【留学生支援キャンペーン】イングリードがコロナで留学を実現できなかった方を支援します

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、留学を完了もしくは渡航できない方を対象に先着で30名様に『留学生支援キャンペーン』を実施

株式会社Morrow World(代表取締役:諸澤 良幸)は、『英語コーチングをすべての人へ』を合言葉に、国内学習で留学並みに英語力の向上が期待できるカリキュラムと、オンライン特化だからこそ効率的に学習し他社と比べ格安の料金で提供できる「イングリード/ENGLEAD」を提供しています。

今回、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で留学を途中帰国した方や、予定していた留学の渡航ができない方を対象に先着で30名様に『留学生支援キャンペーン』を実施します。実質10万円オフとなる入会金無料+初月受講料が半額でオンライン英語コーチングコースの受講が可能です。

ENGLEAD / イングリードとは?

オンライン(E / Electronic)サービスを通じ、英語力(ENGLISH)を効率的に向上させることで、理想的な自分の姿へと導く(LEAD)サポートを提供していきたい。
その想いを込めて「ENGLEAD / イングリード」と名付けました。

オンラインに特化した英語コーチング
〜全てをオンラインで効率よく英語学習するために構築しました〜
イングリードのオンライン英語コーチングは英語学習者の目的・レベル・苦手分野などを専属コーチが分析・把握した上で、一人ひとりに合ったスケジュールから学習進捗までを管理し、インプット学習とオンライン英語レッスンのアウトプット学習をカリキュラムに取り入れオンラインで全て完結できることで効率的な英語習得を支援します。

ENGLEAD Webサイト

留学生や留学希望者が置かれている現状

2020年3月から、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響を受け、留学やワーキングホリデーをしていた人、また留学やワーキングホリデーで渡航予定だった方の緊急帰国や渡航ができない状況が続きました。

現在も、多くの国では留学生の受け入れがされておらず、国によっては2021年初旬もこの余波が続くことが予想されることから、英語圏への留学を予定していた多くの方が英語学習の機会喪失をしている状況です。

なぜ、イングリードが留学希望者を支援するのか?

イングリードを運営する株式会社Morrow Worldは、2015年から4,000人以上の相談実績を誇る留学エージェント事業をはじめ、海外での企業研修や、海外インターンシップ手配、プロスポーツ選手の海外遠征の手配などを行ってきました。

留学というのは英語習得の手段だけでなく、さまざまな国籍・人種・宗教のひとたちの文化に触れることで、価値観を大きく変化させられる特別な経験であることを言うまでもありません。

しかし、多くの留学生やワーキングホリデーの方が、渡航前に必要な英語の基礎を構築できておらず、最初の期待や願望とは裏腹に、思い描いていた留学生活とは全く違ったなど、失敗に終わってしまう人も少なからずいるのも事実です。

この状況をプラスに捉え、留学ができるようになるまでの時間をプロダクティブなものにするために、『留学生支援キャンペーン』を実施します。正しい英語学習方法や学習習慣を身につけ、自走できるようになることを目指します。

Morrow Worldが運営する留学エージェント

『留学生支援キャンペーン』で提供したいものとは?

イングリードの『留学生支援キャンペーン』で提供したいゴールは、下記の3つです。

①日本人に特化したカリキュラムで留学並みの成果を出す

留学する目的は十人十色ですが、その中でも一番多いのは「英語力の向上」であることに間違いはないでしょう。

イングリードでは、第二言語習得論を身につけた専属コーチが一人ひとりの目的や目標に合わせたカリキュラムを作成し、効率的に英語を習得することができます。

推奨する1日3時間の英語学習を正しく実践することで、留学並みの英語力向上を期待することができるので、留学をせずとも英語力を高めるという目的を国内で達成できる可能性があります。

②留学準備としての正しいアプローチで英語学習に取り組む

日本、オーストラリア、フィリピンの3ヶ国に拠点を置き、これまでに4,000人以上の留学相談の実績があるイングリードなら、ワンストップで留学までの道筋をデザインすることができます。

例えば、英語コーチングを2ヶ月受講して基礎を構築、フィリピン留学のマンツーマンレッスンでスピーキング強化して、オーストラリア渡航後には英語環境での仕事で最大限のパフォーマンスができるなど、さまざまな選択肢のなかからマッチする組み合わせを提案できるので、無駄がありません。

また、コーチングサービス終了後も留学相談は随時受け付けており、各国の留学情報をすぐにキャッチアップできるので、留学が解禁になった時には、最速で渡航が可能になります。

③学習習慣を身につけ、サービス終了後も自走できるようにする

実践的な英語力は数ヶ月だけで身につけることはできません。また、英語学習の目的や、英語の弱点などは個人によって異なるので、ゴールの設定やアプローチの仕方は変わります。

しかし、正しい英語学習方法を身につけて、英語学習を習慣化させるには1〜3ヶ月あれば十分です。イングリードの受講生には、最終的にコーチの併走なしで、自走できるようになってもらうことをゴールとすることもできます。

イングリードは、1ヶ月からの申し込みができる月額定額制を採用しているので、受講者にとって必要な期間だけを受講することができます。また、仕事や学業の都合で一時中断・再開などもできるので、フレキシブルにスケジュールを組むことができます。

『留学生支援キャンペーン』

対象者

①留学途中で帰国を余儀なくされた方
②2020年3月以降に留学開始予定だった方
※留学予定の申し込み内容や学校からのオファーレター、途中帰国された航空券などを確認させていただきます

『留学生支援キャンペーン』詳細

提供人数:先着30名
募集期限:2020年11月30日まで
提供内容:オンライン英語コーチングコース 入会金無料+初月半額 (実質10万円オフ)
お申し込み方法:まずは無料カウンセリングにお申し込み頂き『留学生支援キャンペーン』を見たとカウンセラーにお伝えください

無料カウンセリング:https://englead.jp/counseling/

会社概要

≪株式会社Morrow World≫
2015年11月設立。日本、オーストラリア、フィリピンの3拠点に英語学習支援と海外留学斡旋を展開。留学エージェントとして、これまで4,000名以上の留学相談を受け、英語学習者をサポートしてきたノウハウを活かし、2020年6月からオンライン英語コーチング「ENGLEAD / イングリード」のサービスを開始。

ENGLEAD Webサイト: https://englead.jp/
Facebookページ: https://www.facebook.com/ENGLEAD.JP/
Twitterアカウント: https://twitter.com/ENGLEAD_JP

・会社名:株式会社Morrow World
・拠点:日本、オーストラリア、フィリピン
・設立:2015年11月
・代表者:諸澤 良幸
・会社情報: https://tabiken.com/company/
・事業内容:英語コーチング事業 / 海外留学斡旋事業 / 海外情報サイト運営 / 海外スポーツ遠征手配

本サイト:https://englead.jp/column/covid19-campaign/