「<毎日飲みたい!>コーヒーは健康に良い?悪い?」DANDY LABO.にて健康に関する記事を公開

男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスからお届けします!

日本初の男性専用エステティックサロン「男のエステ ダンディハウス」が発信している記事ブログDANDY LABO.にて「コーヒーは健康に良い?悪い?」の記事を公開いたしました。
https://www.dandy-house.co.jp/article/healthcare/5847/?utm_source=newscast&utm_medium=article

コーヒーには、健康に良いという説と健康に良くないという説があります。

毎日のように飲んでいると、どちらが正しいのか気になるところです。
コーヒーにはどのような効果があって、1日にどれくらい飲めば良いのか紹介します。

コーヒーがもたらす健康効果

コーヒーには「カフェイン」や「ポリフェノール」といった有効成分が含まれており、単独あるいは相互作用によって健康効果をもたらします。まずは代表的なものを4つ見ていきましょう。

脳を活性化

コーヒーのカフェインには覚醒作用があり、交感神経を刺激して眠気が覚めるだけでなく、集中力も高めてくれます。仕事前に1杯飲んでおくとはかどるでしょう。


さらに、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸類には、認知機能を向上させて注意力の低下を防ぐ効果があるため、脳が活性化するわけです。実際にコーヒーを継続的に摂取して、アルツハイマー型の認知症にかかるリスクが低下したという事例もあります。

リラクゼーション効果

コーヒーの香りは鼻から入って脳へ届き、前頭葉を刺激します。その効果はコーヒーのブランドによってさまざまです。ブルーマウンテンのようにα波が出現して気分をリラックスさせたり、マンデリンのように情報処理能力を高めてくれたりします。味だけでなく、そのときの気分に合わせてコーヒーのブランドを選んでみるのも良さそうです。

ダイエット

コーヒーのカフェインで交感神経が刺激されると、先ほどのように脳が活性化するだけでなく、血流を促進して脂肪の代謝を高めてくれます。さらにポリフェノールも脂肪の消費量を増やすため、内臓脂肪の減少に役立つでしょう。同時に老廃物の排出も活発になるため、ダイエットするときの飲みものに最適です。


ほかにも、カフェインは運動能力を高め、体内に取り込む酸素の量を増やしてくれますし、がんを抑えたり、死亡リスクが減るという報告もあります。


ダイエットで有酸素運動をする前に飲むと、効果を期待できそうです。ただし、ダイエット目的で飲むときは砂糖やミルクなどを加えず、ブラックで飲みましょう。

胃の働きをよくする

コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」というポリフェノールは、胃酸の分泌を促します。胃酸は消化を助けてくれるので、食後にコーヒーを飲むのがおすすめです。逆に空腹時は胃の粘膜を刺激して荒らす恐れがあるので、飲まないほうが良いでしょう。


どうしても飲みたいときは、ミルクを入れたり、お菓子を添えたりするなどして、コーヒーの刺激を軽減します。

コーヒーは飲みすぎると健康面でデメリットになることも?!