「カレーライスとラーメン、3日間、食べ続けるとしたら?」

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO 柏木 斉)が運営するIT製品情報サイト『キーマンズネット』( http://www.keyman.or.jp/ )は、ITに関する身近でちょっと気になるテーマについて、投票形式で白黒をつけるコーナー「情シスのスイッチ」を公開しています。
今回は「継続」に関するアンケートを実施。「3日間、食べ続けるとしたら?」、「地震や台風などの被害から、事業継続の観点で、より見直し(検討)が必要だと思ったものは?」の2つをお題にしたアンケート結果を、お届けいたします。

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
http://www.keyman.or.jp/at/network/remote/30004354/

――――――――――――――――――――
■お題1:3日間、食べ続けるとしたら?
――――――――――――――――――――
カレーライス・・・67%
ラーメン・・・・・33%

何らかの理由で3日間同じものを食べ続けなければならなくなったとしたら?の問いに、「カレーライス」が67%、「ラーメン」が33%とダブルスコアでカレーライス派が多い結果になりました。
「どうせ連続ならご飯を食べたい」という、日本人の「コメ文化」を反映しているとともに、「え?カレーって大量に作って連続で食べるのが普通じゃないの?」という自炊カレー派、「とにかくカレーが大好き!」というコメントが多く寄せられました。対する「ラーメン」派は「味が豊富」と反論するも、野菜・栄養不足に陥りそうという不安も見え隠れ。そもそもカレーは作り置きができますが、ラーメンはその都度作るため、コスト・手間の面が考慮されたことも、カレーが支持される理由になっているかもしれませんね。

<コメント(一部抜粋)>
【カレーライス派のコメント】
●今年の震災ではまさに仙台で被災しましたが、電気は5日目に復旧、水道は1週間、ガスは1ヶ月復旧にかかり、特に震災直後の3日間は駄菓子とお茶だけの極貧生活で8kgも痩せました。電気復旧後はお湯を沸かすことができましたが、カップラーメンはさすがに朝昼晩と食べるわけにはいきませんでした。1週間して、災害支援で届いたインスタントながらカレーの美味しいこと、米が食べられたこと、まさに忘れられません。(40代・男性)
●我が家はカレーが作られると3日間続くのがデフォルトなので慣れています。(30代・男性)
●小学生の時、カレーを食べ続けるとインド人みたいに“ほり”の深い顔になれると信じ、毎日毎日食べた経験あり。もちろん願いはかなわなかったが、今思えば飽きずに食べ続けられたことにびっくり・・・。(20代・女性)

【ラーメン派のコメント】
●ラーメンなら醤油味、味噌味、塩味、つけ麺、タンメンなど、いろいろな味を楽しめるから。(30代・女性)
●バリエーションが無限にある。カレーが食べたければカレーラーメンにすればよい。(30代・男性)
●麺類大好きです。3食のうち1食は麺類(ラーメン、そば、うどん、スパゲッティなどなど)食べないと調子がでません。だから毎日食べても苦になりません。(40代・男性)

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
http://www.keyman.or.jp/at/network/remote/30004354/

――――――――――――――――――――
■お題2:地震や台風などの被害から、事業継続の観点で、より見直し(検討)が必要だと思ったものは?
――――――――――――――――――――
遠隔地へのデータバックアップ・・・61%
リモートアクセスの仕組み・・・・・39%

激甚災害が続いていますが、事業継続の観点から見直したいのが「リモートアクセスの仕組み」とする人は39%、「遠隔地へのデータバックアップ」とする人は61%という結果でした。
「リモートアクセス」派には、災害に直面した時に、必要なデータにアクセスできずに歯がゆい思いをした経験があり、「バックアップ」派は、会社運営に必要なデータが失われれば、復興もままならなくなるという不安を抱えているようですが、ここは「バックアップ」が先決という判断でしょうか。災害時に電力や回線が断絶すると、リモートアクセスが不能になるだけでなく、遠隔地のバックアップデータを利用することも不能になることを指摘するコメントは、両派で見られました。

<コメント(一部抜粋)>
【リモートアクセスの仕組み派のコメント】
●遠隔地にデータバックアップしておいても、それらのデータを処理するシステムが潰れてしまっていれば、事業の円滑な継続は厳しい。かといって、代替機を含めてリモートサイトに準備するのは費用面での折り合いがつかない。大地震でコンピュータシステム自体が潰れる最悪の事態を除けば、リモートアクセスが現実的ではないかと思う。(40代・男性)
●自宅待機と言われても仕事は待ってくれないので。(30代・男性)
●社員のPC保有率はほぼ100%だが、社内ネットワークへのアクセス権限を設定できていなかった。サーバ内のデータの置き方から再検討している。(40代・男性)

【遠隔地へのデータバックアップ派のコメント】
●今回の震災で、停電が数日続くと携帯電話ぐらいしか使えなくなり、ほとんどの業務が止まってしまうことを実感した。(40代・男性)
●リモートアクセスができなくても一時的だが、バックアップがないと永久的に復旧できない可能性がある。(40代・男性)
●事業継続の観点から考えると、データ復旧ができることが大前提になると思います。データ(プログラムソースなど含む)がなくなれば、リモートアクセスできたところで意味ないですし。(40代・男性)

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
http://www.keyman.or.jp/at/network/remote/30004354/


<調査概要>
○調査期間:2011年9月29日~2011年10月7日
○有効回答数:695
○調査対象:キーマンズネット会員

――――――――――――――――――――
◆キーマンズネットとは?
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、3000点以上のIT製品情報を掲載した会員制サイト(無料)です。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。


▼「キーマンズネット」はこちらから
http://www.keyman.or.jp/

▼「情シスのスイッチ」記事一覧はこちら
http://www.keyman.or.jp/at/jsys/

▼リクルートについて
http://www.recruit.co.jp/

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit.jp/form/inquiry_press.php
――――――――――――――――――――

キーマンズネット
キーマンズネット