EDAC、静岡県富士市・株式会社イーシーセンターと三者間で災害時の情報収集等に「ドローン」と「Hec-Eye(遠隔情報共有システム)」を有効活用していくための協議会に参加

一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(所在地:東京都千代田区、理事長:稲田 悠樹、以下 EDAC[イーダック])は、静岡県富士市と株式会社イーシーセンター (所在地:静岡県富士市、代表取締役:海野幸男、以下 イーシーセンター )と共同で2022年12月22日(木)に
災害時の情報収集などで「ドローン」と「遠隔情報共有システムHec-Eye」を活用していくための協議会に参加しました。

初めての協議会はEDAC・イーシーセンター・市の防災危機管理課の職員など20人余りが出席があり、EDACはドローンの映像や位置情報をリアルタイムで共有することできる「遠隔情報共有システムHec-Eye」の取り組みや事例を紹介し、被災地で撮影した映像や位置情報を地図上に落とし込むことで迅速に情報の共有や集約が可能になることなどを説明をさせて頂きました。

協議会の意見交換では、ドローンから撮影したデータをVR=バーチャルリアリティー化する技術を使って防災訓練などで活用する提案が出されるなど活発に意見が交わされていました。

協議会では今後ドローンを使った災害時の体制づくりを進めていくほか、利用促進に向けた研修に取り組みを行っていきます。

本協議会を経て、現場では「災害時のドローン活用や映像中継の重要性を認識できた。来年度はさらに発展的な訓練を実施して体制構築を目指していきたい。」などといった声をいただきました。

【本件に関するお問い合わせ先】

■EDAC事務局
電話 : 03-5413-7398
メール: info@edac.jp

【リモート情報共有システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」について】

「Hec-Eye」はリアルグローブが、EDAC監修のもと開発した、ドローン等からの取得情報を地図上に集約し共有するプラットフォームで、総務省の「平成27年度補正予算IoTサービス創出支援事業」の採択案件を通じて構築されたリファレンスモデル(成果物)を核として開発されたサービスです。救急医療・災害対応分野での活動支援や業務効率化を目的として開発され、現在は鳥獣害対策や観光分野等も含めたより広い分野で活用されています。

「Best of Japan Drone Award 2019」では、ソフトウェア部門の最優秀賞に選出されました。

Hec-Eyeについての詳細はこちらから
https://hec-eye.realglobe.jp/

《Hec-Eyeに関するお問い合わせ》
Hec-Eyeに関するご相談や導入、代理店販売、セミナー依頼等に関するお問合せは、以下の窓口までお願いいたします。
株式会社リアルグローブ Hec-Eye問合窓口
■電話 :03-6380-9372
■メール:pr@realglobe.jp

【イーシーセンターについて】

社名 :株式会社 イーシーセンター
代表取締役社長 :海野幸男
URL:https://ec-center.co.jp/

【EDACについて】

EDACは、救急医療・災害対応の分野におけるドローンをはじめとする先端技術の利活用を推進しており、「普段遣いすることで、いざという時、役に立つ技術になる」、という信念の下、自治体における先端技術活用を広く普及展開するための取り組みを実施しております。


団体名      :一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等
          自動支援システム活用推進協議会(通称:EDAC)
代表者      :稲田 悠樹
URL       :https://www.edac.jp/