【不登校家庭のメンタルケアにマンガ表現を活用】感情のキャラクター化ワークショップ 3/13京都市で開催のご報告

〜感情の役割や扱い方を学び「心のしなやかさ=レジリエンス」を高める〜

マンガの「イメージ化」と「ストーリー化」の表現手法を活用した思考法「マンガ思考Ⓡ」を開発しているオフィスしやすく(所在地:京都市、代表:寺田彩乃)が、京都市で不登校家庭の応援を行っている「すっきり会」に講師として参加し、マンガ思考Ⓡを使ったメンタルのケア方法をお伝えしました。
詳細:https://mangathinking.com/sukkiri210313/

すっきり会参加者のみなさま
すっきり会参加者のみなさま

すっきり会とは

「すっきり会」は不登校・行き渋り・五月雨登校の子どもを持つ保護者やそんな子ども達を応援していただける方のための会です。
毎月第2土曜日に、京都市上京区内で集まり、登校についての悩みを相談し合う場を提供しています。
すっきり会Facebookページ:http://bit.ly/3eBy3wz
すっきり会公式LINE:https://lin.ee/5jLl5GO

感情のキャラクター化ワークショップについて

開催日時:2021年3月13日14時〜16時
場所:京都市上京区の町家(詳細は参加者にのみお知らせしております)
参加人数:6名

感情をキャラクター化することで、自分の感情の役割を理解し、どう活かしていくかを考えるワークショップを行いました。

感情のキャラクター化 ワークシート(作:朝倉様)
感情のキャラクター化 ワークシート(作:朝倉様)

参加者の感想

・自分の中にある、認めてほしい肯定してほしい欲求に気づけて力抜こうって思えました。(内藤真澄様)
・ストレスは良いものだという事が知れたことが一番良かったです。感情のキャラクター化、すごく面白かったです。子ども達にもすすめてみようと思います。(田井中麻美様)
・「ネガティブな感情とも仲良くしていくと良い」という一言がよかった!捉え方を変えるためにとても良い手法だと思った。(朝倉美保様)
・ネガティブ感情に役割があるというのが発見でした。(S.N様)
・俯瞰、少し、できるような気がして嬉しいです。(M.M様)
・しんどい時にやってみたいと思いました。絵が苦手な私でもでき、ホッとしました。(I.A様)

今後の展開

今後も地域団体様や教育機関様と連携して、「生きづらさ」を抱える子どもやその親御さん向けに、メンタルケアについてのワークショップや講座を開催していきたいと考えております。

ワークショップ、講座についてのお問い合わせは下記メールアドレスまで。
terada@sheyasque.com

団体様向けメニュー資料:https://bit.ly/3vkyv89

講師プロフィール

寺田彩乃
寺田彩乃

寺田彩乃 オフィスしやすく代表

 大阪教育大学 教養学科 芸術専攻を卒業した後、3社でデザインとマーケティングの実務経験を経て、独立。

「〜しにくい」を「〜しやすく」して生きやすい社会を作っていきたいという想いから「オフィスしやすく」という屋号で活動中。

 自身が「マンガ」に助けられてメンタル疾患を克服し、夢を叶えてデザイナーとして独立を叶えた経験から、マンガの「人を楽しませ、夢中にさせる表現技術」を使った思考法「マンガ思考Ⓡ」を開発。

 現在、「マンガ思考Ⓡ」のメソッドを学べる講座や、「マンガ思考Ⓡ」活用者向けのコミュニティ運営を行う他、教育機関、企業、自治体などで「マンガ思考」を活用したコミュニケーションやメンタルケアの研修・講演など行っている。

メディア掲載

事業所概要

オフィスしやすく
代表 寺田彩乃
ホームページ https://mangathinking.com/
〒 604-8187 京都府京都市中京区御池通東洞院東入笹屋町436永和御池ビル606号