【セクハラの無料相談も開始!】不当な解雇・雇止めの相談も続々と寄せられています!

「みんなのユニオン」は不当失職だけでなくセクハラに関する無料相談も開始しました

「みんなのユニオン」は、全国どこからでも加入できる無料オンライン労働組合です。不当な解雇、雇止め、派遣切り、内定取消に関して無料相談を行なっていますが、このたび、セクハラに関しても無料相談の受付を開始しました。

セクハラの件数は年○○件⁉被害はこんなにあります!

セクハラ(=セクシャルハラスメント)という言葉は、すでに世間に浸透し、誰もが一度は聞いたことがあると思います。

セクハラとは、性的な言動を行い、相手に不利益や不快な思いを与えることです。

「そのくらい知ってるよ」

という声が聞こえてきそうなほど、知っている方も多いと思います。

では、セクハラが年間どのくらい発生しているかご存知ですか?
この問いに即答できる方は、少ないのではないでしょうか。

都道府県の労働局に寄せられた相談件数は、7639件です。(平成30年度)
同年のマタハラ(=マタニティーハラスメント)が2108件なので、セクハラはなんと約3.5倍も多いことが分かります。

セクハラの相談件数は、平成29年が6808件、平成28年が7526件なので、年間7000件前後はあるのです。
しかも、これは相談件数なので、相談せず自身の胸の内に秘めている人も含めると、その数はもっと増えると考えられます。

今年に入ってのセクハラ事件ですと、2020年3月に、女性に人気のアパレルブランドを手掛ける「株式会社ストライプインターナショナル」の社長・石川康晴氏が、複数の女性にセクハラ行為を行っていました。

また、5月には出版社「幻冬舎」の編集者、箕輪厚介氏の女性ライターへのセクハラ事件もありましたね。

この2つの事件は男性から女性へのセクハラでしたが、セクハラは女性から男性、または同性同士でも起こるものなのです。

セクハラで辛い思いをしながらも、誰にも相談できずに悩んでいる方がいる。
会社に言っても解決しないと思い、泣き寝入りしている方がいる。

被害者が口をつぐんでしまう現状を打破し、なんとかお悩み解決に繋げたいと思い、当ユニオンはセクハラに関しても無料相談を開始したのです。

寄せられたセクハラ案件!その衝撃的な内容とは⁉

当ユニオンには、すでに4件のセクハラに関する相談が寄せられています。

被害に遭われたのは全員女性。
以下は相談内容の一部です。
・セクハラの事実を会社が認めているのに、厳重注意という軽い処分しか下されていない
・胸や尻を触られ、性行為を求めるLINEが送られてきた
・会社がきちんと対処してくれず、うつ病になった
・ストレスで過呼吸になり、休む日も増えて業務が正常に行えない
・セクハラを行う人と周りがグルになり、脅しのようなものを受けた

直接的なセクハラ被害に悩むだけでなく、会社の対応や心身の不調にも悩まされていることが分かります。

セクハラには「対価型セクハラ」と「環境型セクハラ」の2種類があります。

対価型セクハラとは、被害者が抵抗や拒否することにより不当に解雇や減給など、不利益を与えることをいいます。立場が上の人から下の人に行なわれるケースが多いです。

環境型セクハラとは、セクハラを受けることにより被害者の働く環境が悪い方に影響することをいいます。労働意欲が低下することや、胸を触られ苦痛に感じることなどを指します。

どちらのほうが良い、悪いということはなく、セクハラ自体が違法なことです。

「上司の性的な発言に苦痛を感じている」
「同僚に無理やりキスされた」

など、セクハラでお悩みの方は、そのお辛い気持ちから解放されるよう、ぜひご相談ください。

雇止めのお悩みが増加中!団体交渉依頼も!

当ユニオンでは、セクハラの他にも不当な解雇、雇止め、派遣切り、内定取消に対し無料相談を受付けています。
また、ご依頼をいただくとその後団体交渉の実施を行なっています。

2020年5月から開始し、現在までに団体交渉のご依頼をいただいた件数は27件です。
<内訳>
・解雇等18件
・退職勧奨6件
・内定取消3件

当ユニオンはすでに整理解雇と内定取消に対し、組合員さんに解決金を獲得していただくという解決実績がございます。

また、現在、「雇止め」の相談が増加し、21件のお悩みが寄せられています。
以下は、相談内容の一部です。
・会社の業務のやり方に説明を求めたら、態度が気に入らない、協調性欠如として雇止めとなった
・見たことも署名をしたこともない契約書を見せられ、定年を理由に雇止めされた。契約書には定年の規定がない
・雇止めをされ、その理由を聞いたところ人間関係が良好でない、能力不足、身だしなみができていないと言われた

同じようなお悩みをお持ちの方、不当解雇で辛い思いをしている方は、まずは労働の専門家が行なう無料相談をしてみませんか?

労働組合に相談されることは、あまりないことだと思います。どのような対応で進んでいくのか不安な方も多いですよね。
ですので、こちらに「みんなのユニオンの団体交渉の流れ」を掲載させていただきました。
セクハラの場合も、同じ対応の流れになります。
ご不安解消のためにも、ぜひご覧ください。

セクハラも不当失職もまとめて受付!お気軽にご相談を!

みんなのユニオンは、
・組合費永年無料
・47都道府県どこからでも加入可能
・加入はオンラインでのご記入だけ(3分程度)
・脱退自由
・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし
という特徴があります。

活動内容は3つです。
①職場環境にお悩みの組合員さんの依頼を受け、ユニオン名義で会社に調査と是正を要求する通知書を無料で送付する
②不当な解雇、雇止め、派遣切り、内定取消、セクハラに関し無料相談を受付け、ご依頼があれば団体交渉を実施
③YouTubeで活動報告やためになる法律解説を配信

不当な整理解雇や内定取消に対し、組合員さんに解決金を獲得してもらい、解決した実績もあります。

ご自身の不遇に、泣き寝入りしてしまう必要はありません。
ぜひ、お悩み解決に向けてお力添えをしたいと思いますので、まずは気軽に当ユニオンまでご連絡ください。

当ユニオンのYouTube配信では、執行委員の1人である岡野が顔を出して活動報告や法律解説を行なっています。

「誰がやっているか分からなくて不安……」

という方は、まずはこちらをご覧いただき、不安を取り除いていただければと思います。

お問い合わせ

【みんなのユニオン】
・組合費永年無料
・47都道府県どこからでも加入可能
・加入はオンラインでのご記入だけ(3分程度)
・脱退自由
・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし

ホームページ:https://uaas.jp/
メールアドレス:info@uaas.jp
電話番号:0120-984-406
(24時間365日受付:※休日夜間は受付専用となります)
担当者:細谷