「第11回 斑尾ぼたんこしょう祭り」 7月31日 長野県中野市にて開催

今年もぼたんこしょうの季節がやってきました。 ぼたんこしょうのシーズン到来を告げるお祭り「ぼたんこしょう祭り」を2年ぶりに開催します。

イベントチラシ
イベントチラシ

斑尾ぼたんこしょう保存会(事務局:長野県中野市永江)では、イベント「第11回 斑尾ぼたんこしょう祭り」を7月31日(日) 長野県中野市 道の駅ふるさと豊田にて開催致します。

「ぼたんこしょう」ってなに?

「ぼたんこしょう」は、北信州の斑尾山の麓、中野市(旧豊田村)永田地区を中心に古くから作られてきた唐辛子の一種で、ピリッと辛くてクセになるおいしさが魅力です。

収穫を迎えたぼたんこしょう
収穫を迎えたぼたんこしょう
ぼたんこしょう園地(中野市永江地区)
ぼたんこしょう園地(中野市永江地区)

開催概要

日時   : 2022年7月31日(日) 午前10時~午後2時
会場   : 道の駅 ふるさと豊田
イベント :午前10時15分~
      料理研究家 横山タカ子さん トークショー
      「身近な食材と郷土食とのマッチングについて」
      ほか お楽しみ抽選会やぼたんこしょう味噌プレゼントなど
販売品目 :ぼたんこしょう青果や加工品 (新商品「ボタスコ」も初販売)
アクセス : 長野県中野市大字永江2136
電話番号 : 0269-38-2277

問い合わせ先

ぼたんこしょう保存会 090-3138-6748(会長 大内)
道の駅ふるさと豊田  0269-38-2277

長野県中野市の概要

人口約42,000人。唱歌「故郷」の作詞者・高野辰之、「シャボン玉」の作曲家・中山晋平が生まれ育った地で、豊かな自然、美しい山々、日本のふるさとの原風景が今も広がっています。リンゴ、キノコ、ブドウとおいしい食べ物いっぱい。自然に囲まれている一方で、市街地にはスーパーやホームセンターなど大規模店舗や病院もたくさん!高速道路のインターチェンジが2つあり、新幹線駅にも近く、首都圏とのアクセスもとても良い「ちょうどいい田舎」です。

日本の原風景が広がる中野は、懐かしい自然を残しつつ、常に時代に先駆けて新しいおいしさに挑戦する農業の先進地として知られています。
日本の原風景が広がる中野は、懐かしい自然を残しつつ、常に時代に先駆けて新しいおいしさに挑戦する農業の先進地として知られています。