うっかりしがちな靴選びの落とし穴。足のサイズ計測と最適な靴選びのための注意ポイント

アスリートサロン(爪のコンディショニング専門メディア)は、正しい足のサイズの測り方と靴選びの方法を公開しました

スポーツシューズやデザインシューズなど、用途に合わせて幅広いラインナップがある靴。

「とても好きなデザインだから、ワンサイズくらいなら違ってもいいかな」「私は足が細いから、幅が狭い靴でも履けると思う」などの先入観で靴選びをした経験はありませんか?

でも、そんな時ほど「足が痛くなってきた」と、あとあと後悔する人の声が絶えません。

自分の足にぴったりなシューズを見つけるには、自分の足型やサイズをしっかりと知ることが大切です。

今回は、足の3大サイズ(足長、足幅、足囲)の正しい測り方を、スポーツと爪の専門家 アスリートネイルトレーナーが解説します。

特に高負荷がかかるスポーツシューズを、普段履きの靴と同じデザイン感覚で選ぶのは禁物です。数mmのズレがスポーツパフォーマンスに大きく影響します。その他に足や爪のトラブルを引き起こす引き金にもなり得ます。
自分の足のサイズを正しく知り、ぜひ最適な靴選びに活かしてください。

このニュースはこんなことを書いています

・足の3大サイズとは、一体何か?
・自宅でもできる、正しく足のサイズを測る方法
・測った足のサイズから、靴選びで失敗しない注意ポイント

足のサイズを測る準備

足のサイズは一人で測ることができますが、座った状態で足に定規やメジャーを当てようとすると、足に不要な力がかかってしまうことがあり正しく測れません。足のサイズを測る時は、リラックスした自然体で測る必要があります。

準備したい道具

正しい足のサイズを測るには、次の道具を揃えましょう。

・A4サイズの紙 2枚・両足分(足が大きい人は、足が収まる大きさの紙)A4サイズは、29.7cm×21.0cmあります。
・ボールペン
・定規(30cm)
・メジャー

足の3大サイズの測り方

足には、大きく3つのサイズがあります。それが足長、足幅、足囲(ワイズ)です。それぞれ解説します。

足長とは

足長とは、踵の出っ張った部分から一番長い指先までの長さです。足型によって一番長い指が変わるので自分の足の形をしっかり見て測りましょう。

また靴を選ぶ時は、0.5cm刻みで繰り上げて大きいサイズを選びます。例えば、測ったサイズが26.2cmの場合は、26.5cmとなります。

足幅とは

足幅とは、足を真上から見て、一番幅の広いところの横幅の長さです。外反母趾、内反小趾の方は足幅が広くなり、靴との圧迫が強くなるので注意しましょう。

足囲(ワイズ)とは

足囲とは、足の親指と小指の付け根の骨が出っ張った部分を通って、足の甲から足裏と足の厚みの周囲を一周囲った長さです。足囲は、靴を履く時の履き入れ具合に影響します。

足囲は、ワイズとも呼ばれています。シューズショップでよく目にする「E〜EEEE」などのアルファベット表記は靴幅を表していて、これが足囲に対応しています。足囲が大きいほど靴幅も大きくなります。

足のサイズの測り方と、靴選びの落とし穴に注意

それでは、足のサイズの測り方を図入りで解説しましょう。
また、正しく足のサイズが測れても、靴選びにはいくつかの見逃しがちな落とし穴があります。

一体、どんな落とし穴があるのか?

失敗しない靴選びに役立つポイントも併せて紹介します。

誰もがうっかりしがちな失敗ポイントは、これです。

アスリートサロン(Athlete salon)は、トップアスリート界で愛用されている爪のコンディショニング技術をもって、爪の正しいケアやメンテナンスに役立つ情報を届ける爪専門の総合情報メディアです。

「爪で日本スポーツの強くする」がビジョン。世界的に見て日本は爪のケア・メンテナンスの後進国。このアゲインストに立ち向かい、スポーツパフォーマンスと爪の深い関係、爪とスポーツ障害予防の関係を解くことで、日本の競技力向上とスポーツのある豊かな暮らしを実現します。