シルバーウィークの親子向けイベント企画・制作に 「SDGsを学べる謎解きゲーム」商業施設などでも実施可能

謎解きを使ったイベント企画制作会社、株式会社ハレガケ(本社:東京都豊島区、代表:黒田洋介)では、弊社サービスの提供においても「SDGs(持続可能な開発目標)」(※)の課題解決を重要な目標と捉え、商業施設や自治体向けに、手軽にSDGsを学べるイベントを実施できるパッケージサービスを提供しています。集客目的だけでなく、様々な世代にSDGs理解を促す取り組みとしてイベントを実施でき、シルバーウィークなどの連休イベント企画としても活用いただけます。

※Sustainable Development Goalsの略称で、2030年までの達成を目指して、豊かで活力のある未来を創るための17のゴールと169のターゲットを定め、2015年に国連で採択された世界規模の取り組み。

社会で注目されるSDGs目標ですが、内容理解は大人でもまだ低い状況です。また、SDGsは長期的な目標であり、子供をはじめ若年層の理解の浸透も重要です。そこで、大人から子どもまで楽しめて、学習にも活用される体験型コンテンツ「謎解きゲーム」を制作する弊社では、ショッピングモールなど「幅広い年齢層が訪れる場所でのイベント制作実績」の強みを活かし、幅広い層にSDGs理解を広げることが出来るイベントパッケージを提供しています。ゴールデンウィークや夏休み、シルバーウィークなど、長期休みや連休の集客イベントなどにもご活用いただけます。

サービス開始の経緯

弊社は、ショッピングモール等の商業施設や自治体向けに、集客効果のある「謎解きゲーム」を実施できる周遊イベント制作サービスを展開しています。”遊び”を通して答えを導く謎解きは、難しそうな物事への学びのハードルを下げる特徴があり、年代関係なく楽しめるコンテンツです。大人をはじめ、未来を担う子どもに楽しくSDGsに触れてもらう場を提供することで、世界をより良くするために「自分に出来ること」を身近に感じてもらい、SDGs目標に対して実際の行動に繋がることを期待しています。

SDGsを学べるイベントの内容

周遊型の謎解きゲームです。手がかりを探索し、謎を解くというレジャー体験を通して、SDGs目標について学ぶことができます。「世界を救うために、自分がヒーローになる」という子どもにも理解しやすいストーリー設定です。また、環境問題などのSDGs課題が、謎の解き方や問題デザインなどに盛り込まれておりゲームを通じて勉強したSDGsの思考が最後の問題を解くカギになっています。

周遊型リアル謎解きゲームとは

自分の「ひらめき」「行動」でストーリーが進む「主人公体験」が人気の体感型ゲームです。次々現れる謎や暗号を解くことでストーリーが展開します。ショッピングモールやテーマパーク、水族館、美術館、街全体など"現実(リアル)"の様々な場所で開催されています。

用語補足

謎解きゲーム

知識を必要とする「クイズ」とは違い、ひらめきを醍醐味とするのが「謎解き」です。問題に沿った言葉やルールを用いて、キーワードの並び替えや言い換え、連想など、自身の発想力を活用します。知識ではなく発想力が肝となるため、年代関係なく一緒に楽しめます。

■導入の流れ

1,弊社ホームページよりお問い合わせください。
2,弊社担当より実施場所や時期などを確認させて頂きます。
3,担当者が実際に現地を確認に参ります。
4,現地確認をもとに、その実施場所に合わせて内容の調整を行います。
(開催のための運営マニュアルも制作致します。)

【メディア対応窓口】
株式会社ハレガケ 広報担当 大岩まで 
メール: oiwa@haregake.com、携帯:050-5364-3342

【サービスに関するお問い合わせ】
サービス担当 鶴見 まで
代表アドレス:info@haregake.com
代表番号 : 03-6912-7596
問合せフォーム https://nazotoki-plus.com/contact/

株式会社ハレガケ

謎解きを使ったイベント企画制作を専門とする会社です。270以上の実績をもち、リアルやオンラインのイベント制作をはじめ、自社商品開発・企業様向けサービスなども展開しています。

事業内容:
イベント企画制作・運営(創業:2013年)
住所:
東京都豊島区高田3-21-2 ユニハイト東京ビル4階

株式会社ハレガケ
株式会社ハレガケ