食肉製品市場:動物タイプ別、タイプ別、生産タイプ別、流通チャネル別-2024-2030年の世界予測

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「食肉製品市場:動物タイプ別、タイプ別、生産タイプ別、流通チャネル別-2024-2030年の世界予測」(360iResearch LLP)の販売を2月22日より開始しました。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/ires1415457-meat-products-market-by-animal-type-beef-pork.html

食肉製品市場規模は2023年に446億9,000万米ドルと推計され、2024年には478億4,000万米ドルに達し、CAGR 7.10%で2030年には722億9,000万米ドルに達すると予測されます。

世界の食肉製品市場

主な市場の統計

基準年[2023] 446億9,000万米ドル
予測年[2024] 478億4,000万米ドル
予測年 [2030] 722億9,000万米ドル
CAGR(%) 7.1%

食肉製品は、主に畜産加工に由来する広範な食品カテゴリーを指し、通常、哺乳類、家禽類、魚類、その他の食用動物の食肉処理に由来します。生肉からより高度に加工されたものまで、様々な形態が含まれます。この用語は、ステーキ、チョップ、フィレなどの生鮮、冷凍、冷蔵カット、ハム、ベーコン、ソーセージ、テリーヌ、パテなどの燻製、熟成、その他の保存加工品など、多様な品目を包含します。さらに、食肉製品は、ハンバーガーやミートボールなどの製品を作るために使用できるミンチ肉やひき肉など、あらゆる形態に加工することができます。文化的嗜好、食習慣、経済状況、健康への配慮など、様々な要因が食肉製品の生産と消費に影響を与えています。これらの製品は、タンパク質、ビタミン、ミネラル、鉄分、亜鉛、身体機能に必要な必須アミノ酸の重要な供給源です。食肉製品市場は、嗜好の進化、食生活の動向、環境問題への懸念から、近年著しい成長を遂げています。さらに、消費者の健康意識の高まりと栄養食品の摂取、消費者の味付き食肉製品への傾倒、すぐに食べられる製品の需要増加が食肉製品の採用拡大に寄与しています。しかし、食品の安全性に関する政府の厳しい規制、食肉製品に関連する副作用やアレルゲンなどの課題が市場の成長を妨げています。さらに、食肉製品の生産における技術的進歩や、食肉・食鳥処理拡大のための政府資金の増加は、今後数年間の食肉製品市場の成長に潜在的機会をもたらします。

地域別の洞察

北米の食肉製品市場は、地域や食肉の種類によって多様なトレンドが見られます。食肉製品に対する消費意欲は、消費者基盤の充実と代替タンパク源の出現による消費者の嗜好の変化にもかかわらず、依然として堅調です。南北アメリカの消費者の嗜好はより洗練されつつあり、特定のカット、肉の種類、調理法に対する要求が進化しています。加えて、動物福祉や倫理的な農業慣行に対する意識や関心が高まっており、購買決定に影響を与えています。南米、特にブラジルとアルゼンチンは、牛肉を中心に世界の食肉市場に貢献している重要な国々です。これらの国々は食肉製品の大消費国であり、世界の牛肉輸出国の上位に入ります。市場は高度な農業ビジネスの専門知識と豊富な天然資源に支えられており、大規模生産が可能です。欧州は、地域によって消費パターンや嗜好が異なるため、多様な市場風景を呈しています。西欧ではソーセージや惣菜のような加工肉の需要が高い一方で、東欧ではより新鮮な肉を消費する傾向があります。欧州市場では、より高い動物福祉と持続可能性の基準を保証する認証食肉製品に対する需要が高まる傾向にあります。中東は羊肉と鶏肉の消費量が多いことで知られ、宗教的な食事法が肉の消費パターンに影響を与えています。この地域の食肉製品では、ハラール認証が最も重要です。アフリカの食肉製品市場は比較的小さいですが、地域によって消費パターンが大きく異なり、北アフリカは子羊を好み、サハラ以南のアフリカはヤギや家禽を好むことから、徐々に拡大しています。市場の潜在力は大きいものの、コールドチェーン・インフラの未整備や市場の断片化といった課題が急速な成長を妨げています。アジア太平洋地域は食肉製品市場において急速な成長を遂げていますが、その主な要因は、特に中国とインドにおける所得の増加と食生活の変化です。中国では豚肉の消費量が多いのに対し、インドでは牛肉消費に対する文化的・宗教的制約から鶏肉への傾倒が強いです。さらに、小売チェーンと冷蔵保管施設の拡大が、この地域における食肉製品市場の成長を後押ししています。

FPNVポジショニング・マトリックス

FPNVポジショニングマトリックスは食肉製品市場の評価において極めて重要です。事業戦略や製品満足度に関連する主要指標を調査し、ベンダーの包括的な評価を提供します。この綿密な分析により、ユーザーは各自の要件に沿った十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。評価に基づき、ベンダーは成功の度合いが異なる4つの象限に分類されます:フォアフロント(F)、パスファインダー(P)、ニッチ(N)、バイタル(V)です。

市場シェア分析

市場シェア分析は、食肉製品市場におけるベンダーの現状について、洞察に満ちた詳細な調査を提供する包括的なツールです。全体的な収益、顧客基盤、その他の主要指標についてベンダーの貢献度を綿密に比較・分析することで、企業の業績や市場シェア争いの際に直面する課題について理解を深めることができます。さらに、この分析により、調査対象基準年に観察された累積、断片化の優位性、合併の特徴などの要因を含む、この分野の競合特性に関する貴重な考察が得られます。このような詳細レベルの拡大により、ベンダーはより多くの情報に基づいた意思決定を行い、市場で競争優位に立つための効果的な戦略を考案することができます。

本レポートは、以下の側面に関する貴重な洞察を提供しています

1-市場の浸透度:主要企業が提供する市場に関する包括的な情報を提示しています。

2-市場の開拓度:有利な新興市場を深く掘り下げ、成熟市場セグメントにおける浸透度を分析しています。

3-市場の多様化:新製品の発売、未開拓の地域、最近の開発、投資に関する詳細な情報を提供します。

4-競合の評価と情報:市場シェア、戦略、製品、認証、規制状況、特許状況、主要企業の製造能力などを網羅的に評価します。

5-製品開発およびイノベーション:将来の技術、研究開発活動、画期的な製品開発に関する知的洞察を提供します。

本レポートは、以下のような主要な質問に対応しています

1-食肉製品市場の市場規模および予測は?

2-食肉製品市場の予測期間中に投資を検討すべき製品、セグメント、用途、分野は何か?

3-食肉製品市場における技術動向と規制の枠組みは?

4-食肉製品市場における主要ベンダーの市場シェアは?

5-食肉製品市場への参入に適した形態や戦略的手段は?

無料サンプル

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/form/request/1415457

本件に関するお問い合わせ先

<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp/

会社概要

1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp/
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議:https://www.giievent.jp/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。


AIが記事を作成しています