泣いて肌をきれいにする美容効果体験の涙活イベント実施

頑張る主婦に日ごろのストレスを発散してもらいます。

恋愛映画やドラマを観て思いっきり泣いた後、なんとなく心がスッキリし、明るい気持ちになれたという経験はありませんか。
意識的に泣いてストレス解消する『涙活(るいかつ)』を提唱する、なみだ先生こと感涙療法士の吉田英史氏が、2022年9月25日(主婦休みの日)に東京新宿にある「涙と旅カフェあかね」にて、主婦を対象に、泣いてきれいになってもらうイベントを開催します。

涙を流すことによる美容効果を解説する吉田英史氏
涙を流すことによる美容効果を解説する吉田英史氏

■「主婦休みの日」とは

9月25日は、年中無休で家事や育児に頑張る主婦が、ほっと一息ついて自分磨きやリフレッシュをするための日。また他の家族に家事を提案する日、家族が元気になって日本も元気になる日でもあります。「主婦の元気がニッポンの元気になれば!」と女性のための生活情報紙を発行するサンケイリビング新聞社が中心となり制定。記念日は2009年(平成21年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されました。

■泣く活動「涙活(るいかつ)」について

涙活とは、意識的に涙を流すことで心のデトックスを図る健康法です。人は2~3分だけでも泣くと、自律神経が緊張や興奮を促す交感神経から、脳がリラックスした状態である副交感神経が優位な状態へとスイッチ。脳が癒され、たまったストレスをスッキリと解消することができます。
またメンタル面のみならずフィジカル面でも効果を発揮。泣くことで、免疫力を左右するリンパ球が活性化し、新型コロナウイルスなど病気の原因となるウイルスを撃退してくれます。また、同時に体表面を守る免疫物質IgAの活動もアップ。目や口などから侵入するウイルスをブロックし、感染症にかかるリスクを大きく減らすため、さまざまな病気の予防に役立ちます。

■泣くことの美容効果

ストレスがたまると、身体が疲れるだけでなく、老化の一因でもある活性酸素が肌内部を覆います。そうするとしわやシミ、吹き出物が出やすくなります。
またストレスにより、交感神経が優位に働くと自律神経のバランスが崩れ、肌のターンオーバーの乱れやバリア機能の低下に繋がります。しかし涙を流すことで、副交感神経が優位になり免疫機能が高まった結果、毛穴の中に侵入しようとする外敵(雑菌)をブロックし、ニキビや吹き出物といった肌トラブルを防ぐほか、コラーゲンの生成を阻止する物質を減らす効果に期待できます。

涙活ダイエット

やけ食いを起こすストレスを抑制し、感情に任せ食べてしまうという精神的ストレスも溜まりづらくなる結果、ダイエット効果も望めるでしょう。さらには泣くことで心の混乱や怒り、敵意も軽減することが東邦大学教授の有田秀穂氏の研究で明らかになっています。精神の安定や平常心を高めることから、デジタルハリウッド大学教授の匠英一氏は、ダイエットについて「涙活は、体重コントロールに無理なく取り組める心理状況をつくるのにも役立つ」と評しています。

■イベント概要

イベントでは実際に涙を流して、『涙活』を体験してもらいます。

日時:
2022年9月25日(主婦休みの日)14:30~16:00
場所:
涙と旅カフェ あかね
(東京都新宿区西早稲田2-1-17酒井ビル1F )
内容:
①涙の効用についての講義
なぜ涙を流すとストレス解消になるのかの仕組みを話します。
②涙活を体験
感涙動画を鑑賞してもらったり、詩の朗読、絵本の読み聞かせを使って泣いてもらいます。
③泣き言を吐き出すワークショップ【泣き言セラピー】
主婦業でたまっているストレスを言葉にして吐き出してもらいます。

【参考記事】
・泣くとキレイになれる?!自分から涙を流す“涙活”って?
https://beauty.authors.jp/style/29978

イベントの最後は参加者で輪になって涙活体験の気づきをシェアします
イベントの最後は参加者で輪になって涙活体験の気づきをシェアします

■『涙と旅カフェ あかね』とは

2013年に『涙活』をスタートさせ、日本中の各所でこれまで約5万人近くの人を泣かせてきました。吉田氏はその中で、現代人は泣く場所さえ探していると思うようになったという。「男は泣くな。」、「涙は女の武器」、「泣くことはみっともない」等、日本社会では泣くことがネガティブな文脈で語られます。しかし泣くことが”健康に良いことだ”と医学的に証明されるようになりました。「家族の前で泣けない、会社で泣けない、じゃあどこで泣けばいいのだ」という声をそこかしこで聞きます。そこで、しっかり泣ける場所を作る必要性を感じ、2019年に涙活カフェ「涙と旅カフェ あかね」のプロデュースに至りました。
涙活カフェでは、不定期で、“泣き”をテーマにしたイベントを開催。参加者には映像や音楽、絵本の読み聞かせ等で泣いてもらったり、泣ける作品(泣ける本等)の品評会や泣ける歌の合唱会・朗読会、なぜ人は泣くのかを考える会など各種イベントを実施しています。

▼ 涙と旅カフェ あかね HP : https://www.ruikatsu.net/tearsandtravelcafe

【参考記事】
・気軽に泣けるカフェとは? - “泣きの専門家”がはじめた優しい空間
https://news.mynavi.jp/article/20190327-792105/

【参考映像】
・フィリピンドキュメンタリー番組(→涙活カフェ取材)
https://www.youtube.com/watch?v=gHSXBjwGDHk

「涙と旅カフェあかね」と講師のなみだ先生こと吉田英史氏
「涙と旅カフェあかね」と講師のなみだ先生こと吉田英史氏

<吉田英史氏 講師プロフィール>

1975年生まれ。早稲田大学で心理学、教育学を学び、同大学院で人材マネジメントを研究。高齢者福祉施設、学校勤務を経て、現職に。高校教師時代に相談に来る生徒たちを見ていて、相談中に泣き出す生徒ほど早く立ち直っていくことから、「涙は人をスッキリさせて立ち直らせる効果がある」ことに注目し、2013年から「涙活」をスタート。認定資格「感涙療法士」を、医師、脳生理学者で東邦大学医学部名誉教授の有田秀穂氏と創設。感涙療法士として、学校(生徒・先生・PTA向け)、病院(患者・医師や看護師等の医療関係者向け)、福祉施設(高齢者、障がい者等の利用者向け)、企業、自治体において、涙活セミナー、講演会を実施している。また「涙と旅カフェあかね」という泣けるカフェや「鎌倉涙活ツアー」という泣けるツアーもプロデュース。精力的に「涙活」を使ったサービスも展開中。 通称「なみだ先生」。主な著書に『涙活力 るいかつりょく』(玄文社)。

▼ なみだ先生HP: https://www.tearsteacher.com/
▼ 涙活HP:https://www.ruikatsu.net/
▼ 感涙療法士認定講座HP:https://www.ruikatsu.net/kanruiryohoshi


参考WEB記事:
・鎌倉で「涙活」ワークショップ 泣いてすっきり、ストレス解消 (2022年7月15日 鎌倉経済新聞)
https://kamakura.keizai.biz/headline/487/
・泣いてストレス解消 なみだ先生、吉田英史さんが講演 糸魚川市社協「涙活」講演会(2022年7月18日 上越タイムス)
https://digital.j-times.jp/Contents/20220717/fe982271-39a6-47b9-8b22-555868cd5e2a

『涙活力 るいかつ りょく』玄文社
『涙活力 るいかつ りょく』玄文社