“旬”を最も意識する季節は「秋」 食欲の秋に「これが食べたい」トップ3は、さんま・梨・栗

- “旬”に対する意識調査(2020年) -

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に「“旬”に対する意識調査(2020年)」を実施しました。
9月も下旬に入り、だんだんと秋らしい気候になってきました。
今回は旬を意識する季節や「〇〇の秋」と聞いて初めに思い浮かぶもの、「秋に旬の食べ物」として食べたいものについて分析しています。

◆ ↓ クロス集計表のダウンロードはこちら ↓
https://www.cross-m.co.jp/report/life/20200924shun/

“旬”を意識する季節は「秋」が最も高く、約6割にのぼる。

性年代別にみると、女性50・60代で季節を問わず“旬”を意識する人が多い。<図1>

「〇〇の秋」と聞いて初めに思い浮かぶものは、「食欲の秋」が圧倒的。<図2>

「秋に旬の食べ物」として食べたいものは「さんま」、「梨」、「栗」。今年は「さんま」の価格が高騰しているものの、根強い人気が窺える。

性年代別にみると、男性では20代~50代で「さんま」が高く、幅広い世代で求められていることがわかる。一方、女性では、50代・60代で「栗」が高い。<図3>

◆ ↓ クロス集計表のダウンロードはこちら ↓
https://www.cross-m.co.jp/report/life/20200924shun/

調査項目

□属性設問
□直近1週間の外出頻度
□直近1週間で自分の「楽しみ」のために使った金額
□旬を意識する季節
□「〇〇の秋」と聞いて初めに思い浮かぶもの
□「秋に旬の食べ物」として食べたいもの

調査概要

調査手法 : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域 : 全国47都道府県
調査対象 : 20~69歳の男女
調査期間 : 2020年9月22日(火)
有効回答数 : 1,100サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

会社概要

会社名 : 株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
所在地 : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
代表者 : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当 : マーケティング部 TEL : 03-6859-1192 FAX : 03-6859-2275
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp
≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」