「ファスティングは意味ない?効果を引き出す正しい方法とは」DANDY LABO.にて男磨きに関する記事を公開!

男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスからお届けします!

ダイエット方法のひとつとして知られているファスティング。ファスティングで痩せたとの声がある一方で、ファスティングをやっても意味ないといった声もあり、やるべきかどうか迷っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ファスティングが意味ないといわれる原因について解説します。また、ファスティングで効果を引き出すための正しいやり方も紹介するので、これからファスティングを実践したいと計画している方は参考にしてみてください。

ファスティングが意味ないといわれる原因について

ファスティングとは断食のことです。つまり、一時的に食事をとらないことをファスティングといいます。もともと宗教的な儀式として行われてきましたが、近年ではダイエット目的で行う人も少なくありません。

ファスティング(断食)と絶食は異なります。絶食は何も食べず水だけで過ごすため、体に必要な栄養を摂取することができません。ファスティングは、固形物は摂らないものの必要や栄養素とエネルギーを発酵ドリンクやスムージーなどで摂取します。

ファスティングをやっている間は摂取カロリーが減少するので、どんどんと痩せていきそうですが、「ファスティングは意味ない」といわれることも多いです。では、なぜそういう声もあるのでしょうか。

リバウンドしてしまう

ファスティング後は栄養の吸収率が上がると言われています。そのため、一時的に体重を落とすことができても、その後に摂ったカロリーが体脂肪へと変換しやすくなってしまいます。また、ファスティング後の血糖値が下がった状態のまま急に暴食をすると、血糖値の乱降下を引き起こし、肥満のリスクが高まります。

このように、短期間のうちに体重を落とせる反面、油断するとリバウンドする可能性が高いため、ファスティングは意味ないといわれてしまうことがあるのです。

1食抜いただけ

ファスティングのやり方が間違っているため思うような効果が出ず、それがファスティングは意味ないといわれる原因となっていることもあります。

例えば、朝は食事の代わりに酵素ドリンクを飲み、昼と夜は普通に食べるといった1食抜く方法は、ファスティングではなく置き換えのダイエット法です。これだとファスティングによる効果は得られません。

食事だけ抜いて栄養の摂取を怠っている

ファスティングをやっている間は、固形物を摂取することはありません。しかし、体に必要な栄養はスムージーや酵素ドリンクなどで摂取することが大事です。

ファスティングに取り組んでいる人の中には、何も食べず水だけを摂取する「絶食」をしてしまう人もいます。絶食をすると栄養不足や血糖値の低下が起こる可能性が高く、体調を崩したり続かなかったりするケースも多いです。結果として、ファスティングは意味ないと感じることがあるでしょう。

ファスティングの効果を引き出す正しいやり方

ファスティングを実践しても、やり方が間違っていると効果が得られません。ファスティングの効果を引き出すためには正しいやり方を学ぶことが大事です。

ここからは、ファスティングの正しいやり方を紹介します。