「第15回昭和女子大学女性文化研究賞(坂東眞理子基金)」 男女共同参画社会・女性文化に寄与する候補作を公募

 昭和女子大学(理事長・総長 坂東眞理子:東京都世田谷区)は、「第15回昭和女子大学女性文化研究賞 (坂東眞理子基金)」の候補作として、男女共同参画社会の推進・女性文化研究の発展に寄与する書籍を公募しています。

 昭和女子大学女性文化研究賞 (坂東眞理子基金)は、男女共同参画社会の推進、女性文化研究の発展に寄与する本を顕彰しています。第15回は、2022年1月1日~12月31日の1年間に刊行した単行本が対象です。この賞は、多くの著作を世に送り出している理事長・総長 坂東眞理子が「労多く報われることが少ないが、世の中を変える力のある本を書くという作業を応援したい」と著書の印税などを寄付して設立した基金により運営し、学外有識者を含む選考委員会で選考します。

【募集対象】

(1)男女共同参画社会形成の推進に寄与する研究
(2)女性文化研究の発展に寄与する研究
上記のいずれかに該当する単行本で、2022年1月1日~12月31日の1年間に刊行し、日本語で書かれたもの(翻訳不可)。

【応募資格】

趣旨にあっているものであれば、著者の国籍・性別・年齢は問いません。自薦・他薦あり。

【公募期間】

2022年12月1日~2023年1月31日

【副賞】

1件につき30万円

応募方法等、詳細は女性文化研究所のホームページでご確認ください。
https://content.swu.ac.jp/jyobunken-blog/2022/11/01/kenkyuu15/

昭和女子大学ホームページ
https://univ.swu.ac.jp/