なぜ、ウイルスは冬に感染拡大するのだろう?|その理由と原因、感染対策方法を紹介|Cutalyst+(カタリスト)

感染予防を充分にし、今年の冬はみんなでコロナウイルスを乗り越えよう。

毎年冬になると「インフルエンザ」や「風邪」が大流行してしまう。

なぜ「冬」なのか?そして、なぜ「感染拡大」してしまうのか?
それには理由はいくつかある。

◆冬にウイルス感染拡大するわけ

①冬の乾燥と低い気温がウイルスが好む環境であり、感染力が強まることがあげられる。
ウイルスが好む環境は16℃以下、湿度は40%以下。
さらに「寒い」という理由で窓を中々開ける事がなくなり部屋の「換気」が足りなくなる。

②免疫力が低下してしまうことだ。食事や睡眠などの体調管理だけでなく、冬の寒さや乾燥していること、寒くなると喉が渇きにくく感じるため水分の摂取が減り、体の水分が不足していることも免疫力の低下に繋がる。さらに、乾燥していると喉や鼻の粘膜が乾燥し、感染に対する防御反応が弱まってしまう。

◆ウイルスの感染経路

大きく3つに分けて下記が「感染原因」と考えられる。

• 飛沫感染(ひまつかんせん)
感染した人の咳やくしゃみのしぶきに含まれるウイルスを吸い込んでしまうことを飛沫感染という。

• 接触感染(せっしょくかんせん)
ウイルスが付着した人の手を触る、ウイルスのついた手で触ったドアノブを触る、など皮膚やモノを介して感染してしまうことだ。

• 経口感染(けいこうかんせん)
ウイルスが付着した食べ物(生や加熱の不十分なカキや生肉など)を食べたりすることで感染してしまうことだ

◆感染を防ぐために

ウイルスの感染拡大を防ぐには、まず、室内や体内の「湿度」を保つようにすることだ。

• 加湿器を使って屋内の湿度を高めること
• 水分をしっかり摂ること
• マスクで喉や鼻の湿った状態を保つこと

咳をするときには口と鼻を押さえ、人から1m以上離れること、その時の手はすぐに洗うこと、これで「飛沫感染」「接触感染」を防ぐこともできるのだ。

冬場は鍋を食べたくなる時期だが、今年はなるべく避ける事もひとつ。

手洗い、うがいこれも「接触感染」を防ぐためにとても大切である。

◆「空間除菌」が実現できる最大の対策方法

弊社はこの「感染」の悩みを大いに軽減させる商品を提供している。

それがCutalyst+(カタリスト)光触媒抗菌・除菌コーティングである。

【Cutalyst+(カタリスト)】
世界初技術である「光触媒×銅×銀」が配合された商品で、従来の光触媒に「銀イオン(Ag+)」と「銅イオン(Cu2+)」が加わり掛け合わされた「ハイブリッド光触媒塗料」である。

弊社のハイブリッド光触媒コーティングを室内や施設内全体、あるいは接触の多い一部「トイレ」や「ドアノブ」など床を含む箇所にコーティングし、通常の加湿器をつけることにより、空気中にただよう「ウイルス」を加湿器の水分がキャッチする。そして水分と共に床に落としてくれる。

そうすると、床にコーティングしたCutalyst+(カタリスト )光触媒抗菌・除菌コーティングが「ウイルス」や「菌」を分解=除菌及び不活性化させてくれるのだ。

これからのインフルエンザやコロナウイルス の感染予防の役割をしてくれる優れた商品である。

室内や施設のコーティング施工の依頼はもちろんのこと、ご自身で簡単にスプレーで施工頂ける商品も販売している。

さらに、下記マスク専用の100mlスプレー(Cutalyst+Mx)も発売を開始。
持ち運びが可能となり、家や会社でよく接触するデスクやドアノブ、携帯にもコーティングできる。

【新商品】カタリストMx 100mlスプレー
【新商品】カタリストMx 100mlスプレー

この冬に向けて、感染予防を考えてみてはいかがだろう。

商品詳細は下記ホームページから。「新商品発売」ページにてご確認いただけます。
Cutalyst+(カタリスト):https://www.2b-better.jp/


Cutalyst+ (カタリスト)|株式会社2Bbetter
問い合わせ:info@2b-better.jp
ホームページ:https://www.2b-better.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/cutalyst.nfe2/

#感染予防 #ウイルス #菌 #ウイルスと菌の違い #銅イオン#カタリスト#Cutalyst #光触媒 #光触媒コーティング #NFE2# コロナ対策 #家庭感染 #防カビ #空気洗浄 #消臭 #除菌サービス #除菌 #抗ウイルス #抗菌