cakesで連載、プロ棋士・遠山雄亮さんの著書『ゼロからはじめる 大人のための将棋入門』がスマート新書で11月2日に発売!

note株式会社(本社:東京都港区)は、11月2日に「スマート新書」シリーズで18冊目となる新刊『ゼロからはじめる 大人のための将棋入門』を発売します。初心者向けにプロ棋士が教える、将棋の基本がわかる一冊です。本書のもとになった連載はコンテンツ配信サイトcakesにも掲載されています。「スマート新書」は、2017年12月にはじまった“手のひらにおさまる教養“をコンセプトにした、スマートフォンサイズの新書のシリーズです。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『ゼロからはじめる 大人のための将棋入門』

テレビ・ネット中継なども盛んに行われ、広く人々の知的好奇心を刺激する頭脳ゲーム、将棋。「興味はあるけれど難しそう」と尻込みしている人や、「観戦は好きだけれど自分では指せない」という人に向けて、プロ棋士の遠山雄亮さんが将棋の基本をやさしく教えます。この本を読み終える頃には、将棋がひととおり指せるようになっています。

【目次】
第1章 将棋アプリの「ひよこ」と対戦するのが第一歩
第2章 将棋のキホンは棒銀戦法にあり
第3章 持ち駒を使えば、行き詰まりを打開できる
第4章 強くなるには「いい負けを重ねる」必要がある
第5章 将棋の駒は交換してこそ価値が出る
第6章 金と銀はお殿様の護衛隊
第7章 棒銀退治ができれば初心者卒業
第8章 将棋は最高のコミュニケーションツール

▼cakes連載

著者・遠山雄亮さん

将棋プロ棋士、棋士会副会長。1979年、東京都出身。2005年、四段(プロ入り)。2018年、六段。2018年は叡王戦で本戦に進出するなど、現役のプロ棋士として活躍中。note、ブログ、Twitterで情報を発信し、各メディアに寄稿するなど、Webでの将棋普及に力を注いでいる。趣味はテニスと猫。
note:https://note.com/toyama_shogi
Twitter:@funnytoyama

著者・遠山雄亮さんのコメント

将棋と自転車は似ています。大人なら意識せずとも自転車に乗れるように、上手な人は難しく考えずに将棋を指せるのです。でも生まれて初めて自転車に乗ったら間違いなく転びますよね。

将棋も一緒です。ルールを覚えただけでは何を動かせばいいかわからないし、駒を取られるだけでつまらないと思うことでしょう。自転車に初めて乗る場合、補助輪があれば転ばずにスイスイと進めます。
将棋だって補助輪があれば、自転車を乗るようにスイスイと駒を動かして楽しめます。

じつは子どもより大人のほうが上達スピードは早いんです!大事なのは補助輪です。この本が、「将棋を覚えてみよう」そう考える方の補助輪になるでしょう。

スマート新書

”手のひらにおさまる教養”をコンセプトにした、スマートフォンサイズの新書のシリーズです。ページ数は100ページ前後で、あたらしい知識を30分程度で読むことができます。インターネット時代のあたらしい読書のありかたを提案します。

定価:各500円+税※カラーページが入るシリーズのみ、650円+税/サイズ:横82mm×縦148mm

cakes(ケイクス)

cakesは多数のクリエイターや出版社と提携しているコンテンツ配信サイトです。読者とクリエイターをより身近に結びつけることで、コンテンツとの新しい出会いの場を提供します。cakesには無料で楽しめる記事もたくさんありますが、有料会員(週150円、月額500円)になるとすべての記事を好きなだけお読みいただけます。2012年9月にスタートし、現在の配信コンテンツは2万本以上にのぼります。

iOSアプリ:https://itunes.apple.com/app/apple-store/id636423893
Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.cakes

note株式会社

わたしたちは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。多彩なクリエイターや出版社と連携しているコンテンツ配信サイト・cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階 
設立日:2011年12月8日 代表取締役CEO:加藤貞顕 コーポレートサイト:https://note.jp