FXデイトレード・スイングトレード・スキャルピングとは?初心者向け解説

FXや株では売買スタイルによっていくつかの名前が付けられており、自分のライフスタイルに合う取引スタイルを選ぶ事で無理なく利益を狙うことができます。

また業者によってそれぞれが持つ強みや特徴が異なるので、初心者の方は自分の取引スタイルに合うFX会社を選ぶ事が大切です。

ここではFXの取引スタイルの中でも特にメジャーな「デイトレード」「スキャルピング」「スイングトレード」について解説していきます。

1. デイトレードとは

デイトレードとは数分から数時間単位の期間で売買を繰り返す取引手法の事を言い、細かい利益を積み重ねていきます。

売買中は頻繁にチャートをチェックしていることになるので想定外の相場の急変でもすぐに対応が出来るため、利確や損切りなどがしやすくリスクコントロールがしやすいのがデイトレードの強みです。

慣れてきたら複数の取引を同時に行ったり、取引額を増やすことで短時間でも大きな利益を狙うことも可能です。

デイトレードと言うとパソコンで複数のモニターをチェックしながらと言う光景を想像するかもしれませんが、今の多くのデイトレーダーは実はスマホトレーダーです。

スマホの取引ツール機能向上でスマホ一つで十分デイトレードを行うことができます。

夜の10時~深夜2時辺りがデイトレードに最適

デイトレードで大きな利益を狙う場合は相場が活発に動く夜の10時~深夜2時辺りが最適です。

この時間帯は欧州と米国の市場が同時に開くので世界中で為替取引がされるため、相場変動も大きくなりがちです。

変動が大きくなる分リスクも増えますが、常に相場の動きを見ているデイトレードならすぐに対処が可能です。

逆に日本時間の明け方前となるとトレーダーが極端に少なくなり、変動しないのにスプレッドが広がり気味になるのでデイトレードには不向きの時間帯です。

デイトレードについてさらに詳しく解説↓

デイトレードにおすすめのFX会社は?

頻繁に売買を繰り返すデイトレードの場合は何と言ってもスプレッドが狭い事が最重要点です。

特にデイトレでおすすめなのが「FXブロードネット」。

スプレッドが業界最狭水準であることに加え、キャッシュバックも高額なのでコストを気にせずお得にFX取引ができます。

またデモトレードアプリを無料提供しているので、FXが初めての人もいつでも好きな時にゲーム感覚でFXを学ぶことができます。

2. スキャルピングとは

デイトレードよりもさらに短い数秒~1分程度の感覚で売買を繰り返す取引手法をスキャルピングと言い、スキャルピングをする人をスキャルパーと言います。

一見動いていなさそうなときでも細かく変動する為替相場とスキャルピングの相性は抜群で、リスク管理をしつつ細かい利益をしっかりと狙っていくことができます。

ただスキャルピングはその性質上サーバーに大きな負荷を与えるため、多くのFX会社では禁止されています。

そのため行う時はスキャルピングOKのFX会社を選びましょう。

禁止されている所行った場合は口座が凍結され、2度とそのFX会社では口座を開くことが出来なくなります。
(口座が凍結されても口座に入っていたお金は引き出せます)

どうしてスキャルピングを禁止してるの?

多くの人がスキャルピングを行った場合、サーバーに強い負荷がかかります。

またFX取引では「トレーダー ↔ FX会社 ↔ 市場」と間にFX会社が入っています。

トレーダーの注文一個一個を市場に流すのは非効率なのでFX会社内である程度の注文をまとめたり、相殺したりするのですが高速売買の場合そういった作業が間に合わなくなり、FX会社にリスクが発生する可能性があります。

そのため多くのFX会社では禁止をしているのです。

逆にOKの会社はサーバーを非常に強固にして、上手にリスク分散を行っている会社とも言えます。

スキャルピングOKのFX会社は?

スキャルピングOKのFX会社の中で特に人気なのは「FXプライム byGMO」「JFX」「ヒロセ通商」です。

FXプライム byGMO は大手IT会社であるGMOグループが運営しており、万全のサポート力とサーバーの強固さがあり安心です。

またJFXとヒロセ通商は高額キャッシュバックやプレゼントキャンペーンが魅力です。

キャッシュバックは高額になるほど達成条件が厳しくなりがちですが、スキャルピングの場合は短時間で多くの売買を繰り返すため条件達成が容易です。

売買での利益を狙いつつ、キャッシュバックでも利益を狙うことができるのがJFXやヒロセ通商の利点です。

3. スイングトレードとは

デイトレードよりも間隔が長い1日~数週間単位で利益が出るタイミングを待ちながら取引をするスタイルをスイングトレードと言います。

デイトレードに比べて1回の取引間隔がだいぶ長くなるので、1度の取引で大きな利益を狙う方が多いです。

日々の作業と言えばレートを軽くチェックする程度で、1日ほどの時間があればできるので毎日が忙しい方でも無理なくすることができる取引スタイルです。

今の生活リズムを変えることなく副収入を狙いたい方にピッタリです。

スイングトレードの注意点とは

時間をかけず気軽にできるスイングトレードですがいくつか注意点があります。

まずはデイトレに比べて相場を見ていない時間が多くなるので相場の急変に気付かなかったり、対応が遅れる場面が出てきたりする可能性があります。

なのでスイングトレードを行う際は、注文ごとに「指値注文」と「逆指値注文」を必ず行っておきましょう。

指値注文とはレートがあらかじめ指定したところに達した時に利確の為の決済を自動的に行ってくれる注文方法です。

逆指値注文は反対に指定したところまでレートが動いてしまったときに損切りを自動的に行ってくれる注文方法です。

この2つを取引中の注文に入れておくことで見ていない時に利益チャンスや想定外の損失を防ぐことができます。

スイングトレードを行う時はこの2つの注文を必ず入れておくようにしましょう。


もう一つの注意点は土日を跨がないようにすることです。

FXは土日は取引を行うことが出来ません。

時差の関係で正確には土曜日の午前7時前後(米夏時間の時は6時前後)~月曜の午前7時前後が取引できない日時です。

しかしFX取引は出来なくても為替相場自体は週末もわずかながら動いています。

そのため週末に大きな事件やイベントが発生して相場が動いても対処ができません。

スイングトレードを行う際は週末前に一度取引を終了させておくようにすると安心です。

スイングトレードについてさらに詳しくは↓

4. FX初心者の人はどの売買スタイルが良いの?

FX初心者の方におすすめの売買スタイルはずばり「デイトレード」です!

取引中はチャートや情報を自然とチェックすることになるので相場が変動したときにも余裕をもって対応することができ、利益チャンスや損切りタイミングを適切に見極められます。

またその取引スタイル上、ポジション(取引状態)を翌日に持ち越さないので「寝ている間に相場が大変動して大損した!」なんて事態がありません。

また売買を繰り返すのでFX会社が行っている高額キャッシュバックキャンペーンの条件も達成しやすいので売買利益の他にキャッシュバック利益も簡単に狙えます。

知らず知らずにスキャルピングとなってしまうことに注意

デイトレードに集中してると気が付かぬうちに売買間隔が狭くなりスキャルピング状態になっている場合があります。

多くのFX会社ではスキャルは禁止しているのでわざとではないにしろ違反と認定されて口座凍結される危険がありますので売買間隔には気をつけましょう。

もし心配であればスキャルピングOKのFX会社で取引をしておくのも良いです。

ただスキャルOKのFX会社は中級者向けの業者であることも多いので、初心者サポート受けるために入門向けのFX会社の口座も並行して持っておくと安心です。