広島東洋カープと球団選手のトレーニングサポートに関する業務委託契約を締結

~事業開発型社外留学制度を活用した、専門人材によるサポートを開始~

株式会社ルネサンス(代表取締役社長執行役員:岡本 利治、本社:東京都墨田区、以下「当社」)は、2021年3月18日に公表した「事業開発型社外留学制度」を活用し、株式会社広島東洋カープ(代表取締役社長:松田 元、所在地:広島県広島市、以下「広島東洋カープ」)と業務委託契約を締結したことをお知らせいたします。本契約に基づき、当社の人材がトレーニングコーチとして、球団選手の運動指導・サポートを実施してまいります。

1.背景

当社は、広島東洋カープが本拠地とするMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に隣接するエリアで、「スポーツクラブ&スパ ルネサンス 広島ボールパークタウン24」の運営を通じて、地域の方々に向けた健康づくりに取り組んでまいりました。
この度の業務委託契約を機に、当社がこれまで培ってきたトレーニングや運動指導の知識・ノウハウを活用し、同球団選手の身体的なサポートを実施します。

2.本取り組みの概要

2022年1月~2022年12月までの期間で、当社の人材が同球団で運動指導やサポートを行います。担当者はスポーツクラブにて、フィットネストレーナーとしての指導経験のある社員です。主な業務内容は、同球団の2軍から3軍の選手に対する、グラウンド練習および試合帯同時のトレーニングコーチ業務です。

トレーニングサポートのイメージ①
トレーニングサポートのイメージ①
トレーニングサポートのイメージ②
トレーニングサポートのイメージ②

3.期待される効果

当社は、プロアスリートの指導実務の経験をもとに、より多様な顧客ニーズに応えることのできるトレーナーの育成を目指します。また、広島東洋カープは、フィットネスの専門知識に特化した人材がコーチとなることにより、選手のパフォーマンス向上が期待できます。

4.事業開発型社外留学制度について

専門分野に強みのある人材が、当社の代表として一定期間留学先にて業務を行います。当社が培ってきた健康づくりや接客サービスのノウハウを活かして、留学先の解決すべき課題に取り組み、即戦力として期待に応えることを目指します。また、これらの取り組みを通じて、新しい経験や知識を習得した従業員が、留学後に新たな事業開発のきっかけを作ることも目的としています。

過去の事業開発型社外留学制度の主な実績

学校法人三幸学園 (2021年3月~)

自治体 16カ所 (2021年4月より随時留学) ※2022年2月末時点

SOMPOケア株式会社 (2021年6月~)

5.参考情報

■ 「広島東洋カープ」について

「広島東洋カープ」は日本のプロ野球球団の一つで、セントラル・リーグに所属しています。
広島県を保護地域とし、同県広島市南区にあるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(広島市民球場)を専用球場(本拠地)とし、活動を行っています。

お問い合わせ先
株式会社ルネサンス 経営企画部 パブリックリレーションチーム 村角(むらずみ)・瀬戸
TEL:03-5600-7811 MAIL:ml_pr@s-renaissance.co.jp
URL:https://www.s-renaissance.co.jp/