はちみつメーカー直営「パティスリーQBG」がJR巣鴨駅に催事出店! 今話題の「たぬきケーキ」も登場【5/16(月)〜31(火)】

創業90年の老舗はちみつメーカー直営、はちみつ・メープルの魅力を伝える洋菓子店「パティスリーQBG」が、JR巣鴨駅構内の期間限定ショップ「コレもう食べた?」に催事出店いたします!
期間は2022年5月16日(月)〜31日(火)の16日間。
品川駅エキナカで長年ご愛顧いただいている「はちみつフィナンシェ」のほか、SNSやメディアでも密かに話題となっている「たぬきケーキ」を巣鴨催事限定でご用意!

品川駅で10年のロングセラー!「はちみつフィナンシェ」は2種のはちみつとバターの幸せの味わい

「はちみつフィナンシェ」5個入、10個入
「はちみつフィナンシェ」5個入、10個入

JR品川駅構内の「エキュート品川」にて、2012年から長きに渡り東京土産・おもたせとしてご愛顧いただいている「はちみつフィナンシェ」が巣鴨駅に出張!
築地の厨房にて、専属パティシエが手焼きで1つ1つ丁寧に焼き上げるフィナンシェは、ふっくら分厚くて食べごたえ満点。
しっとり、もっちりとした弾力のある食感は、はちみつの保湿力のなせる業。
口に入れるとジュワッとバターの風味が溢れ出します。

はちみつに精通した専属パティシエが手作り
はちみつに精通した専属パティシエが手作り

こちらのフィナンシェには、はちみつ専門メーカー自慢の2種のはちみつを絶妙なバランスで配合。
すっきり上品な「カナダ産はちみつ」をベースに、よりはちみつらしさを感じられるように、爽やかなコクを持つ「メキシコ産オレンジはちみつ」を加えました。
豊かな自然に育まれた花の恵みを感じていただける一品です。

今や絶滅危惧種!? SNSでじわじわきている昭和レトロな「たぬきケーキ」が巣鴨限定販売!

ちまたで密かな人気を博している「たぬきケーキ」
ちまたで密かな人気を博している「たぬきケーキ」

まだ生クリームが主流ではなかった昭和の中頃、町のお菓子屋さんでバタークリームを使って作られていた懐かしの「たぬきケーキ」が、昭和レトロが残る町・巣鴨に登場します。

濃厚なガナッシュとチョコバタークリームを包んだココアスポンジの上に、バタークリームで作られたたぬきのお顔がちょこん。
手作りのため、1匹ずつ異なる個性的な表情をお楽しみいただけます。
昭和世代には懐かしく、平成・令和世代には新しい♪
1日あたり数量限定ですので、「捕獲」はお早めに!

濃厚チーズとザクザククッキー生地がクセになる!「贅沢クリーミーチーズケーキ」

天然甘味料の魅力が詰まったチーズケーキ
天然甘味料の魅力が詰まったチーズケーキ

食べやすいスティック型をしたベイクドタイプのチーズケーキ。
上部のチーズ生地には、爽やかな酸味でチーズと相性が良い「イタリア産シトラスはちみつ」と、サラリとした素直な甘みの「カナダ産はちみつ」を合わせ、コク深くクリーミーな味わいを実現。
土台のクッキー生地には「カナダ・ケベック州産メープルシュガー」をふんだんに使用し、カエデの樹液をギュッとつめこんだ芳醇な香りをお楽しみいただけます。
スリムなボックス入りで、お持ち歩きしやすいのも人気の秘密。

「贅沢クリーミーチーズケーキ」5本入
「贅沢クリーミーチーズケーキ」5本入

このほかにも、パティシエ手作りのカットケーキや人気キャラクターとのタイアップ商品など、こだわりのスイーツを取り揃えております。
ぜひJR巣鴨駅「コレもう食べた?」に足をお運びくださいませ。

商品情報

「はちみつフィナンシェ」
 5個入 1,350円
 10個入 2,600円

「たぬきケーキ」580円

「贅沢クリーミーチーズケーキ」
 5本入 1,480円

※全て税込価格

催事情報

場所:JR巣鴨駅構内「コレもう食べた?」
期間:2022年5月16日(月)〜31日(火)
営業時間:平日10:00〜22:00、土日祝10:00〜21:00

【パティスリーQBGについて】

左:築地本店、右:エキュート品川店
左:築地本店、右:エキュート品川店

はちみつやメープルシロップを扱う天然甘味料の専門メーカー「クインビーガーデン」の直営洋菓子店。
2005年、エキュート品川の開業とともにオープンし、現在はエキュート品川店、築地本店の2店舗を展開。
はちみつだけの甘さで仕上げた白砂糖不使用の生クリームが自慢の「はちみつショートケーキ」や、2種のはちみつを使い毎日厨房で焼き上げる「はちみつフィナンシェ」など、素材を活かしたやさしいスイーツではちみつ・メープルの魅力をお届けしています。

シェフパティシエ 佐藤貴宏

「ニコラス」「花みずき」「イグレック広尾」に勤務後、渡仏。 パリの歴史あるパティスリー「ストレー」や「メゾン・フゥイヨー」、レンヌの M.O.F.パティスリー「ル・ダニエル」で研鑽を積む。
帰国後「パティスリー・ラ・フィーユ」勤務。 2004年から「パティスリー・プラネッツ」製菓長。 2012年7月より、「パティスリーQBG」シェフパティシエに就任。
日本の洋菓子の礎を築いた故アンドレ・ルコント氏の名を冠したコンクール「アンドレ・ルコント杯」(2012年)最優秀賞を獲得。