いい夫婦の日【11月22日】あなたは「生まれ変わってもまた一緒になりたい」ですか?

新刊『生まれ変わりを科学する』には、生まれ変わって前世での妻と一緒になった男性も紹介されています

次の世も一緒に…❣

「来世は一緒になりましょう」どこかで聞いたようなセリフですが、あなたは生まれ変わっても、今隣にいるその最愛の人と一緒になりたいですか?
新刊『生まれ変わりを科学する-過去生記憶から紐解く「死」「輪廻転生」そして人生の真の意味』では、生まれ変わり研究の世界的拠点・米バージニア大学の2,030例のデータを分析をして、選りすぐりの 30の事例を紹介しています!
その中の一例を紹介しましょう。
ビルマ(現ミャンマー)に住むエイ・ジョウは、19歳の時、ラ・ミィンという女性と結婚しました。この時、新婦のラ・ミィンは39歳。しかも、既に二人の夫を亡くしていて、これが三度目の結婚でした。「若い男が、20歳も年上の未亡人と結婚する。」この結婚話を聞いた人たちはみな不審に思いました。しかし、その裏には、魂の絆の強さ・不思議さを感じさせる物語があったのです。
なんと19歳の男性は、20歳年上の未亡人の最初の夫のときの前世の記憶があり、それを頼りに妻のもとにたどり着き、今世でもう一度結婚したのでした。前世において、ビルマは1948年にイギリス連邦から独立したものの、すぐに共産党やその他の武装組織との闘争に直面しました。共産党の武装蜂起は1949年から1951年にかけて席巻しました。男性は警官をしており、闘争にまきこまれたのか、享年18歳に亡くなり、後に結婚して間もない妻が残されました。
1952年5月生まれの男の子エイ・ジョウは3、4歳の頃から前世の記憶を話し出し、周囲の人たちも半信半疑でしたが、亡くなった記憶がある銃弾の痕には細長い大きな母斑があり、その部分だけ毛が生えていませんでした。他にも前世のあまりに詳細な記憶が残っていました。男性の強い情熱により、ついには元妻を探し出すことができ再婚し、子供も二人授かったということです。

大門正幸著『生まれ変わりを科学する-過去生記憶から紐解く「死」「輪廻転生」そして人生の真の意味』

日本の「生まれ変わり」研究の第一人者である著者・大門正幸教授が、30の様々な生まれ変わり事例と生まれ変わり研究で世界をリードするアメリカ・バージニア大学医学部知覚研究所の2,030のデータ分析から、「生まれ変わり」を徹底的に読み解いていきます! 本書は、「今」この瞬間を大事に生きていくための指針となることでしょう!

<まえがきより>
「肉体の死が命の終わりだ」とお考えの方は、一度その眼鏡を外して虚心坦懐に本書で展開される世界を覗きみていただけたら、と思います。既にそのような世界観をお持ちの方にとっても、本書が提供する眼鏡が、これまで以上に細部や全体像を明確にお見せできるのではないか、と思います。それぞれのお立場から、本書をお楽しみいただけましたら幸いです。

目次

まえがき

第一章 過去生記憶を語る日本の子どもたち

イギリスのお母さんに会いたい トモ君の事例
女性としてインドに生まれたのは失敗 アカネちゃんの事例
9・11同時多発テロ犠牲者の一人? ユウ君の事例
ツイッターでの前世のお母さん探し サクタロウ君の事例
戦艦大和に乗艦していた記憶 タケハル君の事例
親が劇的に変わった ナツキちゃんの事例 

第二章「生まれ変わり」とは何か?

多くの人が信じる「生まれ変わり」
「生まれ変わり」の概念の類型
生まれ変わりに「終わり」はあるか

第三章「生まれ変わり」研究はここから始まった

勝五郎の「生まれ変わり」物語
勝五郎、過去生の両親と再会
勝五郎の話に魅せられたイアン・スティーブンソン
スティーブンソンの生まれ変わり現象研究開始
生まれ変わり研究の流れ
スティーブンソンの徹底した調査の様子

第四章 生まれ変わりのサイクルと6種類の記憶

「記憶」を語る子どもの割合・話す時間・話し始める年齢
「胎内記憶」を本当の記憶と考えうる理由

第五章 スティーブンソンが発掘した生まれ変わり事例

過去生の娘との再会 インドのスクラの事例
イスラム教を拒否する子ども インドのナスラディンの事例
過去生の妻との再婚 ミャンマーのエイ・ジョウの事例
過去生の娘への手紙 レバノンのスージーの事例
つながらなかったハナンの電話
「過去生記憶」の哀しみ
過去生の目印で本人を確認 
ミャンマーのチョ・ニン・テトの事例
日本兵としての過去生記憶を持つビルマ人の事例

第六章 強力なアメリカの事例と事例強度尺度

日本軍に撃墜されたんだ! アメリカのジェームズ君の事例
僕はハリウッド映画に出ていたんだ アメリカのライアン君の事例

第七章 過去生の自分探し―大人の事例

残してきた子どもたちが心配 イギリス人のコッケルさんの事例
軍歌の得意な少年 岩下光行氏の事例
アメリカ南北戦争・ゴードン将軍の記憶 ジェフリー・キーン氏の事例
被曝の記憶 日系アメリカ人・トユキさんの事例

第八章 実は身近な過去生記憶

「生まれ」か「育ち」か
前世療法で明らかになったブルースの恐怖症の原因

第九章 心の力・自死・何が生まれ変わるのか

心の力の大きさ
「心の力」で生まれた欠損?
死ぬ時の心の状態の大切さ
自死した記憶を持つ子どもたち―やはり避けた方がよい「自死」
自死後の世界―「反省の闇」に入る
フェニモアの臨死体験―地獄とは心の状態

第十章 物質中心の科学から心(意識)の科学へ

性・人種・国・宗教を超えて世界をつなぐ思想
科学はここまで間違える ワトソンの子育て論
「スポック博士の育児書」の空恐ろしい助言
変わりゆく潮流

あとがき

著者プロフィール 大門正幸(おおかどまさゆき)

1963年、三重県伊勢市生まれ。博士(Doctor Liberalium Artium、アムステルダム大学)。中部大学大学院国際人間学研究科・人間力創成総合教育センター教授、米国バージニア大学医学部客員教授、人体科学会理事、日本医療催眠学会理事、日本スピリチュアル医学協会顧問、元マサチューセッツ工科大学客員研究員。
幼少期、父親が買い与えてくれた本や図鑑に囲まれ、生き物や自然・人体・宇宙の不思議を解明し新たな知をもたらす「科学」に魅了されて育つ。唯物論者であった父親の影響もあり、家庭では魂や霊は「非科学的」であるとして話題に上ることすらなく、中学の頃には自身も「唯物論者」となっていた。長じてからも「輪廻転生」など無いと否定していた。しかし、長女の誕生に立ち会った際の言葉にできない程の感動により「人知を超えた大いなる存在」に気付かされる。さらに、親友の死、次女の語った過去生記憶、自身の調査研究や様々な体験を通して、肉体は消えても魂は存在し自分たちをいつも見守ってくれていることを実感し、そう思えることの大切さを痛感。爾来、専門である言語研究に携わる一方、「意識の死後存続」や「生まれ変わり」現象の研究を通して意識や心の問題の探求を続けてきた。生まれ変わりを科学的に研究する日本の第一人者である。
著書『なぜ人は生まれ、そして死ぬのか』(宝島社)、『スピリチュアリティの研究〜異言の分析を通して』(風媒社、人体科学会湯浅賞奨励賞受賞)、『人は生まれ変われる。』(池川明氏との共著、ポプラ社)、『死んだらどうなるのかな? そうだ、死んだ人に訊いてみよう』(アラレス)、『まま さみしくないですか? 旅立った娘からの手紙』(アラレス)など多数。映画『かみさまとのやくそく〜胎内記憶を語る子どもたち〜』(2016、荻久保則男監督)に出演。人間の意識に関する研究を通して明らかになった魂の世界や人生の意味・価値に関する作詞・作曲も行い、魂に寄り添う音楽活動も行っている。CD『生まれてきてくれてありがとう』、『みんなつながっている』、『応援団』リリース。 ホームページ https://ohkado.net

桜の花出版 株式会社

人としてどう生きるべきかーいつの時代も変わらない人類永遠のテーマです。
桜の花出版は、より良い医療と健康な生き方を提案する『国民のための名医ランキング』、歴史を知るための必読書である『シリーズ日本人の誇り「日本人はとても素敵だった」』『THE NEW KOREA』、『侘び然び幽玄のこころ』『タオと宇宙原理』など長く読み継がれる書籍の刊行を通じて、皆様の人生を豊かにする一助となれるよう願っています。

桜の花出版 株式会社 https://www.sakuranohana.jp/
所在地 :〒194-0021 東京都町田市中町1-12-16
設立 :1998年6月
事業内容 :出版