【きょう(3/2~)前売券発売!】国立国際美術館コレクション 現代アートの100年・広島

~ セザンヌからウォーホル、草間彌生、奈良美智まで ~

株式会社広島ホームテレビ(所在地:広島県広島市 代表取締役社長:三吉 吉三)と、広島県立美術館(所在地:広島県広島市 館長:千足 伸行)は、主催で2022年4月2日(土)~2022年5月29日(日) の期間、「国立国際美術館コレクション 現代アートの100年」を開催いたします。

「現代アートって何?」刺激的で心地よい、100年の美術を巡る旅に出かけてみませんか?

森村泰昌《肖像(ゴッホ)》1985年
森村泰昌《肖像(ゴッホ)》1985年

20世紀初頭、美術の世界は大きく変容しました。常識を覆す作品が次々と現れ、美術に対する見方・価値観は大きく揺らぎます。
本展覧会は、20世紀の絵画に多大な影響を与えたポール・セザンヌや、現代美術の父とも呼ばれるマルセル・デュシャンら巨匠に始まり、ポップアートの旗手アンディ・ウォーホル、日本を代表する現代作家である草間彌生や森村泰昌、奈良美智まで、国立国際美術館が収蔵する国内外の作家たちの名品約70点で今日までの美術の動向を辿ります。

開催概要

会期:4月2日(土) ~ 5月29日(日)
休館日:月曜日(5月2日は開館)
開館時間:9:00~17:00
※金曜日は20:00まで
※入場は閉館30分前まで
※4月2日は10:00開館
会場:広島県立美術館 3階企画展示室
入館料:一般 1,400円、高・大学生 1,000円、小・中学生 700円

【ご確認ください】
※前売り・20名以上の団体は当日料金より200円引き
※学生券をご購入・ご入場の際は、学生証のご提示をお願いします。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です。
※本券で所蔵作品展もご覧いただけます。

★チケット情報:前売券販売日(3月2日~4月1日)

■広島県立美術館 ■広島市・呉市内主要PG ■画廊・画材店 ■ゆめタウン広島 ■中国新聞社読者広報部,中国新聞各販売所(取り寄せ)など
■セブンチケット【セブン・コード:093-024】・http://7ticket.jp/
■ローソンチケット【Lコード:61416】・https://l-tike.com/(PC/携帯)
■チケットぴあ【Pコード:685-953】・http://pia.jp/t (PC/携帯)
※ローソン・セブン-イレブンで店頭販売あり

関連イベントにつきましては、下記のチラシもしくは、イベントページでご確認ください。

【主催】広島県( 広島県立美術館)、国立国際美術館、広島ホームテレビ,イズミテクノ、中国新聞社
【後援】中国放送、広島テレビ、テレビ新広島、 広島エフエム放送、FMちゅーピー76.6MHz、エフエムふくやま、尾道エフエム放送、FMはつかいち76.1MHz、FM東広島89.7MHz
【協賛】大田鋼管、広島県信用組合、一般財団法人ケンシン地域振興財団