マーケティングミックスとは?3つの手法(4P・4C・7P)と企業の成功事例を簡単に解説!

マーケティングミックスとは、複数のフレームワークを組み合わせて顧客の理想的な購買行動を設計するマーケティング手法です。

マーケティングミックスは、自社の利益を最大化するためのマーケティング戦略を立てるために有効です。

本記事では、ビジネスにおけるマーケティングミックスの重要性や活用時のポイントを解説します。

マーケティングミックスを活用した企業の成功事例も紹介するので、自社でマーケティングミックスを導入する際の参考にしてください。

マーケティングミックスの意味とは?

マーケティングミックスとは、参入したい市場や自社が置かれた立場を踏まえて、複数のマーケティング手法を組み合わせて活用することです。

自社の商品を効率的に販売するためには、マーケティングに関するあらゆる知識・スキルを身に付ける必要があります。

マーケティングを行う際に1つのツールに頼るのではなく、複数のツールを用いて正しく市場や競合他社を分析することで、自社商品を効果的に販売することができます。

以下で、マーケティングにおけるマーケティングミックスの役割や重要性を確認します。

マーケティングミックスとはマーケティングにおける「実行戦略」

マーケティングミックスはマーケティング戦略全体のなかで、「実行戦略」に位置しています。

マーケティング戦略は、企業が商品の売上を伸ばすために立てるマーケティングにおける戦略のことで、以下の4つのステップで構成されています。

環境分析
STP分析と基本戦略の策定
実行戦略(マーケティングミックス)の策定
施策の実行と評価
マーケティングにおけるそれぞれのステップや、実行戦略(マーケティングミックス)の役割について確認します。

ステップ①:環境分析

環境分析とは、自社のマーケティングの対象となる環境について市場の変化や競合他社・自社の強み・弱みなどを明らかにします。

市場環境を把握・分析することで、自社商品の売上を伸ばすための効果的なマーケティング方法を検討します。

ステップ②: 基本戦略の策定

環境分析の結果をもとに、大きな利益獲得が見込める市場や参入すべき市場を選定する「STP分析」を行います。

「STP分析」では、セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングの3つの要素を分析することで、マーケティングの基本戦略を策定します。

ステップ③: 実行戦略(マーケティングミックス)の策定

「STP分析」により策定された基本戦略をもとに、自社商品の売上を伸ばすための実行戦略を立てます。

実行戦略では、マーケティングミックスを活用することで複数の観点を組み合わせた効果的なマーケティングを実施します。


(続きは以下リンクよりご覧ください。)

会社概要

ククレブ・アドバイザーズ株式会社

設  立 :2019年7月
所 在 地 :〒101-0047
      東京都千代田区内神田一丁目14番8号 KANDA SQUARE GATE 8F
資 本 金 :400,000,350円(資本準備金含む)
事業内容 :AI・IoT を活用した CRE 営業支援ツールの企画・開発・販売、
      CRE アドバイザリー業務、コンパクト CRE 不動産投資・開発業務等
サ イ ト :https://ccreb.jp/

ククレブ総合研究所(レポート内容)に関するお問合せ

ククレブ・マーケティング株式会社
お問合せ窓口
電話番号:03-6272-8642
E-mail  :contact@mktg.ccreb.jp