「女性が惚れる!頼りがいのある男らしい背中になるための筋トレ法とは」DANDY LABO.にて男磨きに関する記事を公開!

男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスからお届けします!

自分の後ろ姿は、意識しなければ見られないので、とくに気にしていないという人もいるでしょう。しかし、背中は、年齢が出やすい部分でもあります。

男らしく魅力的な背中をつくるには、筋トレが重要です。ジムに行って器具を利用しなくても十分に鍛えることができます。ここでは、背中の鍛え方についてまとめました。

自宅でできる筋トレ方法もご紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください。

背中の筋トレをするメリット

背中を筋トレで鍛えると、単純に筋肉がつくだけではありません。運動不足の解消はもちろん、ダイエットや男らしくかっこいいボディライン作りにも役立ちます。

基礎代謝が上がる

ダイエットで多くの人が注目する基礎代謝ですが、背中の筋トレをすれば、基礎代謝が今よりも大きく向上します。

基本的に基礎代謝を向上させるには、筋肉をつけなければなりませんが、背中にある筋肉は、僧帽筋や広背筋、脊柱起立筋など、ほかの部位と比べても大きな筋肉の部類に入ります。そのため、背中を鍛えれば基礎代謝にも大きく影響するというわけです。

基礎代謝がダイエットで注目される背景には、基礎代謝が向上すると消費カロリーが増えるという理由があります。また、新陳代謝が活発になり、美容にも健康にも良い影響が期待できるでしょう。

肩こりや腰痛に良い

とくに、デスクワークや同じ姿勢での作業で、肩こりや腰痛に悩まされている人は非常に多いですが、これらの症状は、姿勢の悪さが関係しています。

長時間、同じ姿勢を続けていることで、筋肉が衰え姿勢の悪さが癖になり、日常生活でも猫背になっている人は多いです。

前傾姿勢の猫背は、腹筋よりも背筋が弱いことが原因で起こります。要するに、背筋を筋トレで鍛えれば、上半身を筋肉で後ろへ引くことができ、自然と姿勢が良くなるのです。

逆三角形のボディライン

背筋を鍛えると、男らしいガッチリとしてメリハリのある逆三角形のボディラインをつくることができます。

とくに、広背筋は大きい筋肉、僧帽筋は横に長い筋肉なので、大胸筋と一緒にバランスよく鍛えると威厳のある魅力的なボディになり、ジャケットやスーツなどをかっこよく着こなせるようになるでしょう。

背中の筋トレの方法

背中を鍛えるには、さまざまな筋トレの方法があります。背中を鍛えると聞くと、ジムへ行ってマシンを使いながら筋トレをするイメージが強いですが、実は自宅でも十分に鍛えることが可能です。

ここからは、背中の筋肉を効率的に鍛える方法を解説します。自宅でできる方法をまとめたので、ぜひ挑戦してみてください。