「40代の顔のたるみは改善できる?セルフケアの方法をご紹介」ミス・パリのBeauty Picksにて美容に関する記事を公開

世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリのBeauty Picks

40代になると、顔のたるみが気になり始める人も多いのではないでしょうか。年齢に関係なく、いつまでも若々しい表情を保つには、普段からのお手入れが重要です。どのようなお手入れをすると効果が期待できるのか、詳しく解説します。

40代の「顔たるみ」の原因は5つ

40代において顔たるみが起こる原因は、主に次の5つが考えられます。ひとつずつ見ていきましょう。

肌の老化

40代を迎えると、女性の体は徐々に変化が起きるようになりますが、そのうちのひとつが「エストロゲン」の減少です。エストロゲンとは、女性ホルモンのひとつであり、肌を美しく保つ働きを持っています。このエストロゲンが減少すると、線維芽細胞という細胞の働きが弱ってしまいます。

線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチンなどの女性ホルモンを作る以外にも、美肌を作る・新しい細胞を増やすなどの働きがあります。そのため、その機能が衰えると、肌の老化が起こってしまうのです。

紫外線の影響

太陽光に含まれる紫外線(UV)も、肌に大きな影響を及ぼします。紫外線の中で最も波長が長い UV-Aは、表皮の奥にある真皮まで届くことが分かっています。

UV-Aを受けることで、コラーゲンやエラスチンが破壊され、ハリや弾力が失われてしまうのです。

むくみ

次にあげる症状や生活習慣などに心当たりがある人は、むくみが顔のたるみの原因となっている可能性が高いため、注意しましょう。

・冷え性
・運動不足
・姿勢が悪い
・アルコールや塩分の摂取量が多い
・ストレスを感じることが多い

むくみの症状が起こるのには、ホルモンの分泌量以外にも内臓機能の低下が原因となっていることもあります。日常生活で注意できるものも多いので、日頃から心がけていきましょう。

肌の乾燥

加齢により、皮膚やセラミドなどの分泌が低下すると、肌が乾燥しやすくなります。さらに、コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸などの肌成分も、乾燥の影響を受けやすいことが分かっています。

肌が乾燥してしまうと、ターンオーバーの機能が衰え、たるみが起こりやすくなるのです。さらに、老化を早めたり紫外線の影響を受けやすくなったりすることもあるため、乾燥には十分気をつけなくてはいけません。

顔周りの筋肉の衰え

顔の筋肉のひとつである表情筋は、加齢とともに機能が衰えていきます。これにより、顔周りの皮膚や脂肪が支えられなくなり、結果として顔がたるんでしまうのです。

顔のたるみを改善する方法

顔のたるみは、適切な対策を行うことで改善が期待できます。次に紹介する方法を試し、たるみを改善してみましょう。