SNSで大人気の野球著述家による最新刊『アンチデータベースボール データ至上主義を超えた未来の野球論』が2月22日に発売!

本書のメインテーマは、データ野球への「アンチテーゼ」である

株式会社カンゼンは、新刊書籍「アンチデータベースボール データ至上主義を超えた未来の野球論」(ゴジキ 著)を、2022年2月22日より全国書店、オンライン書店で発売いたします。
プロ野球選手にもフォローされるTwitterで話題の野球著述家・ゴジキ(@godziki_55) による単行本最新刊。野球の奥深さ・真髄はここに宿る、「データを超えた野球論」を言語化した野球ファン必読の一冊。

表紙
表紙

■内容紹介

<SNSで大人気の野球著述家が言語化>

データ至上主義を超えた未来の野球論

データにプレーを支配されるな!

セイバーメトリクスの普及によって一層進むシステム化

それでも勝利の糸口は、
別の世界にある!

SNSで大人気の野球著述家が言語化
野球の奥深さ・真髄はここに宿る
データ野球だけでは絶対に勝てない理由

---------------------------
本書のメインテーマは、データ野球への「アンチテーゼ」である

データやテクノロジーが発達した現代において、人間が行うものとして必要なのは、データを超えた感動やドラマ、プレーのクオリティだ。

データではわからない面白さや魅力はどこから来ているのか? データ至上主義のなかで対応策はあるのか? 感動やドラマ性とデータはトレードオフなのか?…などなど、尽きない疑問への「答え」にまではたどり着かないかもしれないが、「考えるヒント」を提供できれば幸いだ。

本書を執筆するうえで心掛けたのは、上記のような「データを超えた野球論」をいかに言語化して明確にするかだ。

自分自身が多くの試合やプレーを見ていたものを中心に、今持っているすべての知識と感覚を注ぎ込んだ。多くの野球ファンの方に楽しんで読んでもらえたら嬉しい。
---------------------------


【もくじ】
第1章 打撃・打順論
第2章 投手・継投論
第3章 守備・走塁論
第4章 采配・戦略・マネジメント論
第5章 「感性」「感覚」「直感」の重要さがわかる野球論

【もくじ①】
【もくじ①】
【もくじ②】
【もくじ②】
【もくじ③】
【もくじ③】
【第1章 打撃・打順論】
【第1章 打撃・打順論】
【第2章 投手・継投論】
【第2章 投手・継投論】
【第3章 守備・走塁論】
【第3章 守備・走塁論】
【第4章 采配・戦略・マネジメント論】
【第4章 采配・戦略・マネジメント論】
【第5章 「感性」「感覚」「直感」の重要さがわかる野球論】
【第5章 「感性」「感覚」「直感」の重要さがわかる野球論】

■著者プロフィール

ゴジキ(@godziki_55)/著
プロ野球選手にもフォローされるTwitterで話題の野球著述家。 2021年3月に『巨人軍解体新書』(光文社新書)で、鮮烈なデビューを飾る。さらに、8月には『東京五輪2020 「侍ジャパン」で振り返る奇跡の大会』(インプレスICE新書)、12月には『坂本勇人論』(インプレスICE新書)を出版した。自身の連載である「ゴジキの巨人軍解体新書」をはじめとした「REAL SPORTS」「THE DIGEST(Slugger)」 「本がすき。」「文春野球」等で、巨人軍や国際大会、高校野球の内容を中心に100本以上のコラムを執筆している。週刊プレイボーイやスポーツ報知などメディア取材多数。Yahoo!ニュース公式コメンテーターも担当。本書が4作目となる。

■書籍概要

書名:アンチデータベースボール データ至上主義を超えた未来の野球論
著者:ゴジキ(@godziki_55)
定価:1,760円(本体1600円+税)
判型:46判
ページ数:200P
ISBNコード:9784862556271
発売日:2022年2月22日
出版社:カンゼン
商品情報:https://www.kanzen.jp/book/b10001642.html

■購入はコチラ

■本製品に関するお客様からのお問い合わせ先

株式会社カンゼン
営業企画部 安川
mail:eigyo@kanzen.jp
tel:03-5295-7723