noteの投稿82,000件超から外出自粛中の工夫を分析

グルメに関する投稿が最多の13.8%、自粛をきっかけに料理をはじめる人も

メディアプラットフォームnoteで開催しているお題企画、 #おうち時間を工夫で楽しく に投稿された82,000件以上の記事の傾向を分析しました。お題企画は、noteが設定したお題にそった投稿を募集して、クリエイターが創作するきっかけを作り、新しい記事との出会いを生むものです。#おうち時間を工夫で楽しく のハッシュタグをつけて投稿された記事は2021年1月31日時点で82,000件以上。「グルメ」に関する投稿が13.8%でもっとも多く、「健康」6.3%、「家庭」4.3%、「育児」4.1%と続きます。

お題企画 #おうち時間を工夫で楽しく は、外出自粛が求められはじめた2020年3月30日からスタートしました。家で過ごす時間をそれぞれのアイデアや工夫で楽しみ、その知見を社会全体に共有することで、いまを乗り越えられたらという思いから生まれた企画です。現在も投稿を募集しています。

noteはたくさんの想いや体験、知識が集まるプラットフォームです。その特性を活かし、これからもnoteのクリエイターのみなさんと一緒に、ニューノーマルを前向きに創っていきます。

#おうち時間を工夫で楽しく の投稿傾向

外出自粛でやむを得ず増えたおうち時間を、工夫で楽しもう。そんな前向きな気持ちは、さまざまなカテゴリに波及しました。とくに多かったのが「グルメ」に関する記事。1日3食を自宅で用意しなければいけない負担を、工夫して楽しんで乗り越える様子がみえました。

クリエイターからの投稿が数多く寄せられた「グルメ」、「健康」、「家庭」、「育児」の工夫。それぞれのカテゴリごとの傾向を、記事に登場する単語のマップ(※)とともに紹介します。

※自然言語処理技術を用い、記事内の頻出ワードを抽出、マッピングしました。

【グルメ】料理の時間が心をいやす

時間にゆとりが生まれたことで、料理自体を義務ではなく楽しむものとして捉える人が多くみられました。時間や手間をかけて料理をつくったり、これまでは外食で楽しんでいたメニューに挑戦したり。外出自粛をきっかけに料理をはじめた人も。

プロの料理人も積極的にレシピを公開。そのレシピをつくってみたといった投稿もあり、創作の輪が広がりました。

<投稿された記事>

【健康】運動不足を習慣で克服

外出が減ると日常の一部だった軽い運動の機会も減りました。不慣れなリモートワークで肩や腰に負担を感じる人もいたようです。そこで投稿されたのが、新しい日常に運動の習慣を取り入れるための工夫。具体的な筋トレやダイエット方法から、習慣化のコツまで、幅広く寄せられています。

ヨガやマインドフルネスなど、自分と向き合う時間をつくった人も。人に会えない、家にこもりきりなことから、心のケアへの関心も高まりました。

<投稿された記事>

【家庭】過ごしやすくおうちを整える

1日の多くの時間を過ごすことになったおうち。その空間を自分にとって心地のよいものにするべく、お花を飾ったり、模様替えをしたりといった工夫がみられました。これまで負担だった掃除や洗濯が、逆に気分転換になるという声も。

過ごしやすくするために買ってよかったものをオススメする記事もあり、工夫を共有してみんなで乗り越える空気がつくられました。

<投稿された記事>

【育児】在宅育児をみんなで乗り越える

2020年3月から要請された休校・休園。時間を持て余した子どもたちが楽しく学んだり遊んだりできるように、さまざまな工夫が寄せられました。おうち遊びの紹介や、生活にメリハリをつけるためのタイムスケジュール、子どもに積極的に勉強・家事をしてもらう方法などが挙げられます。

これを機にパパとママの役割分担を見直した人も。在宅育児を乗り越えるために役立ったアイテムや、気分転換の方法も共有され、孤独になりがちな在宅育児の親たちをいやしました。

<投稿された記事>

調査対象:
2020年3月30日〜2021年1月31日に「#おうち時間を工夫で楽しく」のハッシュタグつきでnoteへ投稿された記事82,303件。

分析手法:
noteの投稿データを用いた定量・定性分析
対象ハッシュタグ関するデータの収集及びカテゴリ分類
自然言語処理技術を用いた、記事の傾向分析、ピックアップ

note

noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。個人も法人も混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、約870万件の作品が誕生。月間アクティブユーザー数は6,300万(2020年5月時点)に達しています。

iOSアプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/note-noto/id906581110
Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.note

note株式会社

わたしたちは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・noteは、クリエイターのあらゆる創作活動を支援しています。クリエイターが思い思いのコンテンツを発表したり、サークルでファンや仲間と交流したり、ストアでお店やブランドオーナーが商品を販売をしたり、note proを活用して企業や団体が情報発信をしたりしています。コンテンツ配信サイト・cakesも運営しています。

所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階 
設立日:2011年12月8日 代表取締役CEO:加藤貞顕 コーポレートサイト:https://note.jp