「口角を上げて若々しい印象に!トレーニングやメイク方法」ミス・パリのBeauty Picksにて美容に関する記事を公開

世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリのBeauty Picks

何だか口角が下がってきた感じがする…。そういう風に感じることはありますか?口角が下がると老けた印象を与えることもあるので、どうにかしたいと悩んでいる方もいることでしょう。

そんな方のために、この記事では口角を上げるためのトレーニング、また口角が上がって見えるメイク方法を紹介します。キュッと上がった口角を手に入れて、今よりももっと若々しい雰囲気を目指しましょう。

口角が下がる原因とは

さまざまな原因で、口角は徐々に下がっていきます。口角が下がる主な原因を紹介しますので、当てはまる点がないか確認してみてください。

筋肉の衰え

口角を上げるためには、筋肉が必要です。口角まわりの筋肉には、口輪筋(こうりんきん)、口角挙筋(こうかくきょきん)、翼突筋(よくとつきん)、広頸筋(こうけいきん)があります。

体の筋肉は加齢にともなって衰えていきますが、口角を支える筋肉も同様です。放っておくと徐々に衰えるため、口周りの筋肉の衰えにともなって次第に口角も下がってくるのです。

姿勢が悪い

姿勢が悪いと、口角下制筋(こうかくかせいきん)という口角を下げる筋肉が下へと引っ張られるため、口角もたるみます。

・猫背
・デスクワークで長時間下向きの姿勢でいる
・スマホをいじっていることが多い

これらの中から当てはまる点があれば、口角が下がっている原因は悪い姿勢にあるのかもしれません。

口呼吸

人は本来、鼻呼吸をするのが自然な状態です。しかし、風邪や花粉症などの影響で鼻呼吸をするのが難しく、口呼吸になる人も増えています。

口呼吸をしているということは、常に口がぽかんと開いた状態にあるということです。口周りの筋肉がゆるみっぱなしになるため、筋肉が衰えて口角が下がりやすくなります。

噛む回数が少ない

噛むときは口周りの筋肉を使います。つまり、食べるときによく噛めば、自然と口周りの筋肉を鍛えることができるのです。しかし、噛む回数が少ないと、筋肉をあまり使わないので筋肉が衰え口角が下がりやすくなります。

近年では柔らかい食べ物が増えたことで、あまり噛む必要がなくなりました。このことも、口角が下がりやすくなっている原因のひとつと考えられます。

口角を上げる方法

筋肉の衰えなどで下がった口角は、トレーニングやマッサージで上げることが可能です。口角を上げるためにできることを紹介します。

筋トレを行う

衰えた口周りの筋肉を鍛えて、上向きの口角を目指しましょう。以下に紹介するのは簡単にできるトレーニングばかりなので、スキマ時間などを使ってやってみてください。


・割り箸トレーニング

割り箸を使った簡単なトレーニングです。意識して口角を上げることで、自然に上がった口角を目指します。

1.割り箸を加えて「い」のような口の形にして、口角を上げる。
2.1の状態を30秒間キープ。
3.1~2を何度か繰り返す。

口角を横に広げるのではなく、上にグイッともち上げるようにするのがコツです。家でテレビを見ているときなどにやってみましょう。


・アヒル口トレーニング

唇をアヒル口にして、口輪筋を鍛えるトレーニングです。

1.両手の人差し指と親指を使って、唇全体をつまむ。
2.口角を内側に引き寄せながら上げて、アヒル口のような形にする。
3. 2の口の形のまま3~5秒間キープする。
4.何度か繰り返す。


・舌を動かすトレーニング

舌を出して動かすと口周りの筋肉を鍛えることができます。

1.舌を出して上に向かって伸ばす。
2. 1の状態を5秒程度キープする。
3.舌を下に向かって伸ばす
4.3の状態を5秒程度キープする。
5. 1~4を3~5セットを目安に繰り返す。

ストレスをためない

ストレスで頭がいっぱいだと、表情も暗くなり、自然と口角が下がってしまいます。口角を上げるためには、ストレスを溜めないことも大事です。

ストレスを発散し、物事をネガティブに考えないで前向きに過ごしましょう。特に、言葉から受ける影響は大きいので、意識してポジティブな言葉を発してみると良いかもしれません。

自然と口角が上がって、笑顔で過ごせるような生活を心掛けてみてください。

マッサージを行う

顔の筋肉がこわばって伸縮性が低下すると、口角が下がったままになってしまいます。マッサージで、筋肉のコリを取り口角の引き上げをサポートしましょう。


・下半顔マッサージ

口周りの筋肉をほぐして、コリを取るのに効果的なマッサージです。

1. 人差し指と親指を使って頬を小さくつまんでいく。
2.手をグーにして人差し指の第2関節を小鼻のわきに当てる。
3.小鼻~耳の手前に向かって第2関節でグリグリとコリをほぐしていく。
4. 人差し指の第2関節を噛み合わせ部分に置き、小さな円を描きながらマッサージする。(10回)
5.口の中で舌を大きくぐるりと回す。(右回り・左回り各5回ずつ)
6.中指を使って口角をプッシュし、そのまま少しずつ位置を下げながらあごまでプッシュしていく。
7. 手を開いてヤッホーの形にし、顔の中心から外側に向かって手を滑らせて老廃物を流す。(5回)
8.耳の前に手を置き、そこから首筋に沿って鎖骨まで手を滑らせ老廃物を流す。鎖骨まできたら、そこをプッシュする。(3回)


・頭筋マッサージ

頭の筋肉をしっかりともみほぐすと、血流が良くなり、フェイスラインも引き上がります。口角アップを目指して、習慣にしてみましょう。

1.両手の指を使って、頭皮をプッシュするようにしてマッサージする。髪の生え際→こめかみ→頭頂部→後頭部の順に気持ち良い強さで行う。
2.手を開いて手のひらの下の部分をこめかみに当てる。目じりが上がるくらいに上に向かって伸ばす。(5~10秒)
3.手をグーにしてグルグルと小さな円を描くようにマッサージする。1と同様に、髪の生え際→こめかみ→頭頂部→後頭部の順にマッサージ。
4.最後に両手の親指と人差し指で耳を挟み、手のひら全体で上にグーッと引き上げる。(5~10秒)


このように、口角を支える筋肉を鍛えるトレーニング、マッサージを習慣にすると、キュッと上がった口角が目指せます。

しかし、トレーニングやマッサージを始めたものの「続かない」「面倒に感じる」という方もいるかもしれません。そんな方は、エステに通うのもひとつの手です。

エステならプロの視点からトレーニングのコツや毎日のケア方法をアドバイスしてもらえるので、なかなかうまくいかないときは相談してみましょう。

口角が上がって見えるメイク方法

メイクを工夫すると、口角が自然と上がっているように見せることができます。簡単にできるメイクテクニックを紹介しますので、お試しください。