【管理組合向け】マンション水害リスク診断ツアー

専門家と「学ぶ」「診断」「対策」までを一度に

一見マンションは水害と無縁に思われがちですが、2019年10月に関東を襲った大型台風の際に武蔵小杉のタワマンが浸水被害に遭い電気もエレベーターも停止してしまったことは記憶にも新しいのではないでしょうか。マンションの水害対策が万全でないとインフラに問題が生じて被災してしまう可能性があるため、有事に備えて管理組合がしっかりと対策をとる必要があります。

ホームインスペクション(住宅診断)、マンション管理組合向けコンサルティングを行う “不動産の達人 株式会社さくら事務所”(東京都渋谷区/社長:大西倫加)は、マンションを水害から守るためのサービス「マンション水害リスクカルテ」の新たなオプションサービスとして、マンションの構造や設備に精通した専門家が現地へ出向き、管理組合のご担当者様と一緒に建物のすみずみまでまわって、どこに・どんな水害対策を施すべきか診断を行うサービスを開始いたしました。

新たなオプションサービスが誕生したきっかけ

水害コンサルを受託しているマンションで、「設計時には把握できていなかった浸水経路があった」といったケースや、反対に、実際に現地を見るとさほど対策の必要性が高くはないことが判明したケースがありました。さらに精緻な計画を立てるためにも、現サービスの遠隔によるレポーティングサービスのみではなく、場合によっては実際に現場へ出張して、管理組合とともに現地を確認しながら調査することが必要であると考え、本オプションが誕生しました。

管理組合向けの「水害リスク診断ツアー」

この新オプションサービスのポイントとは?

① マンション構造に精通した専門家が現地へ出向いて、建物等を調査します。
② 専門家が、管理組合の方と一緒にマンションのすみずみを見てまわり、対策必要箇所等をお教えします。
③ 専門家がその場で丁寧にご説明するため、管理組合の方にも予備知識をつけていただけます。

「マンション水害リスクカルテ」とは

水害リスクを災害の専門家がピンポイントで確認し、ハザードマップで見落とす水害リスクに加えて、水害の他に懸念すべき災害はないかチェックを行い、マンションの専門家が具体的な水害対策と概算費用を診断し、カルテにまとめます。
理事会や防災委員会、管理会社の方に時間をとっていただくことなく、適切なリスク評価と具体的な水害対策と概算費用がわかるので、このカルテをそのまま区分所有者の方への説明資料としてご利用していただくことができます。

サービス詳細▶︎ https://www.s-mankan.com/service/suigai.html