【累計6,500DL!見やすい資料シリーズ】東京都心エリアオフィスビルの再開発MAP(2021年更新)

東京都心エリアで進む注目の再開発情報をマッピング

株式会社スリースター(住所:東京都港区)はDL数6,000を超える人気コンテンツ「東京都心エリアオフィスビル再開発マップ」を更新しました。

 

まだまだ続く東京の大規模再開発

コロナ禍ではあるものの、東京都心エリアでは大規模な再開発計画が多数進んでいます。オフィスビル供給量の推移をみると、2021年と2022年は低水準ですが、2023年から大量供給が始まります。働き方の変化により、オフィスに求める機能が変わり、必要な面積も変化しています。

当然のことですが、オフィスビルの市場は需要と供給のバランスが大事です。オフィスビルの賃料相場は、空室率に大きく左右されます。どのエリアでどのくらいの供給量があるのか。再開発マップをご覧いただき、今後のオフィス戦略の参考にしていただければ幸いです。

 

2021年、2022年に竣工する注目の再開発は

2021年に竣工・開業予定の大型再開発は、東京駅前の「TOKYO TOHCH 常盤橋タワー」や、西新橋の「日比谷FORT TOWER」、浜松町の「世界貿易センタービル南館」、豊洲の「メブクス豊洲」があげられます。

2022年以降も東京駅八重洲エリアの「東京ミッドタウン八重洲」や、高輪ゲートウェイ、虎ノ門ヒルズエリア、麻布台エリア、渋谷の桜丘町エリアなど、大規模な再開発が目白押しとなっています。

各再開発の新築ビルにつきまして、募集状況や賃料の目安など、お気軽にお問い合わせください。

 

今後の新築ビルについては以下記事もご覧ください

 

運営会社について

社名:株式会社スリースター(https://www.tstar.co.jp/
住所:東京都港区西新橋3-23-6 白川ビル2階
広報担当:福田 勇人
電話:070-6985-4651 
メールアドレス:fukuda@tstar.co.jp 

 

運営サイト

居抜きオフィス専用ポータルサイト「vivit(ビビット)」

 

リノベーションオフィス専用ポータルサイト「Reborn(リボーン)」

 

レンタルオフィス専用ポータルサイト「FLEXPACE(フレックスペース)」


上記のほか、リース家具専門の「Simplee」や敷金が最大0円の格安オフィス専門の「デポトク」など多くのサイトを運営しております。

『自分たちの希望に合ったオフィスをどのサイトから探せばいいか悩んでいる』という方はオフィス全般を取り扱っている「officetar(https://www.officetar.jp/)」よりお気軽にお問合せください。