植物性ミルクの世界市場-2023年~2030年

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「植物性ミルクの世界市場-2023年~2030年」(DataM Intelligence)の販売を8月16日より開始しました。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/dmin1319244-global-plant-based-milk-market.html

市場概要

植物性ミルクの世界市場は、2022年に186億米ドルに達し、2023年から2030年の予測期間中にCAGR 9.5%で成長し、2030年には384億米ドルに達すると予測されています。

植物性ミルクとは、植物資源に由来し、従来の乳製品の代替品となる飲料のことです。これらの代替ミルクは、非乳製品ミルク、乳製品不使用ミルク、またはナッツミルクと呼ばれることが多いです。アーモンドミルクは、床のアーモンドと水から作られます。ナッツのような風味はほとんどなく、乳製品のミルクに比べて軽い粘度があります。ココナッツミルクは、成熟したココナッツの果肉から作られます。濃厚でクリーミーなテクスチャーとトロピカルな風味が特徴です。ココナッツミルクはアジア料理によく使われ、植物性のケーキやカレーにもよく使われます。

植物性ミルク市場は、利用可能な製品の種類の中で広範な成長を示しています。メーカー各社は、様々な利用者の可能性に応えるため、進歩的なフレーバー、ブレンド、配合を導入しています。例えば、エンドウ豆ミルク、カシューミルク、ヘンプミルクなど、興味のある分野の選択肢が急増し、顧客はより幅広い植物性ミルクの選択肢から選ぶことができるようになっています。

市場力学

世界の消費者の健康・ウェルネス意識の高まりが植物性ミルク市場を牽引

植物性ミルクはしばしば、乳製品に代わるより健康的なミルクとして認識されています。一般に飽和脂肪酸やコレステロールが少なく、栄養素、ミネラル、植物性タンパク質などの有益な栄養素がさらに含まれている可能性があります。フィットネスと健康を優先する消費者は、食生活の選択肢の一部として植物性ミルクを選んでいます。

ヴィーガンや植物ベースの食生活は、世界的に増加傾向にあります。例えば、ヴィーガン協会によると、2022年には世界のヴィーガン人口は62万9000人を超えると言われています。人々は、健康、倫理、持続可能性など、さまざまなことを動機としています。植物性ミルクは、これらの栄養選択に従う人々に自然に適合し、マーケットプレースの成長をさらに促進します。

倫理と動物福祉への配慮が植物性ミルク市場を促進すると予想される

畜産業界の状況や慣行に対する意識の高まりが消費者の選択に影響を与えています。消費者は、工場畜産、監禁システム、動物の扱いなどの問題に懸念を抱いており、そのため植物性ミルクのような代替品を求めるようになっています。この倫理的配慮が植物性ミルク市場の成長を後押ししています。

ミレニアル世代やZ世代などの若い世代は、購買決定において倫理的配慮を優先することが知られています。彼らは、動物福祉を優先するブランドを含め、自分たちの価値観に沿ったブランドを支持する傾向が強いです。これらの世代が重要な消費者層を占めていることから、彼らの倫理的関心が植物性ミルク市場を促進すると予想されます。

フードサービスとホスピタリティの供給が限られていることが植物性ミルク市場の妨げとなっています

コーヒーショップは、ラテやカプチーノといったミルクベースの飲料の消費において重要な役割を果たしています。しかし、コーヒーショップで植物由来の代替ミルクを利用できるかは様々で、品揃えが限られていたり、植物由来のオプションに追加料金がかかる場合もあります。このような限られた品揃えは、消費者が植物性ミルクを選ぶことを躊躇させ、市場の成長を妨げる可能性があります。

ホスピタリティ分野でのメニュー開発に植物性乳代替食品を取り入れるには限界があります。例えば、米国では植物性食品の売上が過去3年間で44.5%増加しています。ホテル、リゾート、ケータリング・サービスでは、植物性乳の多様な選択肢を十分に取り入れていない可能性があり、こうした環境では消費者の選択肢が制限される可能性があります。

COVID-19影響分析

COVID-19分析には、COVID前シナリオ、COVIDシナリオ、COVID後シナリオに加え、価格力学(COVID前シナリオと比較したパンデミック中およびパンデミック後の価格変動を含む)、需給スペクトラム(取引制限、封鎖、およびその後の問題による需給の変化)、政府の取り組み(政府機関による市場、セクター、業界を復興させる取り組み)、メーカーの戦略的取り組み(COVID問題を緩和するためにメーカーが行ったことをここで取り上げる)が含まれます。

無料サンプル

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/form/request/1319244

本件に関するお問い合わせ先

<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp/

会社概要

1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp/
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議:https://www.giievent.jp/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。


AIが記事を作成しています