカライズに作画担当として参画していただきます。

◆締め切り:2022年10月15日(日)24:00

◆発表:2022年11月中旬

◆スケジュール:

2023年11月:第1話をデジタル配信(以降、第5話まで毎月1話ずつアップ。~2024年3月)
2024年 4月:全5話を1冊にまとめた電子書籍を発売
2024年11月:電子書籍の売れ行きが好調なら、『赤と青とエスキース』の文庫化のタイミングに合わせて、紙書籍を発売

詳細については下記をご確認ください。