より高度で実践的なSDGsを学ぶ場所 第9回SDGsユニバーシティ講演会

6月16日、国連大学よりハイブリット開催

SDGs研究所(コミッショナー⦅代表⦆:志太勤一 シダックス株式会社会長兼社長)は、2022年6月16日(木)、第9回「SDGsユニバーシティ」(笹谷秀光校長)を開催します。
 「SDGsユニバーシティ」は2020年に開校し、計8回の講演会を実施しました。講演会は全て無料。より高度で実践的なSDGsの取り組みなどを広く学んでいただける場として、当研究所会員企業35社をはじめ、学生や一般の方にも多く支持いただいております。
 今回は、PIVOT株式会社 チーフ・グローバルエディター(執行役員)の竹下隆一郎氏をゲスト講師として招き、当研究所の校長を務める笹谷秀光と共に『SDGsと発信』をテーマにお送りします。

過去実施した講演会の様子
過去実施した講演会の様子

■講師
PIVOT株式会社
チーフ・グローバルエディター(執行役員)
竹下 隆一郎
SDGs研究所所長兼SDGsユニバーシティ校長
笹谷 秀光

■プログラム
<キーノートスピーチ>
*第1部:笹谷秀光 「混迷の時代の羅針盤『SDGs』を使いこなす-SDGsでグレートリセットー」
【講演骨子】
次から次と世界を揺るがすことが起こる混迷の時代に入った。この中で企業経営の在り方が改めて問われている。今から振り返ると2015年9月に「奇跡的に」国連加盟193か国すべての合意でできたSDGsについては、日本企業こそ「自分事化」してグレートリセット(大変革)に向けてこれを使いこなす必要がある。先進的企業では自社の事業についてSDGsの17目標だけでなく、その下の169のターゲットに当てはめて活用する「SDGs経営」の段階に突入している。本年度の「SDGsユニバーシティ」の第一弾として、SDGsという「羅針盤」の本格活用と発信について深堀りする。

*第2 部:竹下隆一郎 「SDGs とビジネス発信――『全方位型コミュニケーション』の時代」
【講演骨子】
これからの企業は、SDGsに取り組むだけでなく、そのことについて発信することが求められている。顧客、取引先、株主だけでなく、自社のビジネスと直接関係ないSNSの利用者を意識した「全方位方のコミュニケーション」が必要だ。どうすれば良いのか。失敗しないコツは。そして、なぜSDGsはSNS文化と関連が深いのか。朝日新聞記者、ハフポスト日本版編集長を経て、新しい経済アプリ「PIVOT」を運営する執行役員の竹下氏が徹底的に解説する。

<トークセッション>
笹谷秀光× 竹下隆一郎 SDGs 活動をいかに発信するのか

■開催概要
・日程 : 2022年6月16日(木)
・時間 : 15:00~16:15
・視聴方法 :(会場参加)国際連合大学
(オンライン視聴)SDGs研究所YouTubeチャンネル経由でライブ配信

■ご視聴ご希望の方へ
ご来場・ご視聴をご希望の方は下記URL内の応募フォームからお申込みください。
尚、ご来場をご選択いただいた方ヘは後日事務局から注意事項などをご連絡させて頂きます。
WEB参加の方は自動応答メールの視聴用URLからご覧ください。
※会場参加の方への自動応答メールにも視聴用URLが配布されます。

【応募フォーム】
https://sdgs-institute.com/report/seminar/daikyuukaisdgsyuniba-sitelikouennkai.html
※オンライン配信はどなたでもご参加いただけます。ご興味のある方、ご自由にご覧ください。

 今後もSDGs研究所は「SDGsユニバーシティ」を通じて、SDGsの普及を目指し活動を継続していきます。

SDGsユニバーシティ概要

「持続可能な開発を実現するSDGsを経営に活かす」ための知見を発信します。
「企業コンソーシアムで社会課題解決を」目標にするSDGs研究所がおくる、企業リーダーの皆様など、エグゼクティブ層へ向けた学びのプログラムです。

・主催 : SDGs研究所
・共催 : 国際連合大学
・後援 : 渋谷区
・校長 : 笹谷秀光氏 千葉商科大学基盤教育機構・教授、博士(政策研究)

■SDGs研究所について
2013年5月に、ウェルネスサイエンス研究所として設立、2021年6月、現団体名に改称。多様なジャンルの企業計35社(2022年5月現在)がコンソーシアムを形成し、SDGsの目標達成に向けてさまざまな社会活動を行っているプラットフォーム。
※SDGs研究所WEBサイト(https://sdgs-institute.com/