【ウェビナー開催のお知らせ】いまから始めるバックオフィスの脱ハンコ~税務・法務編~

税理士・司法書士がわかりやすく解説!

コロナ禍が続く中、デジタル化により業務効率化を進めている企業様が増える一方で、さまざまな理由により脱ハンコ、脱ペーパーが実現しない企業様もまだまだ多いかと思います。

本ウェビナーでは、税務と法務の両面についてバックオフィスの脱ハンコの実現を目指し、専門家の目線から、コスト削減その他得られるメリット、どの場面でどのデジタルツールを活用できるのかなどについてご案内し、漠然とした不安を解消していきます。

また、人事労務領域においても、脱ハンコすべき承認書類は多く存在します。
脱ハンコと同時に達成する必要のある、各種データおよび書類のデジタル化について、お話させていただきます。



■テーマ概要

(1)脱ハンコが実現できる場面とハンコに代わるもの

(2)脱ハンコで得られるメリット/削減できるコストの再確認

(3)実行のときに注意するポイント

(4)代表的なデジタルサービスとその特徴~電子契約など~

(5)第三者目線でみたおすすめのサービス

(6)人事労務における脱ハンコポイント



■共催

税理士法人デジタルフォース、司法書士法人デジタルフォース、
株式会社Donuts(ジョブカン)

【講師紹介】

松岡 勇治
みらいコンサルティンググループ
税理士法人デジタルフォース 社員税理士

地域密着型の個人会計事務所に従事した後、2016年みらいコンサルティングに入社。
個人事業主の確定申告や中小企業の税務申告、年末調整や経理業務効率化から上場企業の税務相談まで、さまざまな業務に従事。地域優良企業の事業承継や組織再編の実行支援も行う。

渡部 克彦
みらいコンサルティンググループ
司法書士法人デジタルフォース

司法書士事務所を経て、2005年司法書士事務所開設。
中堅中小企業の組織再編・企業法務を中心とした業務に従事。
上場企業の再編を含め年間30件前後の組織再編に携わる。
クライアントのデジタルシフトに対応するため2020年9月司法書士法人を設立し、デジタルフォースグループに参画。

【開催日時】
2021年5月20日(木)15:00~16:30
【開催場所】
WEBセミナー(オンライン開催)

参加費:無料
募集定員:100名