反社チェックって何をすればいいの?必要性から対処法まで5分で解説

近年、暴力団対策法や暴力団排除条例、政府による指針などが整備され、反社会的勢力との関わりを持つことは、重大なリスクとして認識されるようになりました。

そのため、反社会的勢力と関わりを持たないように、取引先や顧客と契約する前に、「反社チェック」と呼ばれる対策を講じる企業も増えています。

本コラムでは、反社チェックの具体的な内容とともに、必要性から対処法まで解説していきます。

反社チェックはなぜ必要?

まず、反社チェックの必要性をみていきましょう。

反社チェックとは

反社チェックとは、取引や契約に入る前に、取引先や顧客などが反社会的勢力に当たらないかどうかをチェックすることをいいます。

暴力団をはじめとする反社会的勢力(以下「反社」とします)は、以前は外観上分かりやすい暴力的行為によって利益を得ていました。

ところが暴力団対策法などによって規制が強化されたため、近年は組織の実態を巧妙に隠しながら一般企業に接触するようになっています。

いわば、企業は、反社と知らずに取引を行ってしまうリスクに常時さらされているといっても過言ではありません。

したがってリスク回避のために、反社チェックをして反社と関わり自体を持たないようにすることが大切になります。

反社チェックは企業を守るために必要

反社と取引を行えば、暴力団等の資金源となり、勢力の拡大につながります。暴力団等の勢力が拡大すれば、地域の治安の悪化等につながります。

そのために社会的にみて、企業が反社チェックを行う必要性があります。

また、それだけでなく、企業経営の面でも、反社チェックを行う必要があります。

なぜなら、コンプライアンスを遵守し透明性の高い経営をすることが、企業イメージの向上や利益につながるためです。

もし反社と取引をすれば、従業員や株主などにも多大な被害・損失を与えるため、企業を防衛するためにも反社チェックは必要です。