4月25日は失語症の日!全国から失語症者が発信するオンラインイベント開催

全国約50万人いる「見えない障害」失語症のことを知ってほしい

先日、アメリカの有名俳優が「失語症となり引退」と報道され、話題になった失語症。聞きなれない言葉だと思った人は多いだろう。失語症とは、脳卒中や頭部外傷などの脳損傷による後遺症の一つで、聞く、話す、読む、書く、そして計算することが困難になる障害で、日本国内では約50万人いると推定されている。
失語症の日発起人であるNPO法人Reジョブ大阪代表で、言語聴覚士の西村紀子氏は、「失語症は、身体の麻痺と比べ、見た目で分かりにくいため、様々な誤解をされてきました。そして、失語症に関しては、これまでも誤った報道がされることがありました」という。医療現場でさえ誤解されていることがある失語症について、なんとか大勢の人に知って欲しいと思い、考えついたのが日本人が好きな語呂合わせ。425で「シ・ツ(two)・ゴ」である。ふざけているのかと、苦言を呈されたこともあるそうだが、NPO法人日本失語症協議会など諸団体と、失語症制定委員会を発足し、活動を開始した。
2020年4月には、一般社団法人 日本記念日協会から認定され、親しみやすいロゴとあわせ、今や、多くの失語症者や関連団体に好評である。

失語症の日 ロゴ 楽しく会話している様子を表している
失語症の日 ロゴ 楽しく会話している様子を表している

2020年4月25日に開催予定であった記念イベントは、コロナ禍のため急遽オンラインで開催となった。あの八代亜紀さんもビデオレターで参加、大いに盛り上がった。委員会では「一人でも多くの人が、この障害について知ってもらうことで、失語症の理解と支援がすすみ、その結果、失語症がある人の社会参加がすすむ」と考え、今年もオンラインイベントを開催、資金をクラウドファンディングで募っている。

失語症の日を盛り上げる失語症者の人たち

今年は4月25日「失語症の日」が月曜日のため、前日の4月24日(日)からyoutubeで動画を配信をする。全国各地から、失語症当事者が「社会参加」をテーマに登壇する。

失語症の日 オンラインイベントのチラシ たくさんの失語症者が配布している
失語症の日 オンラインイベントのチラシ たくさんの失語症者が配布している

失語症は長期にわたり改善が見込まれる障害であるにも関わらず、医療や介護保険の事情で、リハビリが数か月で終了となっている人達が、何万人もいるという。発起人の西村氏は、言語リハビリを望んでいる多くの失語者に向けてオンラインで言語リハビリを提供してきた。2022年からは、NPO法人の本拠地大阪を離れ、愛知県名古屋市で就労継続支援A型事業所を運営する㈱イノベーションサービスで「ことばの天使」として事業展開している。その事業所でも、読字障害がある利用者の方が、500枚以上にもなる「失語症の日」チラシ郵送の作業を担っている。同じことばの障害をかかえる人の社会参加を実現する仕組みの一つだ。

失語症の日、活動を陰で支えているのは、失語症の当事者と家族だという。多くの誤解から辛い思いをしてきた人たちが、より良い社会のために、SNSやチラシ配布に携わっている。前述のクラウドファンディングのリターン発送も、西村氏の事業所で行う。「ぜひ、彼らからのリターンを受けとり、24日から始まる動画配信をゆっくり見てほしい」と西村氏。配信は4月24日13時~5月22日24時まで。

問い合わせ先

NPO法人Reジョブ大阪
電話:050-3550-0221
メール:npo.rejobosaka@gmail.com
HP:https://re-job-osaka.org/