「外出自粛でコロナ太り!どんな運動で解消する?」エステティック ミス・パリのBeauty Picksにてダイエットに関する記事を公開

世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリのBeauty Picks

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう外出自粛の影響で、コロナ太りを訴える女性は少なくありません。緊急事態宣言は解除されたものの、未だに外出自粛が望ましいとされている状況で、どのように運動でコロナ太りを解消できるのでしょうか?今回は、自粛ムードの中でもできる運動方法をご紹介しますので、体重増加にお悩みの方は参考にしてください。

コロナ太りしてしまった原因

コロナ太りを解消する方法についてご紹介する前に、先に知っておきたいのが太ってしまった原因です。コロナ太りをしてしまった背景には、どんな要因があるのでしょうか。

コロナ太りの原因を探っていこう

緊急事態宣言が出されていた間は、ジムなどの運動できる施設が休業していたというのが、まずはひとつの原因ではないでしょうか。

そのため、これまではジムなどに定期的に通って運動していた人も、それができなくなり、運動量が減った分、太りやすくなってしまったという状況がみられます。

家でのトレーニングを試みてみたものの、なかなか満足のいくトレーニングができなかったというケースもあるでしょう。

コロナ太りをしてしまった原因として、ストレスも挙げられるでしょう。テレワークや外出自粛のために、ずっと家で過ごしていることがストレスになり、間食の量が増えたという人も少なくないようです。

また、テレビやパソコンの画面を見ながら食事をする“ながら食べ”が増えたために、満腹感を感じにくく、つい食べすぎてしまったというケースも。

さらに、外出自粛期間中は、買い物の頻度を減らしたり、なるべく短時間で買い物を行ったりといった具合に、いつものような買い物が難しかったという状況がありました。そのため、バランスの良い食事が取りにくかったということも体重増加につながったと考えられます。

「太った」と感じている人はどのくらいいる?

コロナ太りという言葉をよく耳にするものの、実際に新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で太ったと感じている人は、どれくらいいるのが気になりますよね。

ある企業が、健康管理アプリを利用している会社員2,800人に対して行ったアンケートによる結果を参考にしてみましょう。

そのアンケートによると、5月16日の時点で今年1月よりも体重が増えた人は57%、体脂肪率が増えた人は60%だったのだそうです。

参考:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200602/k10012454461000.html

つまり、半数以上の人が、コロナ太りを実感しているということになります。

このままの生活を続けていくと、どんどんと体重が増加してしまうということにもなりかねませんから、早めに対策を講じるようにしたいものです。

とはいえ、自粛ムードの中で減量のためにできることはないように感じる方もいるのではないでしょうか。

自粛ムードの中でもできる運動習慣とは?

緊急事態宣言は解除されたものの、地域や職種によってはまだまだ安心できない日々が続いています。できればたくさんの人が集まる場所に行かずに、自宅や外で気軽に運動できれば良いですよね。

ここでは、新型コロナウイルスの感染リスクを回避しつつ、コロナ太り解消のためにできることをご紹介していきますので、参考にしてみてください。

コロナ太り解消のためにできること