リアルグローブ、遠隔情報共有システムHec-EyeがリモートIDに対応、これにより全ドローンに対応

ドローン等の遠隔情報共有システム「Hec-Eye」を提供する株式会社リアルグローブ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:大畑 貴弘、以下 リアルグローブ)は、リモートID(位置情報)・RTMP(映像配信)経由で接続可能となる機能を2022年11月1日(火)にリリースしました。
これによりリモートIDに対応している国産・海外産の全ドローンにHec-Eyeの連携が対応可能となりました。

リモートIDでの連携イメージ
リモートIDでの連携イメージ

本機能の使用方法

位置情報配信

リモートID受信用アプリをアンドロイドスマートフォン(すれ違い通信対応機種)にインストールして配信(プロポへの接続は不要)
※ドローンの向きは取得できません。

映像配信

RTMP配信に対応したアプリ等にてRTMP宛先をHec-Eyeに設定して配信

フライト操作

各社が提供しているフライト用アプリを使用

※RTMPS形式の映像配信には今後対応を予定しております。
※リモートID非対応ドローンは外付けリモートIDにて対応が可能となります。

リモートID受信アプリ

アプリ名 : Remote ID Radar
URL : https://bit.ly/3FxPs6N
※Androidのみ

Remote ID Rada APP URL
Remote ID Rada APP URL

【Hec-Eyeオンラインセミナー開催! 】

【Hec-Eyeオンラインセミナー開催! 】
【セミナー概要】
■日 時 :2022年11月14日(月)16:00~17:00
      ※10分前から入室開始
■時 間 :70分
■開催形式:オンラインセミナー(ウェビナーツール「zoom」を使用して行います。)
■参加費 :無料 ※事前のお申し込みが必要です。
■講 師 :株式会社リアルグローブ 企画営業部 笠門 浩一郎
■内 容
1. 遠隔情報共有システムHec-Eyeについて
   ドローンの活用事例
   スマートホンでの活用事例
   防災での活用事例(訓練でも活用)
2. 各種交付金の活用事例について
3. 質疑応答

【このような方におすすめ】
・デジタル田園都市構想交付金について情報を収集したい方
・ドローンを災害対策・防災の分野で活用をしたい方
・ドローン活用の幅をさらに広げたい方
・ドローンやスマートフォンの映像をリアルタイムで配信したい方
・ドローンやスマートフォンの映像等を遠隔地から確認したい方

申込フォーム:https://bit.ly/3gLs1MK

11月14日(月)Hec-Eyeセミナー申込フォーム
11月14日(月)Hec-Eyeセミナー申込フォーム

【本件に関するお問い合わせ先】

■ 株式会社リアルグローブ Hec-Eye問合窓口
電話:03-6380-9372 
メール:pr@realglobe.jp

Hec-Eyeについての詳細はこちらから
https://hec-eye.realglobe.jp/

お気軽にお問合せ下さい!

【遠隔情報共有システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」について】

「Hec-Eye」はリアルグローブが、EDAC監修のもと開発した、ドローン等からの取得情報を地図上に集約し共有するプラットフォームで、総務省の「平成27年度補正予算IoTサービス創出支援事業」の採択案件を通じて構築されたリファレンスモデル(成果物)を核として開発されたサービスです。救急医療・災害対応分野での活動支援や業務効率化を目的として開発され、現在は鳥獣害対策や観光分野等も含めたより広い分野で活用されています。

「Best of Japan Drone Award 2019」では、ソフトウェア部門の最優秀賞に選出されました。

Hec-Eyeについての詳細はこちらから
https://hec-eye.realglobe.jp/

【リアルグローブについて】
社名 :株式会社リアルグローブ
代表取締役社長 :大畑 貴弘
URL:https://realglobe.jp/

リアルグローブは今後も地域の課題解決の支援の一助となるようサービスを提供してまいります。