足型と靴選びでまず知っておきたいこと。スポーツ競技力や姿勢の改善に影響あるポイントを解説

アスリートサロン(爪のコンディショニング専門メディア)は、足型と靴選びのマッチングについての情報を公開しました

最近のスポーツシューズの発展は目覚ましいものがあります。

人間工学に基づいた機能性を追求するだけではなく、デザインも幅広く、アスリートのアイデンティティを豊かに強調するスポーツイクイップメントに進化しています。とてもかっこいいですよね。

あなたも自分がなりたい選手に憧れて、その選手と同じモデルのシューズを選んだ、という経験はありませんでしょうか?
シューズ選びでは、サイズやデザイン、フィット感を気にして選んでいると思いますが、実は、もう一つ非常に重要な判断基準があります。

その基準を知らないと、無意識のうちに足や爪トラブルが起きやすいシューズを履いてしまっていることがあり、大変危険です。

その基準とは、足型(=足指の形)がシューズと合っているか。

・なぜ足型がシューズ選びに重要なのか?
・どうして足型を知ると、足や爪トラブルが少なくなるのか?

そんな疑問にスポーツと爪の専門家 アスリートネイルトレーナー がお答えします。自分の足型を知ることで、適切なシューズ選びをしましょう。

このニュースのトピックス

・足型を知ると、何が良いのか?
・どうしたら足型に合うシューズが選べるか?
・足型別シューズとの相性で起こる注意したい足と爪のトラブル

足型とは

足型とは、裸足で砂浜を歩いた時に残る、踵から足の指までの足の形です。一般的に言う足跡であり、フットプリント(footprint)とも呼ばれます。

広義の意味では、靴を作るための足の木型であり、足の甲の高さを含めた立体的な形を写しとった型です。

ここでは、足型と爪の関係を取りあげますので、足の指の形に着目して解説します。

なぜ、足型を知る必要があるのか?

結論から言うと、自分の足型を知らずにシューズを履くと、次の3つのリスクが付き纏うからです。

・スポーツパフォーマンスの低下
・足や爪トラブルの発生
・慢性的なスポーツ傷害の誘引

スポーツパフォーマンスの低下は、アスリート自身の足型に合わないシューズ選びにあると言っても過言ではありません。

逆に、シューズを変えただけで足のグリップ力の改善が見られ、スポーツパフォーマンスが上がることが多くあります。

さらには、スポーツ傷害を予防し、選手生命の延伸にもつながるため、足型にあったシューズ選びは、アスリートにとって大変重要なスポーツギアなのです。

それでは、足型とシューズのミスマッチが招く問題点を紐解いていきましょう。その問題を解く秘密は、シューズ先端部分にありました。

足や爪トラブルは、シューズの先端で起こる

アスリートや生活者に問わず、一般的に 爪下血腫 や外反母趾、内反小趾などの足や爪のトラブルは、シューズの先端でよく起きます。

つまり、走ったり歩いたりの反復で、足指とシューズが繰り返しぶつかることによって、爪の出血や、骨や指の変形を招いてしまうのです。

さらに、足型とシューズが合っていないと、これがより顕著にあらわれます。

例えば、四角い形をした足型に対して、先端が丸いシューズを履くと、足指を内側に曲がった形に矯正してしまうことが容易に想像できると思います。

そのようなシューズでは、足指に力がかけられず、前に蹴り出す力やジャンプ力が弱まり、本来のパフォーマンスが発揮できません。ましてや将来的に痛みを抱えるリスクも背負っているとも言えるでしょう。

これが、すべての元凶です。だからこそ、アスリートには、自身の足型に合ったシューズが必要です。

5タイプの足型と具体的な足や爪のトラブル

足型は、世界で5つのタイプがあると言われています。

エジプト型、ギリシャ型、ローマ型(スクエア型)、ドイツ型、ケルト型の5つです。この5つを見極めるポイントは、足指の長さです。

ちなみに日本人は、最初の3つのエジプト型、ギリシャ型、ローマ型(スクエア型)が多いと言われています。


さて、これらの足型と靴選びのミスマッチが起こす足や爪トラブルについて解説しましょう。

それは、、、

アスリートサロン(https://athlete.salon/)は、トップアスリート界で愛用されている爪のコンディショニング技術をもって、爪の正しいケアやメンテナンスに役立つ情報を届ける爪専門の総合情報メディアです。

「爪で日本スポーツの強くする」がビジョン。世界的に見て日本は爪のケア・メンテナンスの後進国。このアゲインストに立ち向かい、スポーツパフォーマンスと爪の深い関係、爪とスポーツ障害予防の関係を解くことで、日本の競技力向上とスポーツのある豊かな暮らしを実現します。