動画広告のHow-to記事を配信中!おうち時間を有効に使おう

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、外出を控えてご自宅で過ごされている方や、休日を家でどう過ごそうか悩んでいる方が多いのではないでしょうか。こういう時だからこそ、家にいる時間を有効活用し、未来の自分のためになる新しいことへの挑戦や、スキルアップに向けた勉強をスタートしてみませんか?

その動画広告は本当に有効?ネットで宣伝効果を最大化するヒント

その動画広告は本当に有効?
その動画広告は本当に有効?

YouTubeやTwitterなど、SNSを活用したWebマーケティングが重視される中で、 特に有力視されている手法が動画広告です。SNSによって利用者層も異なるため、狙ったターゲット層に動画広告を届けるにはプラットフォーム選びを慎重に行わなければなりません。今回は動画広告が急増を続ける背景や、動画広告を活用するメリットとその制作方法について解説します。

動画広告の市場規模

ユーザーによるオンライン動画視聴の普及が進み、動画広告についても抵抗感が減り広く受け入れられるようになったことで、動画広告の市場規模は年々急激に拡大しています。 2019年の動画広告市場は昨対比141%の2,592億円に登り2023年には2019年の倍の5,065億円に達する見込みです。

特に2020年のコロナ禍で自宅で過ごす方が増え、OTT(Over The Top:インターネット上の動画コンテンツなどを利用するシステムのこと)やYouTubeなどの視聴時間が急激に伸びているため、市場規模も結果として大幅に上向きに変化することも容易に予想されます。

(続きは以下の記事より閲覧できます)

インターネット・アカデミー公式YouTubeチャンネル

ITスキルを身につけたい、勉強をしてみたい、就職や在宅、副業など希望のキャリアをかなえたい方へ、グラフィックソフトのIllustratorやPhotoshopの操作方法、コーディングやプログラミングについての書き方などを紹介していきます。コロナに負けず、誰よりも「おうち時間」を有効に活用していきましょう!

インターネット・アカデミーについて

インターネット・アカデミーは日本で初めてのWeb専門校として、1995年10月に開校しました。以来、母体がWeb制作会社であるという強みと、トライアングルビジネスモデルに基づいたグループ企業との連携を活かし、即戦力となる人材の育成に取り組んでいます。また、2000年にWeb技術の標準化を行う世界最高位の団体「W3C(World Wide Web Consortium)」のメンバーとして日本の教育機関で初めて認定を受け、世界的な最先端技術の普及活動にも貢献しています。