麗澤大学×千葉ロッテマリーンズ 【学生考案】ゲームスポンサー試合を企画運営

7月15日(木)千葉ロッテマリーンズへ企画提案実施

 麗澤大学(千葉県柏市/学長:徳永澄憲)は2021年10月7日に千葉ロッテマリーンズの試合を「千葉ロッテマリーンズスペシャルナイター 麗澤大学デー(仮称)」としゲームスポンサーとして協賛することが決定しました。
ゲームスポンサーとなるにあたり、7月15日(木)に株式会社千葉ロッテマリーンズ(千葉県美浜市/代表取締役社長:河合 克美)に協賛内容を直接提案する機会を得ました。

 経済学部内での選考を経て選ばれた54名の学生が、試合当日に開催するイベント等の企画から運営まで携わるプロジェクトを実施します。学生は球場のモニター「マリンビジョン」で放映されるオリジナルCMの制作、球場内コンコーススペースでのイベント企画運営、入場ゲートで配布するコラボ商品の考案、球場外でのイベント企画、広報活動などを担当する5チームに分かれ企画考案を行っており、その実現可能性などを直接お伺いし、ご指導いただく貴重な機会です。

 株式会社千葉ロッテマリーンズ からは、BtoB本部の山本 繁(やまもと しげる)様、BtoC本部の吉野 慎司(よしの しんじ)様にお越しいただきそれぞれのチームが考案した企画や協賛試合の冠名などを評価いただき、プロスポーツビジネスに携わるお立場で新型コロナウイル感染拡大の状況下でも安全に実施できる実現可能な企画かどうかご意見をいただきます。
本イベント試合は経済学部経営学科スポーツビジネス専攻の担当教員と学生が協力して学長へ提案し、実際のプロスポーツを運営する現場で企画運営を取り仕切る経験は、学生にとって貴重な成長の場であるという判断のもと実現しました。

 本イベントを担当する経済学部の豊嶋 建広(とよしま たてひろ)教授は「これまで学生は、スポーツビジネス専攻をはじめ各専攻が積極的に行っているPBL(課題解決型学習)に取り組んできました。今回のイベントはPBLの学びを実施し、成果を確認する場となります。」と述べています。
 
 詳細は下記をご確認ください。

【千葉ロッテマリーンズスペシャルナイター麗澤大学デー(仮称)企画プレゼン】

■日時:2021年7月15日(木曜日) 15:00-16:30
■場所:麗澤大学 校舎「かえで」1603教室
■授業名:インターンシップA

【千葉ロッテマリーンズスペシャルナイター麗澤大学デー(仮称)】

■日程:2021年10月7日(木曜日)
■試合開始時間:18:00 
■会場時間:16:00
■対戦カード:東北楽天ゴールデンイーグルス
■場所:ZOZOマリンスタジアム(千葉県千葉市美浜区美浜1番地)

千葉ロッテマリーンズ 
千葉ロッテマリーンズ 

【麗澤大学について】

麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。「知徳一体」という教育理念のもと、心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できるグローバルリーダーの育成を目指し、教育改革を進めています。「THE 世界大学ランキング日本版」の国際性分野では2017年から連続して千葉県1位の評価を受けています。