2人に1人は「年賀状を出す」派 年末年始に贈りものをしたい相手は“両親”がトップ

-年末年始の贈り物に関する調査-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に「年末年始の贈り物に関する調査」を実施しました。お年玉や年賀状の予定、贈り物を贈りたい相手や、贈りたいものについて分析しています。

◆ ↓ クロス集計表のダウンロードはこちら ↓
https://www.cross-m.co.jp/report/life/20201215present/

年末年始にお年玉をあげる予定の人は44%。年賀状を出す予定の人は51% <図1・図3>

お年玉を渡す方法は「直接会って現金をあげる」が8割を占め、コロナ禍でもお年玉は現金派が主流の傾向。<図2>
また、年賀状を出す割合は、年代があがるにつれて高くなり、50・60代では7割弱が「年賀状を出す」と回答した。
全体では1割の人が、「毎年出しているが、今回は出す予定はない」と、年賀状を出すのをやめようと考えている様子。

年末年始に贈り物をしたい相手は、「両親」が23%でTOP。贈りたいものは「スイーツ・お菓子」が最多。

贈り物をしたい相手は「両親」や「自分の子供」など身近な家族が上位にあがっている。<図4>
贈りたいものは、最多の「スイーツ・お菓子」の他にも、「高級品以外の食品食材」、「高級な食品、食材」など食べ物関連の項目が上位を占めている。<図5>

◆ ↓ クロス集計表のダウンロードはこちら ↓
https://www.cross-m.co.jp/report/life/20201215present/

【クロス・マーケティングお天気指数のご紹介】

クロス・マーケティングお天気指数とは、直近1週間における人々の気分をお天気で表したものです。お天気の理由も一部抜粋してお知らせします。

調査項目

□属性設問
□直近1週間における気分とその理由
□お年玉をあげる予定とあげる方法
□年賀状を出す予定
□年末年始に贈りものをしたい相手
□年末年始に贈りたいもの

調査概要

調査手法 : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域 : 全国47都道府県
調査対象 : 20~69歳の男女
調査期間 : 2020年12月11日(金)
有効回答数 : 1,100サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

会社概要

会社名 : 株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
所在地 : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
代表者 : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当 : マーケティング部 TEL : 03-6859-1192 FAX : 03-6859-2275
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp
≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」