肌の乾燥には「顔筋ひっぺがし」が効果的!小顔効果も

肌の乾燥には「顔筋ひっぺがし」が効果的!小顔効果も
肌の乾燥には「顔筋ひっぺがし」が効果的!小顔効果も

厳しい寒さが続く今年の冬、肌の乾燥に悩まれている方は多いのではないでしょうか。

『マイナス15歳肌をつくる 顔筋ひっぺがしメソッド』(あさ出版)http://www.asa21.com/book/b455175.html の著者である那賀洋子さんは、「顔筋ひっぺがしメソッドは、多くの人が抱えている、あらゆる肌の悩みを解決へと導いてくれます」と話します。

乾燥はもちろん、ニキビ痕、たるみ、くすみ、クマ、むくみなど、多くの肌トラブルに効果がある「顔筋ひっぺがしメソッド」について、ご紹介しましょう。

肌に必要なのは水分のうるおい

乾燥肌で悩んでいる方は非常に多いですが、その原因の多くは洗顔時の「洗いすぎ」にあります。

あなたは、いつもどんな方法で洗顔をしていますか? 改めて振り返ってみてください。
 
一日の終わりにメイクや皮脂汚れを落として肌をリセットすることは大切ですが、メイクをしっかり落とそうと肌に刺激の強いクレンジング料をゴシゴシと塗り込んで顔を洗ったあと、さらに肌に負担をかけるかのように洗顔料をたっぷり使って、またゴシゴシと洗う……。

そんなことが日常化していませんか?

そもそも、ダブル洗顔は、肌に必要なうるおいまでも落としてしまいます。洗顔後に肌がつっぱってしまうのはそのためです。

そのつっぱった肌を保湿しようと化粧水を塗り、さらにそれだけでは足りず、乳液やクリームといった油分を上からたっぷりと塗っている方は多くいらっしゃいます。
油分の入った化粧品を塗ると、肌がうるおったように感じたり、ツヤが出たような気になりますが、実際は油分で肌をコーティングしているだけの状態です。

キレイな肌を手に入れるために必要なのは、肌の内側から輝く、水分に満ちたみずみずしいツヤです。
水分を多く含む肌は、もちもちとした感触で弾力があり、透明感と自然なツヤがあります。

そんな肌をつくるためにスキンケアで大切なのは水分を補給することです。
洗顔後は、化粧水やジェルで、肌にたっぷりと水分を与えてあげましょう。

顔筋ひっぺがしメソッドは自己回復美容法

顔筋ひっぺがしを行えば、肌はより良い状態へと向かっていきます。

顔筋ひっぺがしメソッドとは、硬くなった顔の筋膜をひっぺがす(=引きはがす)ことで、肌本来の働きを取り戻す方法です。

高価なスキンケア用品や美容器具は一切使いません。必要なのは、肌の滑りをよくするジェルとあなたの「手」だけ。難しいことは一切ありません。

顔筋ひっぺがしメソッドは、シミ、シワ、ほうれい線、たるみ、くすみ、乾燥など、多くの人が抱えている、あらゆる肌の悩みを解決へと導いてくれます。
なぜなら、身体が自ら健康になろうとする力を高めてキレイを目指す「自己回復美容法」をベースにしているからです。

多くの肌トラブルは、肌が本来持っているはずの「自ら元気になろうとする力=自己回復力」が低下していることから発生しています。
赤ちゃんや子どもの肌がみずみずしく、ハリがあるのは、肌の自己回復力がしっかり備わっているから。

そのため、乾燥や肌荒れなどの肌トラブルは自己回復力がしっかり備わっていれば、防ぐことができるのです。

長年悩んでいた乾燥肌が改善!

ここで、実際に顔筋ひっぺがしメソッドを実践した方の声をご紹介しましょう。

当時48歳であったある女性は、長年乾燥肌であることが悩みでした。
しかし、顔筋ひっぺがしメソッドを実践したことで、それらの悩みが大きく改善したと言います。

「何をやっても改善されなかった顔のむくみがとれ、小顔になりました。肌質も、長年乾燥肌だったのに、いまでは普通肌に。肌の血行がよくなったのか、ファンデーションの色もワントーン明るいものに変わりました!」

この方の他にも、肌にハリが出た、シミが薄くなった、目がパッチリした、毛穴が目立たなくなったなど、那賀さんのもとには、顔筋ひっぺがしメソッドを実践した方からたくさんの喜びの声が届いています。

みずみずしいツヤ肌が手に入る「頬のひっぺがし」

『マイナス15歳肌をつくる 顔筋ひっぺがしメソッド』(あさ出版)で紹介している4つのひっぺがしの方法から、「頬のひっぺがし」方法をピックアップしてご紹介いたしましょう。

STEP1

STEP1①
STEP1①

①テーブルに右のひじをついて、そのままの状態でこぶしをつくり、人差し指の第二関節を右の口角の下にあてます。身体を前に倒して手に体重をかけ、フェイスラインに向かって第二関節でカナカナの「レ」を書くように、頬をはじいていきます。

STEP1②
STEP1②

②口角の下からスタートし、ジグザクに3往復半、頬全体をまんべんなくほぐします。反対側も同じように行います。

STEP2

STEP2①
STEP2①

①両ひじをテーブルについたら、その状態のまま、両手を口と鼻の横に添えます。手に体重をかけながら、頬全体にアイロンをかけるように、耳まで手を滑らせます。

STEP2②
STEP2②

②手をそのまま耳の後ろまでもっていき、両手でこぶしをつくったら、第二関節と指の付け根の関節の間を耳の後ろにあてます。そのまま、鎖骨へとこぶしを滑らせます。

※注:「顔筋ひっぺがし」を行う際には、オールインワンジェルなどの肌を保護するアイテムが必要です。また、ひっぺがしの前後で準備運動「鎖骨の解放」と整理運動「耳まわし」を行う必要があります。詳しくは本書をご覧ください。

顔筋ひっぺがしで、肌トラブルを解消しよう!

顔筋ひっぺがしを継続して行うことで、肌本来の自己回復力を取り戻すことができます。

乾燥などの肌トラブルを解消し、きめ細かいキレイな肌を手に入れるために、ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール

那賀洋子(なか・ようこ)

著者:那賀洋子 氏
著者:那賀洋子 氏

大分県出身。30代で老化という壁にぶつかり、高級化粧品を使うことで若返ろうとするも、かえってどんどん悪くなる肌をみて化粧品に疑問を持ち始める。
その中で、肌の自己回復力を取り戻す顔筋ひっぺがしメソッドを独自に開発。実践したところ、みるみる肌が生き返り、周囲を驚かせる。
その後、化粧品による経皮吸収を軽減させる必要性と、顔筋ひっぺがしメソッドを多くの方に伝えたいと、大分でサロンを開業。評判は口コミで広がり、2015年にはより多くの方に「真の美と健康」を伝えるために、東京・麻布十番にもサロンをオープンする。
日本テレビ『魔女たちの22時』等に出演。『美ST』(光文社)や『クロワッサン』(マガジンハウス)、『25ans (ヴァンサンカン)』(ハースト婦人画報社)等、様々なメディアに取り上げられる。

書籍情報

表紙
表紙

『マイナス15歳肌をつくる 顔筋(がんきん)ひっぺがしメソッド』
著者:那賀洋子
ページ数:96ページ
価格:1,320円(10%税込)
発行日: 2019年6月9日
ISBN:978-4-86667-145-1
http://www.asa21.com/book/b455175.html

amazon:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4866671459/asapublcoltd-22/
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/15889116/?l-id=search-c-item-text-01

目次

・こんなお悩み、抱えていませんか?
・Before→After 顔筋ひっぺがしで、こんなにも変わりました!
・はじめに
・Chapter1 肌のあらゆる悩みを解決する「顔筋ひっぺがしメソッド」
・Chapter2 自分でできる顔筋ひっぺがしメソッド
・Chapter3 顔筋ひっぺがしの効果をより引き出す秘密のスキンケア
・Chapter4 顔筋ひっぺがしQ&A