相模鉄道20000系 2019年ローレル賞受賞 記念入場券セットを販売

9月28日(土)から、限定1,200セット

 相鉄グループの相模鉄道㈱(本社・横浜市西区、社長・千原広司)では、2019年9月28日(土)から10月30日(水)まで「相模鉄道20000系 2019年ローレル賞受賞 記念入場券セット」(限定1,200セット)を販売します。

 これは、2022年度下期に開業を予定している東急線との相互直通運転用車両として2018年2月に運行を開始した「20000系」が、全国規模の鉄道愛好者団体「鉄道友の会」選定の「ローレル賞」を初受賞したことを記念して販売するものです。

 同入場券は、「20000系」をデザインした「D型硬券普通入場券」で、相鉄線8駅で販売。また、入場券セットの販売に併せた記念グッズとして「クリアマグネット」を「SOTETSU GOODS STORE」二俣川で販売します。

「相模鉄道20000系 2019年ローレル賞受賞 記念入場券セットの表紙」(イメージ)
「相模鉄道20000系 2019年ローレル賞受賞 記念入場券セットの表紙」(イメージ)
「相模鉄道20000系 2019年ローレル賞受賞 記念入場券」(イメージ)
「相模鉄道20000系 2019年ローレル賞受賞 記念入場券」(イメージ)

 「20000系」は、駅や車両、制服を統一したコンセプトに基づいてリニューアルする「デザインブランドアッププロジェクト」に基づいて新造しました。開発コンセプトを『安全×安心×エレガント ~目先のトレンドに左右されない「醸成するデザイン」~』とし、横浜をイメージした「YOKOHAMA(ヨコハマ) NAVYBLUE(ネイビーブルー)」で塗装した車体やグレーを基調にした内装、時間帯で変化する調色調光式のLED照明を採用しています。これらの独自の工夫が高く評価され、今回の受賞につながりました。

 相鉄グループでは、都心との相互直通運転を契機としてさらなる認知度・好感度の向上を図ってまいります。

「相模鉄道20000系 ローレル賞受賞 記念入場券セット」の概要

1. 販売期間・場所 
  ①2019年9月28日(土)~10月30日(水)
   相鉄線8駅:横浜駅、星川駅、西谷駅、二俣川駅、大和駅、
         海老名駅、いずみ野駅、湘南台駅
   販売時間:始発から終車まで
  ②2019年11月9日(土)~12月28日(土)
   「SOTETSU GOODS STORE」二俣川(二俣川駅構内)
    営業時間:平日11:00~20:00 土休日10:00~19:00
         定休日年末年始
   ※駅での販売期間中(①)に限定数に達した場合は、「SOTETSU
    GOODS STORE」二俣川での販売はありません。
   

2.販売価格
  1セット 1,200円(税込み)
  ※各駅での販売は、現金のみの取り扱いです。

3.販売数量
  1,200セット 
  ※お一人さま1回につき5セットまで。
  ※乗車券にはシリアルナンバーが入ります。

4.入場券有効期間
  2019年9月28日(土)~12月31日(火)まで 
  ※上記期間に1回限り有効

5. 仕様
  ・オリジナル台紙に、D型硬券普通入場券8枚をセット
   台紙サイズ :縦170mm×横210mm(二つ折り時)
   入場券サイズ:縦30mm×横88mm

「相模鉄道20000系 2019年ローレル賞受賞記念グッズ」の概要

1.発売日・場所 
  2019年9月28日(土) 
 「SOTETSU GOODS STORE」二俣川
2.販売価格
  クリアマグネット 500円(税込み)

クリアマグネットのイメージ
クリアマグネットのイメージ

「相模鉄道20000系 2019年鉄道友の会ローレル賞受賞」の概要

1.受賞車両 
  相鉄・東急直通線用車両「20000系」

2.主催
  鉄道友の会

3.受賞内容
  「2019年ローレル賞」(鉄道友の会車両顕彰)
  全国規模の鉄道愛好者団体である鉄道友の会が、前年中に営業運転を開始した
  新車、新車とみなすことができる車両の中から、会員による投票の結果に基づ
  き、選考委員会が優秀と認めた車両を選定し、授与するもの。最優秀車両にブ
  ルーリボン賞、優秀車両にローレル賞が授与される。

4.鉄道友の会選考委員会のコメント(抜粋)
  相模鉄道「20000系」は、2022年度下期開業予定の「東急新横浜線」
  と接続し、東急各線への直通運転の仕様を考慮した車両です。相鉄グループ創
  立100周年を機にグループ全体で進めている「デザインブランドアッププロ
  ジェクト」に基づき、鉄道車両について車体色・前面デザイン・車内照明の統
  一コンセプトを掲げました。明確なコンセプトに対応させるという意欲を鮮明
  に打ち出した車両を開発したことを選考委員会では高く評価し、ローレル賞に
  選定しました。