スポニチ タブロイド判新聞「’20年ドラフト特集号」

コンビニ、Amazonなどで好評発売中

株式会社スポーツニッポン新聞社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:河野俊史、以下スポニチ)は「’20年ドラフト特集号」を好評発売中です。

10月26日に東京都内で開催されるプロ野球のドラフト会議(新人選手選択会議)。今年は早大の155キロ左腕・早川隆久投手、アマ球界№1スラッガーの近大・佐藤輝明内野手、大学進学から一転、プロ志望を表明した中京大中京の154キロ右腕・高橋宏斗投手に人気が集まりそうです。「’20年ドラフト特集号」では先に挙げた3選手を詳報するほか、福岡大大濠・山下舜平大投手の独占インタビュー、明石商・中森俊介投手、来田涼斗外野手ツイントークなど1位候補から隠れた逸材まで、全国の取材網を駆使して余すことなく取り上げています。「スポニチ式 プロ野球12球団補強ポイント徹底分析」も注目です。

タブロイド判オールカラー28ページで、定価440円(税込み)。首都圏、関西、福岡、東北などのコンビニエンスストア(いずれも一部を除く)でお買い求めください。Amazon、ヤフーショッピングでも好評発売中です。

【商品概要】
「’20年ドラフト特集号」
●判型:タブロイド判
●頁数:28ページ
●価格:440円(本体価格400円)
●発売日:2020年10月9日(金)から順次
●発行:株式会社スポーツニッポン新聞社
●発売場所:Amazon、ヤフーショッピングのネット通販、首都圏、関西、福岡、東北のコンビニエンスストア(いずれも一部を除く)など。