【無料でダウンロード】誰でも簡単にプログラミング学習が始められる「プログレンジャーのぼうけん-レインボーひめを救い出せ!-」体験版公開中!

プログラぶっくで『世界中の子供たちにプログラミング教育を受けるチャンス』を与えたい!

『世界中の子供たちにプログラミング教育を受けるチャンスを与えたい!』を事業理念に掲げる、株式会社プログラぶっく(本社:東京都港区、代表取締役CTO:飛坐賢一)は、事業理念にに賛同いただきました、株式会社フレーベル館(本社:東京都文京区、代表取締役社長:飯田聡彦、以下フレーベル館)の協力のもと、2社共同制作で、未就学児から小学生まで楽しめるプログラミングコンテンツ(以下、プログラぶっく)の体験版「プログレンジャーのぼうけん-レインボーひめを救い出せ!-」の無料ダウンロードサービスを提供しています
また、本サービスは、東京海上日動火災保険株式会社(以下「東京海上日動」)、株式会社バンダイ(以下「バンダイ」)からも賛同いただいております。

「プログラぶっく」無料体験版ダウンロードはこちらから
https://www.froebel-kan.co.jp/top_info/info14196.html

プログラぶっくのSDGs の取り組み

地域(国や生活環境)や経済(子供の貧困)、性別、そして障害(発達障害など)に影響を受けない、プログラミング教材であり、パッケージされている基礎カリキュラムで、だれもが「プログラミング的思考」を備えることができます

また、さらに高度なプログラミングカリキュラム(プログラぶっくfor Games)で目的を持たせ、将来の礎を築く「子供の未来を創造する」プロダクトです

「プログラぶっく」とは

「プログラぶっく」は、紙製のカード型プログラムを並べて画面の中のキャラクターを操作する、すごろく遊びのようなゲームブック型のプログラミング学習教材です。無料体験版ではこのカードと台紙をPDFで配布、お手元のスマートフォンやタブレットに専用アプリをダウンロードすることで、実際にキャラクターを動かして遊ぶことが可能です。

「プログラぶっく」では、未就学児でも楽しめるシンプルな遊びを通して、プログラミングの基本的な考え方を学ぶことができます。2020年度から必修科目となったプログラミング、保護者の世代では学習経験のある方が少なく、ご家庭での学習支援に不安を感じている方も多いことでしょう。
実際には、小学校で学ぶプログラミングにはパソコンスキルや専門的な知識は必要ありません。プログラミングの本質は「コンピューターに意図した処理を行うよう指示すること」であり、そのための論理的思考力を養うことが、プログラミング学習の中心となります。「プログラぶっく」は、キャラクターを操作するカードを順序よく組み合わせ、目的地までキャラクターを連れて行く、という体験を通してこの論理的思考力が身につきます。保護者の方も簡単にルールを覚えることができ、親子で楽しみながらプログラミングの基本が学べます。

今回、休校措置自体は解除となりましたが、自宅学習に不安を抱える方が多い状況に対し「プログラぶっく」の一部コンテンツを体験版として無料配布することにいたしました。プログラミング学習の予習や親子コミュニケーションに是非お役立てください。

「プログラぶっく」の特徴

「プログラぶっく」は、ご自宅でのプログラミング学習に最適な特徴を備えています。

1)教える側にプログラミングの知識は不要

お子様が能動的に学習することが重要と考えているため、専門家の指導は不要。基本的な操作はプログラミングの知識がなくてもすぐに習得でき、ゲームを通して遊びながらプログラミング的思考力が身につきます。

2)家にあるものですぐスタート!経済的な負担を軽減

本やプリントの課題、プログラミングするカード型プログラム、そして、いまや生活必需品となっているスマートフォン等のスマートデバイスで構成されているため、既存の教材より安価で、プログラミング学習をすぐにスタートできます。

3)年齢・習熟度や興味に合わせて課題を拡張可能

課題の画像などを差し替えてゲームのストーリーを変えることができ、幅広い対象年齢・性別に対応します。また、カード型プログラムの指示条件や形状も変更可能、画面上のキャラクター操作だけでなく、実際のロボットやドローンの操作に転用することもできます。お子様の興味や習熟度に合わせた学習が可能です。
(※体験版では画像の変更・拡張機能はありません)

「プログラぶっく」画面イメージ

操作イメージ
操作イメージ
使い方(1):課題をよく読んで、カード型プログラムを並べます
使い方(1):課題をよく読んで、カード型プログラムを並べます
使い方(2):カードを並べたらアプリで読み込みます
使い方(2):カードを並べたらアプリで読み込みます
使い方(3):キャラクターが動き出し、ゴールに辿り着いたら成功です
使い方(3):キャラクターが動き出し、ゴールに辿り着いたら成功です

「プログラぶっく」体験版概要

タイトル:「プログレンジャーのぼうけん-レインボーひめを救い出せ!-」無料体験版
対象年齢:4歳~小学生向け
利用環境:・iOS12以降を搭載したiPhone/iPad(iOS13推奨)
   ・Android 6以降を搭載したスマートフォン・タブレット
※iPhone/iPad/ Androidの全ての機種の動作の保証をするものではありません
体験版ダウンロード: https://www.froebel-kan.co.jp/top_info/info14196.html

「プログラぶっく」製品版詳細

詳細: https://prograbook.com/index.html
本製品に関するお客様からのお問い合わせ先:aoki@prograbook.com

東京海上日動、バンダイが本サービスに賛同

本サービスの「親子の時間を楽しみながら、プログラミングに親しめる『プログラぶっく』をより多くの家庭に届けたい」という想いに、東京海上日動、バンダイからも賛同いただきました。東京海上日動では、「未来を担う子どもたちへの啓発」にも力を入れており、多くの子どもたちに『プログラぶっく』で楽しく学んでいただけるよう、東京海上日動社内への案内やお客様へのご紹介といったサポートを行います。バンダイでは、同社運営による「遊びと学びのココロ育むファミリーエンタメサイト ワンダースクール」( https://thewonder.it/ )にてご紹介といったサポートを行います。

会社概要

フレーベル館会社概要

「アンパンマン」シリーズや「ウォーリーをさがせ!」シリーズをはじめとした児童書の出版や、保育関連施設向けの遊具・教材・玩具の販売、そして室内あそび施設事業の展開など、子どもたちの健やかな育ちを支え続けるために、子どもに関わる事業を幅広く手がけています。

商号   : 株式会社 フレーベル館
代表者  : 代表取締役社長 飯田 聡彦
所在地  : 〒113-8611 東京都文京区本駒込6丁目14番9号
創業 : 1907年(明治40年)4月21日
設立   : 1920年(大正 9年)11月27日
資本金  : 5,000万円
URL   : https://www.froebel-kan.co.jp

プログラぶっく会社概要

世界中すべての子供に「プログラミング教育」の機会の創出を!~誰もが楽しく学べる本格的プログラミング学習~を開発コンセプトに2016年より開発スタート。安価で、簡単な操作で、誰もが学べる教材でありながら、本格的なプログラミング構造を身につかせる「プログラぶっく」を提供しています。

商号   : 株式会社 プログラぶっく
代表者  : 代表取締役 飛坐 賢一
所在地  : 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号
城山トラストタワー4階
設立   : 2018年12月19日
資本金  : 890万円
URL   : https://prograbook.com/