「青ヒゲをどうにかしたい!ツルツル肌を目指そう」DANDY LABO.にて脱毛に関する記事を公開

男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスからお届けします!

日本初の男性専用エステティックサロン「男のエステ ダンディハウス」が発信している記事ブログDANDY LABO.にて「青髭をどうにかしたい!ツルツルを目指そう」の記事を公開いたしました。
https://www.dandy-house.co.jp/article/hair-removal/5811/

ヒゲをきれいに剃っても、その跡が青く見えると目立ってしまいます。いわゆる「青ヒゲ」です。

どうして毛は黒いのに、青ヒゲになってしまうのでしょうか。
原因や剃り方のコツ、目立たせない方法を紹介します。

青ヒゲになる仕組みと原因

まずは、青ヒゲになる仕組みと原因を理解しておきましょう。

青ヒゲの仕組み

ヒゲを剃ると、毛穴の外に出ている毛は除去されますが、毛穴の中は残ったままです。毛穴の深さは2~3mmほどなので、ヒゲを剃っても結構な量の毛が皮膚の下に存在します。これらを除去するには、毛根から抜かなければいけません。


青ヒゲは、皮膚の下に存在する毛が透けて見えている状態です。毛の色は黒ですから、本来なら黒く見えるはずですが、ヒゲに当たった光が散乱して青く見えます。血の色は赤なのに、静脈が青く見えるのと同じ原理です。


さらに、ヒゲは密集して生えているので、点ではなく連続した色に見えます。肌が白いほど青ヒゲは目立つでしょう。

青ヒゲの原因

青ヒゲは、ヒゲが濃い人ほど目立つ傾向があります。特にヒゲを濃くするのがテストス テロンなどの「男性ホルモン」です。


男性ホルモンは食生活の乱れで多く分泌されやすくなります。ほかにも過剰な筋トレ、性欲、喫煙、ストレス、寝不足なども男性ホルモンを多くする原因です。


もう1つ、ヒゲを濃くする原因にヒゲ剃り時における皮膚への負担があります。ヒゲには肌を保護する役割があり、外部の刺激が強くなるほど丈夫なヒゲを生やして対抗しようとするわけです。青ヒゲで悩んでいる男性は、皮膚に負担がかかるヒゲの剃り方をしているかもしれません。